佐倉慈

「もう…めぐねえじゃなくて佐倉先生でしょ?」

私立巡ヶ丘学院高等学校国語教諭。学園生活部顧問。
生徒たちからは「めぐねえ」と呼ばれているが、本人は「『佐倉先生』と呼びなさい」と指導している。

茶色の瞳で紫色のウェーブヘアーを白いリボンで後ろに纏めている。
濃紫色のロングワンピースを着ており、銀色の髪留め、腕時計をつけていて首からは十字架をさげている。
いつも優しく笑顔を絶やさず、ときに厳しく生徒達を叱る生徒想いのいい先生。愛車は赤いミニクーパーS。
よく間違われるが「めぐねぇ」ではなく「めぐねえ」である。こんな所も不憫な人。
アニメ版の担当声優は茅野愛衣氏。

上記の事から生徒には慕われており、特に主人公である由紀からは特になつかれている。
恵飛須沢胡桃からも恋愛相談を唯一できる人物と言われているほど。
+『がっこうぐらし!』という作品&慈について(ネタバレちゅうい!)
まんがタイムきららフォワード』(芳文社)にて連載されており、2015年10月時点で単行本は6巻まで発行されている。
詳細な原作設定などについては恵飛須沢胡桃の項も参照のこと。
ゾンビパンデミックが起きた日は母からのメールで危険を察知し、唯一補習を受けていた由紀を引き止めたところ、
腹を空かせた由紀が園芸部にプチトマトを食べに屋上へ行こうとする(もちろん慈はこれを止めたが見学という形で園芸部に)。
そこで園芸部だった悠里と合流した後、由紀は園芸部の手伝いをすることに。
その間に慈は母に連絡を取るが繋がらなくて困惑しているところ、別の先生が慈に危険を伝えた。
なお、屋上のドアを開けてはいけないとその時に言われていたが胡桃の声が聞こえたため、
一時的にドアを開け、胡桃と怪我した胡桃の先輩と合流。と、学校内ではこうして4人しか生存者がいなかった。
一人数がおかしいって?そりゃゾンビもので怪我をしたら殺すしかないよね。
……というのがアニメ版の流れである。原作版ではもっとざっくりしており、胡桃が先輩を殺した部分のみしか描写されていない。

前もってこのゾンビパンデミックが起こる原因を示唆されている保管物があったが、詳細は知らされていなかったがため、
屋上から出たしばらく後に緊急マニュアルを取りに行くも生徒には告げられずに安全地帯を確保できたら話すつもりであった。
ちなみにこれは原作版の話で、アニメでは緊急マニュアルが入った箱の鍵だった。

+だが、慈を襲った悲劇
そんな中、安全地帯を作っている間、不審な物音をしたため様子を見に行くといった慈は沢山のゾンビに襲われ、腕を負傷。
自ら生徒をかばい、由紀、胡桃、悠里をゾンビから引き離すことに成功する。
以降、作中には幼児退行を起こした由紀の妄想としての慈と、変わり果てた本物の慈が登場する。

由紀の見る世界にはゾンビが存在せず、慈どころか他の生徒も存命。
紛うことなき現実逃避の産物だが、ゾンビと遭遇しかけた時に由紀の口をふさいで音をたてないように指示するなど、
妄想の慈が状況に対応していることもある。
このため、この慈は由紀が無意識に保っている現実の認識であり一種の二重人格とみることもできる。
由紀本人も、なにかしらの口実をつけて食料の調達を提案したり、イベントを企画して胡桃と悠里の意識を一旦ゾンビのことから遠ざけたり、
デパートで直樹美紀を見つけたりと一応役には立ってはいる。

ゾンビ慈は後に胡桃を引っかき、傷を負わせたために一時的にゾンビにしかける張本人となってしまった。
これのおかげで悠里が発狂し、胡桃を殺そうとしたことがある。
(この時は慈が意識を完全に失う前に用意したワクチンを美紀が見つけ、刺す直前に持ってきたため事無きことを得た)

とはいえ、基本的に生徒を考える性格だったため、ゾンビになったあと、
食欲に負けそうになった時に由紀の呼びかけによって我に返り、自ら最後の力を振り絞り地下に移動。
その後に上述のワクチンを見つけ出したあと完全ゾンビ化。
アニメではゾンビになったあとでもわずかに意識があるようで、胡桃を(アニメ版では)噛んだ後日誌に必死に何か書いていたようである。
……その時に胡桃を噛んだ血が胡桃という文字に落ちたことで視聴者に恐怖を陥れたが。
美紀によって殺されたあと、原作版ではヘリコプターが落ちて火災が発生したとき、由紀と悠里を地下に誘導したり、
アニメ版では由紀を放送室に導いたりと幽体で活躍していた

そんなこともあったが、なんと原作・アニメ共に1話から死亡している設定である。
ただし、上述の由紀の現実逃避によって常に慈はいるものと扱われている。
そして、それに胡桃、悠里も合わせており、どう考えても序盤は慈は生きているように見せかけられている。
ただし、園芸部の畑の中に慈のリボンが結んである十字架があったり、慈の愛車なのに胡桃に運転を任せてる等、
アニメ版は勘のいい人は気づける仕様になっている。
その上、デパートに食料調達に行ったときも勝手に慈の車を借りた上、原作では卒業後に乗り捨てられ、
アニメではデパート帰りにボコボコにされるなど、いくら故人とはいえ扱いが悪かったりする。

性格やら姿やら様々な所でとある人物に似ていると言われ、とある二次創作アニメで同じ中の人が演じているということもある。
MUGENではそのそっくりさんを改変した慈が製作されている。
他にも、なんの偶然か『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない』の本間芽衣子(めんま)役を演じてるのだが、
本編では既に故人で主人公にしか姿が見えなくて声も聞こえないところまで共通している。

(以上、ピクシブ百科事典より引用、一部改変)


MUGENにおける佐倉慈

カオス同盟氏による桜めぐみが存在する。一見誤字かと思われるが、
2つ目の制作動画において「初めから改変キャラのつもりで作っているためあえてこの名前にした」と言っている。

最初は完全西行寺幽々子のガワ替えであったがそれに対し不評であったがため
ドット弄り技を一新するというバージョンによって全く異なるキャラになっている。
余談だが、髪型と色が似ていてしかも幽霊という共通点から「ゆゆ様」呼ばわりされることもあるが、
慈役の茅野氏が幽々子役を演じたアニメやドラマCDがある。
『ハヤテのごとく』のマリアさんの声で喋る某メイド長と違い、こちらは『がっこうぐらし!』のアニメ化よりも前に作られた二次創作なのであまりネタにされない)

現状では1P~9Pまで存在しており、それ以降は作られてはいないが現状でも幅広いランクに対応でき、なおかつ存在感という
1つ貯めると無敵が1F上がるがその代わり1%ずつダメージが上がるシステムがあるため、どのランクでも活躍ができる。
さすがに神は無理ではあるが。なお、存在感が貯まると慈は薄くなる。
主に桜とぬいぐるみのぐーまを使った攻撃が豊富でゲージ技はそこそこ強力。
通常技が若干使いにくい欠点があるため一応デフォでも1Pは凶止まりである。

設定は存在感上限、存在感初期値、一撃スイッチがあり、存在感に一撃が依存している。
また、上限を多く設定する人に向けて透明になるかどうかの設定もできる。

出場大会



添付ファイル