海軍


海軍とは海洋を活動領域とする軍隊の呼称であるが、
本項目では週刊少年ジャンプに連載されている漫画『ONE PIECE』に登場する組織について解説する。

作中の世界をまとめる国際組織「世界政府」直属の海上治安維持組織であり、
海賊が跋扈している作品世界において、「絶対的正義」の名のもとに、海賊の暴挙から民衆を守ることを使命としている。
裁判所が存在するなど司法の立場も兼ねていたり、政府加盟国の王族すら場合によっては強制的に逮捕できる可能性が示唆されるなど、その権限は非常に大きい。
悪魔の実の能力者や巨人族などの強力な戦力のほかに、多数の戦艦やサイボーグ化した人間兵器「パシフィスタ」などを備え、
王下七武海」、「四皇」と並んで「偉大なる航路(グランドライン)」に君臨する三大勢力の一角として数えられている。

階級は元帥から雑用まで18段階あり、トップは『元帥』の肩書を持つ。
組織構成としては、「偉大なる航路」を管轄する海軍本部と、その他の海域を管轄する海軍支部に分けられ、支部に所属する海兵の階級は、本部より3ランクほど下がる。
戦闘外の部署には、前述したパシフィスタなどの兵器製造等に関わる「海軍科学班」、賞金首にも悟られることなく手配書用の写真を撮る「海軍写真部」などがある。
昇格の基準は実力第一であり、名のある海賊の捕縛など手柄のある者は新人でも比較的短期間で昇格できる。
一方で、所属している兵士は組織の方針には原則として絶対服従でなければならず、
相当な実力者であったはずのスモーカーは、大佐というかなりの地位がありながら独断行動が過ぎたため何度もクビになりかけ、
初登場時点では、平均懸賞金額が低い『東の海(イーストブルー)』に配置されるなど、左遷に近い扱いを受けていた。
大将クラスの実力を持っていたガープはある程度許容されていたが、孫も同然であったポートガス・D・エースの処刑はさすがに止められなかった。
当然ながら海賊との馴れ合いは厳禁であり、海軍第153支部の海軍は恩人のルフィが海賊と分かるや否や、町から出ていくように訓告している。
(もっとも、他の支部にルフィの存在を報告しなかったり、去り際に敬礼したりと、彼らなりの義理は果たしているが)

本来は民衆を守る正義の組織ではあるが、巨大組織であるがゆえに、
モーガンのように統治する町に圧政を敷く者、ネズミのように海賊と内通してから多額の税金を要求するものなど、腐敗している部分も少なからず存在する。
逆に、「正義」を盲信するあまり、海賊を滅するためなら部下や民間人の被害も意に介さない過激な兵士も存在する。
また、政府直属の組織だけあって、政府に不都合なものを隠すため非情な行いをする時もあり、劇中では何度か黒い部分を見せている。
アラバスタ編ではサー・クロコダイルの世界政府加盟国を転覆させかねなかった事件を、政府の体面を保つために、阻止したのは海軍の功績として情報操作させられたり、
政府の上位にいる「世界貴族」御用達の人身売買ショップを「職業安定所」と称して事実上黙認するなど、
彼らの上にいる政府から、大部分の海兵が掲げているであろう「正義」とはかけ離れた行為を要求される場面が度々描かれ、「自由」の象徴である海賊の対比的な存在として書かれている。
スモーカー、クザン、イッショウなど、上層部にも政府に不信感を抱く海兵は多く存在し、元大将のゼファーに至っては政府に反旗を翻している。

海賊であるルフィとは、立場的に絶対に相いれない存在であり、幾度となく対峙している。
ある程度ルフィに好意的なコビーとヘルメッポも、海に出れば敵であると公言している(ルフィも同じく戦いの場では容赦する気はない)。
一方で、パンクハザード編のように共通の敵が登場すれば利害の一致から共闘することもあるが、麦わらの一味はともかく海軍からは快く思われない。


MUGENにおける海軍

海外の制作者であるWenchu氏が立ち上げたプロジェクトで制作されたミニゲーム形式のキャラが公開中。
ファイル名は「Marine Rumble」になっている。
次々と出現する8種類の海兵を倒していき、1人倒すごとにライフが減っていき、0になると勝利できる。
各海兵のHPは平均で50~100程度だが、肉弾戦を仕掛けてくるマッチョの海兵だけHP200あるので注意。
2ラウンド目で残りライフが少なくなると将校モモンガが出てくる。

また、たしぎや赤犬など海外の製作者を中心にmugen入りしてる海軍関係者は多いが、AIがないため動画で見る機会は少ない。

出場大会

  • 「[大会] [海軍]」をタグに含むページは1つもありません。



添付ファイル