五右衛門

㈱金子製作所(現在は㈱カネコ)発売の トンデモ 格闘ゲーム『富士山バスター』のキャラクター。
天下の大泥棒、石川五右衛門を元ネタにしているとおぼしき造形の人物。
コナミの『がんばれゴエモン』シリーズの主人公ゴエモンや、『ルパン三世』の仲間の石川五ェ門らと共通の元ネタを持つ。
一般的には色物キャラと言っていい風貌のはずだが、きちんとしたまともな五右衛門なので
変人だらけの『富士山バスター』の中では逆に正常に見えるという癒やし系イロモノ

4体いるボスキャラクターの4体目でラスボス。続編の『大江戸ファイト』ではプレイヤーキャラになった。
イントロで煙管を持っているものの、煙管で攻撃したりはしない。もちろん小判を投げたり斬鉄剣で斬り掛かったりもしない。
普通に素手で戦う格闘家であり、それまでの天狗といった妖怪たちや、薙刀で斬り掛かってくる弁慶と比べるとまともな勝負に見える。


MUGENにおける五右衛門

Joey Faust氏が製作。
五右衛門単体ではなく、氏が製作しているコンプゲーのキャラとして公開されている。
その為、入手するにはキャラパックごとDLする必要がある。
レトロゲームらしく単発の火力が高く、連続技は少ない。
「全ての必殺技中段技」「投げを決めた時にボタン連打で成否が決まる」という原作の妙なシステムは無く、普通になっている。
原作にはゲージ消費技は存在しないが、上方向にアッパーを連発する昇龍裂破のような技と、
連続で攻撃を繰り出す乱舞技が作られている。
威力はかなりのもので、1ゲージの乱舞技が440ダメージ、乱舞から裂破で拾えば2ゲージで約700ダメージ持って行く。

飛び道具バーンナックル(というかサンダーナックル)風の突進技、竜巻旋風脚風の突進技を持つ。
このうち竜巻旋風脚の突進速度と隙の無さが異様なことになっており、竜巻→しゃがみ中P→竜巻……で永久コンボが可能。
タイミングは難しいが、威力も高いので3ループもできれば即死、2ループでほとんど勝っている。
まるで『餓狼伝説3』のクラックハメである。

また、飛び道具「唐獅子烈火弾」の硬直が非常に少なく(総フレーム数23、13Fで飛び道具発生、隙10F)
画面内に何発でも出せるため、『スト2レインボー』のガイルソニックブームのごとく連射が可能。

AIはデフォルトで搭載済み。
動きは簡易的なもので、上記の恐ろしい仕様を押しつけてきたりはしない。

ペパーミント氏によるAIが公開されている。
10段階にAIレベルを設定できるほか、演出などの不具合を直す修正パッチも兼ねている。
レベル10では超反応、永久コンボを使用、唐獅子烈火弾を自重しなくなる。
(それ以下のレベルでも、距離によっては唐獅子烈火弾だけで永久ガード→削り殺しになることも……)

出場大会