風間飛鳥


ナムコ(現バンダイナムコゲームス)より発売された3D格闘ゲーム「鉄拳」シリーズに登場
シリーズには「5」から登場している。

プロフィール・キャラクター設定

国籍-日本
格闘スタイル-風間流古武術

『鉄拳3』以降の主人公、「風間仁」の従妹。ちゃきちゃきの大阪っ子。
『2』における「風間準」の後継キャラ。
タッグトーナメント除き、2作品ぶりとなる風間流古武術使いである(3の仁は三島流喧嘩空手ベースなので、風間流古武術由来の技は多くない)。
風間流古武術は父親から叩き込まれており、その腕っぷしと困っている人を見過ごせない性格が相まって、地元大阪では「お節介な喧嘩仲裁屋」として有名だった。
なお、前述のように仁とは血縁関係にあるが、両者とも面識はなく『鉄拳5』時点まで存在は知らなかった模様。

『5』では父に道場破りのように勝負を挑んで病院送りにした中国人格闘家「馮威(フェン・ウェイ)」を追って、レイ・ウーロンの情報を頼りに大会に参加。
あいにく第五回大会でフェンに出会うことは叶わなかったが、『6』では従兄であることを知った仁が三島財閥を操って何やらよからぬことを企んでいることを知り、「仁をしばく」ために参加する。

キャラクター性能は暴れに適した容易なコマンドの技を多数擁する初心者向けキャラ。
浮かせ、崩し、当身、連続技と『鉄拳』における主要な要素は概ね揃っており、立ち回りの基本を覚えるにはもってこい。
反面、主力として頼っていける技が少なく、状況に応じて様々な技を使い分けなければいけないため、中~上級者となると操作難易度はかなり高くなってくるという意外な癖の強さもある。

そしてなんといっても鉄拳キャラ屈指の 巨乳 。服装も毎回何種類も用意されており、非常に優遇されている。

MUGENにおける風間飛鳥

chochoryu氏により、CVS風ドットとSNK風ドットの2種類のキャラが製作されている。
元が3Dゲームなのでもちろん手書き。SNK風ドットの方はmsmalik681氏がドット絵を担当しているようだ。
飛び道具を持っておらず全体的なリーチも短い。
どちらもベータ版であり動きも固いが、基本的な動作や技はある程度そろっている。
両方のキャラに簡易的なデフォルトAIが搭載されている。技数はCVS風ドットの方が多いが、SNK風ドットの方がAIは強い。
今後の更新に期待。

出場大会

  • 「[大会] [風間飛鳥]」をタグに含むページは1つもありません。


添付ファイル