ジョインジョイントキィ

「ケンシロウ、暴力はいいぞ!!」

+締裂帝 ~繁栄と衰退~

古代中国の国家「地若(ちにゃ)」の君主である「徒岐(とき)」が
風破(ふうは)、拙尅侯(せっかつこう)、官長(かんちょう)ら有能な武将を従え、
中国全土を平定したときに名乗った皇帝としての名。

「最早瞬間移動」「空を舞っている」等と評される稀代の名馬「凪(なぎ)」を己の手足の如く操り、
圧倒的な軍事力と両掌からの殺人光線といった妖術を用いて「震(しん)」や「剣支楼(けんしろう)」ら
諸侯を次々と打ち滅ぼしていく姿は圧巻であり、彼が掲げる軍旗に刻まれていた
「如隠如隠徒岐(じょいんじょいんとき)」という文字を見ただけで全面降伏した君主も多いと言われている。
このように「圧倒的な力の前に歯が立たず、素手を揚げて国を解体する様」は
「素手解(すてげ)」という格言として今日にも残されている。

世紀末後の二千六年、中国全土を平定した徒岐軍に対し「童帝(どうてい)」と呼ばれ
恐れられた暴君「裂迂坐(さうざ)」が日本より宣戦布告。
裂迂坐の体に隠された秘密と、一度攻め込まれたら防ぎ切れない恐怖の戦術「終鬼責(おきぜめ)」によって
徒岐軍は大いに苦しめられる。だが徒岐の放った妖術「湾不令宛魅(わんふれあてみ)」によって
終鬼責を完全に封じられた裂迂坐はついに全軍撤退を余儀なくされる。
この戦いは俗に「罪芸(つみげい)」と呼ばれ、
現在の中国でも「無理なものは無理」という意味の諺として親しまれている。

その後も徒岐の実の兄にあたる猛将「羅王(らおう)」、
幾度となく近隣諸国の侵攻を受けながらこれらをことごとく破った「覇亜都(はあと)」、
殺人光線に唯一対抗出来るとされる奥義を使う「癒惰(ゆだ)」らが時に戦いを挑むが、
ある者は拙尅侯に吹き飛ばされ、ある者は官長らに包囲され一人残らずその命を散らしていった。

こうして徒岐は、中国全土を統一し「苦祖解(くそげ)」を打ち立て、自身は「締裂帝」を名乗った。
苦祖解の体制において徒岐は「暴力是好事(訳:暴力はいいぞ)」を掲げ、弱者への苛烈な弾圧を行った。
当時を示す資料には、「帝は汚らわしいからといって何もできない一般人の「蛇義(じゃぎ)」という男を殺したが、
本人は命は投げ捨てるものだと涼しげな顔をしていた」という記録が残っている。
しかし中国統一に数年をかけた徒岐は老い始めて力を失いつつあり、反乱を抑えるだけで精一杯になり始めていた。
「領地を惨めに餓えさせる蛇」という意味で「領惨餓蛇(りょうさんがた)」と呼ばれ始めたのもこの頃である。

そしてついに苦祖解が始まって以来の反乱「罵愚下(ばぐげ)の乱」が起きる。
これを率いたのが、神々の寵愛を受けて生まれたとされる武将「零(れい)」と、その恋人真未耶(まみや)である。
生まれつき類稀な才能を持っていた零は、研究家として知られる反体制家「府令爺(ぷれいや)」に出会い、
後に禁断の武具として知られる究極の矛「撃星嚇舞(げきせいかくぶ)」を授けられており、
さらに角沃迅(かくよくじん)、醒忌蒙破(せいきもうは)などの有能な武将たちを従えていた。
しかし、数々の武将を容易に葬ってきた撃星嚇舞でさえ徒岐の秘術「位汎停(くらいはんてい)」には敵わず、
零は角沃迅、醒忌蒙破と共に殺人光線で処刑されてしまった。
しかし、零の鎮圧に力を消耗していた徒岐は、府令爺により解明された真未耶の禁術「刃棲氣(ばすけ)」を受け、
天高く舞い上がった後、地面に叩きつけられ死亡。
その亡骸は「有把羅場(うわらば)」の谷へ投げ捨てられた。

こうして苦祖解は崩壊したが、後に「華美夏(かみげ)」によって統一されるまで中国全土は荒れることとなった。

民明書房刊『199X年目の真実 ~銀の聖者は網葉だった~(上)』より

1.

アーケード版『北斗の拳』における、トキを選択しての乱入を指す。
そして同時にトキの代名詞でもある。

『北斗』のキャラクター選択のカーソル音が「ジョイン」であり、トキが選択されたときのボイスが「トキィ!」である。
そして、トキは乱入時の初期カーソル(ケンシロウ)の位置から2回で選択できる。
つまり、乱入されたあとのキャラクター選択画面で、トキが現れるまでを擬音にすると
「ジョイン」→「ジョイン」→「トキィ」となるわけである。
ちなみにカーソルを逆に2回動かすとハート様になる。1P側のハート様は仕様の違いで無双の確率は低いが。


そして北斗の拳の性質上乱入者のステージで戦う為耳に焼き付くトラウマBGM。普通にいい曲なのに…。
ちなみにこの曲は後半が非常にカッコいいのだが、対戦でそこまで聞ける事は稀。理由は言うまでもない。

原作漫画では紳士的で、不治の病に冒されながらも必死で戦いぬいたトキであったが、
AC「北斗の拳」においては最凶キャラとして理不尽なまでの強さを持つ。
半人前の技ではこの俺は倒せんぞ。病気?何それ?
(なお、その理不尽さの詳しい説明はトキ各ゲームのキャラの強さ/北斗の拳の頁を参照されたし)

彼が出ている動画には「ジョインジョイントキィ」のコメントが並ぶ。
それは選択された時点で既に捨てゲーしなくてはならないという絶望感を表現する言葉である。


| さてジャギ様で遊ぶかー
\_  __________
   ∨    _______
        /     / . |   ゙i
  ∧_∧ /     /.  |    ゙i
  ( ´∀`)    /.  |    ゙i
  |    つ__/    |     ゙i_
┏(_  ヽ ──┐  |.        │┓
┗┳┛  ノ    │  |.      │┛
  ┴  ~└──┴─┴────┘

        _______
        /     / . |   ゙i  <ジョインジョイントキィ
  ∧_∧ /     /.  |    ゙i∧_∧
.  ( ゚д゚ )    /  .|    ゙i・∀・ )
  |    つ__/    |     ゙i_⊂  |
┏(_  ヽ ──┐  |.        │__)
┗┳┛  ノ    │  |.      │┛
  ┴  ~└──┴─┴────┘
+全盛期のトキ伝説
全盛期のトキ伝説
  • 1コンボ5割は当たり前、1コンボ10割も
  • トキにとっての自己強化は瞬間移動のしそこない
  • 戦闘開始直後からナギッを頻発
  • 実力2番手のレイ相手に舐めプレイするもパーフェクト
  • 開幕通常投げからの即死が特技
  • グッと溜めバニしただけで8割くらい減った
  • 体力1ドット死兆星点灯、残り時間3カウントからブッパッコー→あぐらで楽々逆転
  • 画面反対側のワンバウンドも余裕でダンジンしてた
  • 自分の壁コンを自分でブーストナギッして6Dで運送
  • 毎試合スマイルビームなんてザラ、2ラウンドともテーレッテーすることも
  • 対戦時間よりキャラ選択とデモを見ている時間の方が長かった
  • トキステージのBGMを対戦相手のトラウマにさせた
  • 連勝を止めようとしたケンシロウを、その遺志を受け継いだハート様サウザーシンともどもFATAL K.O.
  • トキを選ぶだけで対戦相手が涙目で席を立った、リアルファイトを起こす相手も
  • あまりに勝ちすぎるから原作人格者でもヒール扱い
  • 起き攻めをブッパッコーしただけで相手が壁に飛んでいく
  • 無敵の盾を装備されるも圧倒的有利、最強の矛を装備されるも対等
  • 観客と対戦相手のヤジを流暢な北斗無想流舞で無視しながら背面カンチョー
  • の非情の剛拳使う方が有情なのは有名
  • トキは必ず勝つ、負けたならそれはアミバが扮した偽者
  • 199X年世界10大事件 第一位「トキの被爆」
  • トキ使いは、いつも店先の筐体で初々しくプレイしている少年をフルボッコにしてあげたことがある

なお上記に書かれているネタの内、半分くらいは事実残りのほとんどはありうる話である。

またこの言葉の起源から分かるように、他にも「ジョインジョインジョインジョインジョインレェイ」、
はたまた「ジョインジョインジョインジャギィ」などの派生語もある。
まあ前者は割とマジにヤバイからで、後者は半分ネタなんだけどな!
時折「ジョインジョインジョイン…ジョイン…トキィ」
などというフェイントもあるので注意が必要だ。
この他にも様々な選択音ネタがあるので、まずは『北斗』をプレイして確認してみよう。
何、怖がる必要はない。命は投げ捨てるもの」。
屈強な北斗プレイヤーも皆最初はモヒカンに狩られる種籾じいさんなのだ。

ちなみに最近の『北斗』界隈、つまり大会などを行っているゲーセンでは
トキだろうと何だろうと平気で立ち向かっていくので捨てゲーという概念すらない。
『北斗の拳』は全キャラが永久即死技を持っているのでワンチャンスで逆転できる可能性は大いにある。
そもそも、いくらキャラ性能が高かろうが最後にものを言うのはプレイヤー性能であるということを忘れてはならない。
実際、北斗の大会動画では熟練者の操るジャギマミヤといった弱キャラがトキを容赦なく屠る姿を拝むことができる。
また、相手のミス狙いであれ1%の勝率があれば立ち向かうのが北斗の戦いである。
よって、今の大会動画とかではあまり目立たない言葉となっている。


2.

アルカナハート』に登場するキャラクター、朱鷺宮神依のこと。
トキほどではないが強キャラ、かつ名前に「トキ」が入っており、
トキと同じく初期カーソル位置から2回で選択できるため、彼女もまた「ジョインジョイントキィ」と呼ばれることに。
(たまにアルカナの選択音を使って「ポインポイントキィ」とも)

実際『アルカナハート』では、お手軽最強キャラとして猛威を振るっていた。
改良版の『FULL』では強さは調整され、それなりに弱体化。以後『2』『すごカナ2』『3』いずれとも中堅というところに落ち着いている。
にもかかわらず相変わらずトキィと呼ばれているのが不憫でならない。
ちなみに『すごカナ2』まではキャラ紹介では3番目を維持していた。

mugenにおいてはドロウィン氏の神依がいたが、AIが弱くも強くもないといった程度だったので、そういう方面ではあまり話題になっていなかった。
が、2ch改造スレにおいて平成㌢氏による優秀なAIが作成され、
『アルカナハート』の優秀なシステムと相まって最高レベルの11では鬼神のごとき強さを発揮し、各地で暴れだす。
アルカナ特有の長い受身不能時間を利用した強烈コンボで相手に何もさせずに完勝する姿はまさにトキィ。
最近はIna氏によっても製作・公開され、こちらも強いAIがデフォで搭載されており様々な動画で活躍している。


「試作版」ゆえにLv11ではバグが多数確認できる。
そのためLv10以下での使用が望ましい。


派生語「ジョインジョイン」

たまに「ジョインジョイン」という言葉を「まるでトキのような長いコンボ」の意味合いで
動画内で壁コンが始まった時などに「ジョインジョインハジマタwww」などという表現をすることがある。
おそらく、ジョインジョイントキィの由来を知らないニコニコMUGENファンの勘違いから始まったものと思われる。
もちろん、本家アーケード『北斗』の界隈では明らかな誤用であり、このような用法では使われない。
ニコニコMUGEN界隈においては、「ニコMUGEN独特の文化として定着した」と思うものと
「やっぱり誤用、違和感を覚える」と思うもの、それぞれが居る模様。

また、そのゲーム原作のカーソル選択音や位置とは無関係に、1コンボで10割持っていったり、チーム戦で無双をしたりした、
「圧倒的な動き(強さ)を見せつけたキャラ」に対する敬称として名前の頭に付け
「ジョインジョイン○○。(名前)」と呼ぶ用法もある。(例:ジョインジョインリーゼロッテェ
特にジョインジョイントリィなんかは音も近く1Pなら2回で選べる位置
(そりゃ音は違うが……文字で表したら「ゴキンゴキンクェェーッ」といった感じか)、
そして何より原作性能で狂キャラという共通点があるので、最もしっくりくるだろう。
いずれにせよトキは格闘ゲームの歴史に名を残した存在であるといえよう。

他にニコニコ動画全体的には他のアニメ・ゲーム・漫画キャラと北斗の拳を絡めたネタ的な意味で
「ジョインジョイン○○(名前)」というタグが付けられていたりする(この辺はタグ検索で調べるのもいいだろう)。