烈撃六連機動砲スパイダル

コナミの『魂斗羅』シリーズの敵キャラ。
FC版『スーパー魂斗羅(海外版は『Super C』)』におけるステージ3の中ボスである。
四脚で歩行し、胴体の左右に三連の砲塔を2つ備えている。
脚に当たり判定は無く、伏せていれば安全。
アーケード版にはいないFC版オリジナルの敵だが、四脚の動きはFCとは思えないほど滑らか。



MUGENにおける烈撃六連機動砲スパイダル

Iron Commando the Killer Robot(Iron Commando)氏の製作したものが存在している。
氏のサイトでの紹介名称は、海外名である『Babalu Destructoid Mechanism』となっている。フォルダやファイル名は『babalu』。
(日本での英語表記は『Six-cannon Spider』)
常時ハイパーアーマー状態であり、投げ技やロック系必殺技は効かない。ガードも無い。
左右に備えた六つの砲門から発射する飛び道具と、移動の際の脚に発生する攻撃判定による踏みつけで攻撃する。
AIが搭載されており、攻撃の激しさを3段階に調節できる。
原作ではプレイヤーキャラが上に乗ることができたため、それを再現するためか、上に乗れるかどうかも設定できる。
上に乗ると攻撃が当たらなくなるが、その代わり上から攻撃しても一切ダメージを与えられないため、倒すためにはどうしても下で攻撃する必要がある。
その他、防御力を上げる設定項目もある。
初期状態でもかなりの強さであり、普通のキャラではなかなか勝つのが難しい。AI戦をさせるなら、設定項目を調整して、二対一にしてようやくバランスが取れる。
ただし、タッグ戦では相手のKOボイスがバグることがあるため、動画使用の際などは注意が必要。
相手を画面端に追い込むと相手キャラと重なってしまうことがあり、そうなると砲撃も踏みつけも一切当たらず詰み状態になることがある。
狙って引き起こせる現象ではなさそうだが、もしそうなれば安全に倒せる(小技の連発だけで十分)ため、ランクの低いキャラでも勝てる可能性がある。


出場大会

  • 「[大会] [烈撃六連機動砲スパイダル]」をタグに含むページは1つもありません。



添付ファイル