バーダック


「オレが、このオレが…未来を変えてみせる!!」

鳥山明の漫画『ドラゴンボール』及び関連メディアミックスに登場するキャラクター。
その髪型からもわかるように(ラディッツと)カカロット=孫悟空の父親。
アニメ及びゲームでのCVも悟空と同じ野沢雅子氏。
バーダックとは直訳するとゴボウであり、息子たちと同様に根菜類が由来の名前となっている。
海外では一般的にゴボウは食さない国が多いため「バーダックの名前って何が由来?」と疑問に思う人は国内外で多い。

初出は原作の物語が始まる前の出来事を描いたTVスペシャル『たったひとりの最終決戦』の主人公としてであり、
これを観て感動した鳥山氏が後に原作に輸入しフリーザが悟空の顔を見て思い出すという形で登場させたという異色の経緯を持つ。
ただし、完全版刊行時に発売された公式ガイドブック『ドラゴンボールフォーエバー』では氏はバーダックについて
「いたっけそんなキャラ?」と発言しており、思いっきり忘れてしまっていた様子。鳥山明にはよくある事だけど

孫の孫悟天も同じ髪型であるが、バーダックは左頬に十字傷がある点が決定的に違う。
また、物語の途中で頭に赤い布を巻くが後年の作品では必ずと言っていいほど最初からこれを身につけており、彼のトレードマークとなっている。
ちなみにもともとは仲間のサイヤ人の所持品であり、色も白無地であったが彼が死んだ際にその血で染まっている。

宇宙の帝王フリーザの支配の下、地上げ屋として他の惑星で暴れ回っていたが、
侵略していたカナッサ星にて生き残りのカナッサ人に、カナッサ人特有の予知能力を散り際の攻撃で授けられ、
それからというもの「サイヤ人が滅ぶ未来」「成長した息子の姿」の予知夢を見るようになる。
はじめは「変な夢」とたいして気にも留めなかったが、カナッサ人の攻撃で気を失っている間に仲間たちが赴いたミート星にて
変わり果てた4人の姿を目にし、辛うじて意識が残っていたトーマの言葉からフリーザがサイヤ人を滅ぼす未来が本当に起こりうるものだと確信。
トーマの死を看取り(遺品のバンダナはこの時に巻いている)、仇討ちとばかりに兵士たちをなぎ倒していくバーダックだったが主犯のドドリアには敵わず重症を負う。

傷ついた身体をおしながらも他のサイヤ人達に真実を伝えるが、皆フリーザに心酔していたため誰も信じなかった。
サイヤ人、惑星ベジータ、自分自身、そして息子カカロットの運命を変えようとするべくたった一人で最終決戦に挑むが
最後の力を振り絞った一撃も跳ね返されて、惑星ベジータの爆発に巻き込まれる(フリーザいわく「綺麗な花火」)。
その際に、成長したカカロット=孫悟空がフリーザと対峙する未来を見て静かに微笑み、息子にすべてを託しながら惑星ベジータとともに消えて行った。

息子であるカカロットが生まれた事を知った際は、その息子の戦闘力があまりにも低く将来が望み薄と分かるや「クソガキ」「クズ」と吐き捨てた他、
前述の通り星の地上げ屋として殺戮を楽しんでいる等良くも悪くも典型的なサイヤ人的思考のキャラであるが、
基本的に負けたり死にかけた仲間は捨ておけな考えが一般的な中、命を賭してフリーザ一味に反逆する程慕ってくれる仲間達がいたこと、
そして仲間の遺品をバンダナとして大事に所持する等サイヤ人らしくない「友情」という概念を持ち大切にしていた。
またサイヤ人としてはエリートでもない下級の身で、その戦闘力は若い頃は大したものではなかったらしいが、
経験を積みめきめきと強くなっていったとされる叩き上げの戦士である(まあそのせいでフリーザに警戒されるようになったわけだが)。
この辺りも人気の一つか。
また、劇中でフリーザ軍兵士との戦闘中に流れる挿入歌「ソリッドステート・スカウター」も非常に人気の高い名曲である。

本人が登場しない作品でも存在について語られることがあり、映画『ドラゴンボールZ 燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦』では伝説の超サイヤ人を追って新惑星ベジータに来た悟空と対峙したパラガスが「バーダックのせがれだな?」と発している。
しかし二人に親交があったのか、そもそも面識があるのかといった詳しい関係は不明(作中では息子たちの育児カプセルが隣同士だったので、そこで知り合ったのかもしれない)。
また、映画『ドラゴンボールZ とびっきりの最強対最強』では物語自体には全く関わらないが、冒頭がバーダックがフリーザに挑む場面となっている。

主人公である悟空の実の父という立ち位置ゆえか、上記の原作に登場させたエピソードの他、
特に近年においてはゲーム内でのプレイアブルキャラクター化も多く、作品によっては悟空はもちろん髪型の似てる悟天が相手の場合「カカロットなのか!?」と驚く演出が入ることもある。

他にも、もしもバーダックが生きていてラディッツの代わりに地球に来ていたらというIFストーリーでは、息子のふがいなさに呆れたかと思えば自分に孫が出来ていた事に驚き、そのまま永住するというまさかの展開。
それから数か月後、様子を見に来たもう一人の息子にも「おめえも、早く孫の顔を見せやがれ」とはっぱをかけるこの始末。

2011年には再びスピンオフ作品『エピソードオブバーダック』の主人公となり、その中で超サイヤ人に変身するなどかなり優遇されている。
(あくまでifストーリーという位置づけではあるが)
+ 『エピソードオブバーダック』あらすじ

また、『銀河パトロール ジャコ』の単行本に収録された鳥山氏の書き下ろし漫画『DRAGONBALL- 放たれた運命の子供』にも登場。
鳥山氏は先述のTVSPに対して「いい意味で違うドラゴンボールを観ているようであり、自分だったらこうは描かない」と語っており、
そのためか『たったひとりの最終決戦』とはだいぶ違う物語になっている。
また、バーダックの服装も戦闘ジャケットに肩当てがついているなど(いわゆる新タイプ)若干異なる。
人格面としてはTVSP版同様に仲間思いだが、こちらは血族への接し方などにより人間味が増している。
その他、この作品にて彼の妻にしてカカロットの母である女性の名前が「ギネ」と判明した。はい、ネギです。茎菜類。
鳥山氏によればギネはサイヤ人でも珍しい穏やかな性格のようで、バーダックとはチームを組んで戦闘を行っていた際に助けられたことで絆が生まれ、
バーダックも彼女に影響されて(彼いわく「甘ったるい病気が移った」)丸くなっていったらしい。


MUGENにおけるバーダック


海外産のものが複数存在が、
この項目では国内のHeal the world氏とSHELD氏のバーダックについて主に述べる。

+ Heal the world氏製作

+ SHELD氏製作

出場大会






添付ファイル