各ゲームのキャラの強さ > 任天堂


ジョイメカファイト

ホウオウ>>>ステージ4のロボ>ステージ3(投げのない連中除外)>ステージ2(投げのない連中除外)=イーロボ>投げのない連中>ボコボコ

一部の例外はあるが、基本的に後半に登場するロボほど強い。
特にステージ4のロボは完全にイーロボ(プレイヤーキャラ)の上位互換である。
おまけに、
  • 投げを含む全技の発生が1F
  • くらい中は無敵→コンボが成立しない=単発火力が小さいキャラは不利=序盤に登場するロボほど弱い
  • ガード中でも投げられる→いわゆる「当て投げ」が完全に脱出不可能
  • めくり攻撃はガードできない→ダウンした相手を飛び越すように突進技を重ねておけば永パになる
という仕様もあいまって、時代が時代なら世紀末と呼ばれていてもおかしくない様相を呈している。

最上位キャラクター(ジョイメカファイト)

ホウオウ

文句なしの一強。
パンチ以外の何を当てても相手はダウンするので、そこから超高速突進技の「ホウオウクラッシュ」で永パ。
通常技をガードされても、四回投げれば相手は死ぬ「ホウオウブレイク」でポイ。そして永パ。
相殺できない高速誘導弾を発射する「ホウオウキャノン」で遠距離戦も完璧。当たれば永パ。
万が一ホウオウキャノンを避けられても、これまた四発で死ぬ「ホウオウアッパー」で対空も万全。落ちてきた相手に永パ。
たとえ永パまで持っていけなくても、あらゆる部分の性能がぶっちぎりに高いので立ち回りで押し切ることも容易。
おまけに気絶耐性も非常に高く、名実共にラスボスにふさわしい実力を誇る。

欠点らしい欠点といえば、あまりにも強すぎて対戦相手との友情まで粉砕しかねないことくらいである。

上位キャラクター(ジョイメカファイト)

大まかなランクは前述の通りだが、その中でも「相手をダウンさせる突進技」があるロボが強い。
逆にダウン誘発技が少なかったり、投げがなかったりするロボはさらに弱い。

レオ

「フライングレオキック」というタイガークラッシュのような必殺技と、
「ファルコンアタック」という天魔空刃脚のような必殺技を持っている。
前者が当たればめくり永パ、後者をガードさせれば投げハメに移行できる。相手は死ぬ。
「リニアアッパー」という完全無敵で突進してアッパーを繰り出す技のおかげで飛び道具にも強い。

スカポカーン

主人公であるスカポンの(ほぼ)同型機だが、その性能差は歴然。
出し方や追加入力によって軌道を変えられる突進技「ローリングポカーン」が非常に強力。
高い威力と汎用性を併せ持ち、相手によってはこれを連発されるだけで何もできなくなる。
ちなみに特殊な追加入力をすると、最大でホウオウアッパーの1.5倍まで威力が上がる。

カエン

ホウオウほどではないが全ての技が高性能なオールラウンダー。
特に無敵突進技の「レインボータックル」の対空性能が非常に高く、
相手の突進技や飛び込みはこれだけでほぼ全て迎撃することが出来る。
また、やりたい放題のホウオウに対して比較的有利に戦える数少ないキャラでもある。

下位キャラクター(ジョイメカファイト)

ザコオールドスケータースターホバー

投げのない連中 。このゲームは投げハメが強く、ガードを崩す手段が実質これだけなので投げを持たないのはかなりキツイ。
一応オールドなどは高性能の削り技や対空を持っているし、ザコは攻撃力が高い、スターはすばしっこい…と長所もあるにはあるが、
ザコ・スター以外は攻撃力が低い上、スター・ホバーは技が実質3つ、ザコ・オールドも似たような技が多いなど戦略の幅が狭いのも難点。
もっともこれより下位ランクのボコボコは投げがあるのだが…

最下位キャラクター(ジョイメカファイト)

ボコボコ

気絶しやすく、判定が弱く、動きも特に早くなく、挙句の果てに最大攻撃力が 8
これはホウオウの弱パンチ同じ数値である。この火力差は如何ともしがたい。


大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ

ジャンルは『2Don3D対戦アクション』なのだが、
2D格ゲーの流れも汲んでいること、近年に世界最大の 対戦格闘ゲーム の祭典「EVO」の 正式競技種目にエントリー していること、
そしてMUGENにおいてもスマブラのシステムを採用したキャラクターがそれなりに存在することから、
同作のキャラランクについて解説しておく。

キャラランクは基本的に アイテムなし、終点またはギミックの少ないステージ、タイマン対戦 でランク付けしたものであるが、
元々スマブラは一貫して4人入り乱れてのギミック、アイテムなんでもアリの「大乱闘」を前提としての調整を行っている。
ディレクターの桜井政博氏も「終点アイテムなしは『ガチ』ではない」といった旨の発言をしばしば行っているため、
このようなランク付けの方式に懐疑的なユーザーも少なくない。
あくまで格ゲー的な見方でのキャラランクであり、ルール次第で容易に変動し得る目安程度ものであることは予め理解されたし。
(それでも どうしようもない弱さや ぶっ壊れ性能の奴はいるのだが…)


ニンテンドウオールスター!大乱闘スマッシュブラザーズ

タイマンに限定して言うなら、1999年という世紀末に発売された早すぎた世紀末ゲーム。
乱闘を意識した調整であるせいか全般的にヒット硬直が長く、
タイマンでは蓄積60%以上の大ダメージor即死コンボをほぼ全キャラが持っているという素敵なバランスになる。
(むしろ中堅キャラのほうが一回のコンボの爆発力があるくらい)
相手を下方向に叩き落とす技(つまり下に足場がないと即バースト)であるメテオスマッシュも簡単に入り、
おまけに一部キャラを除いて足場外で復帰阻止の小技をを食らっただけでも足場に戻れず落下確定になるキャラも多く、
防御回りのシステムも性能は良くない等、「攻撃側がガン有利」で「足場外に出たらガン不利」という攻め絶対有利なゲームである。
突き詰めれば「刺し合いを制する能力が高い」「一回のチャンスでの爆発力」そして「相手のコンボや復帰阻止を拒否る能力」を持つキャラが強い。

なお、海外版ではバランス調整でキャラそれぞれの性能が若干変わっており、キャラランクは以下の通りとなっている。
SSB 2015 Community Tier List (2015/5/12)
S ピカチュウカービィ
A キャプテン・ファルコンフォックスヨッシー
B プリンマリオ
C サムスドンキーコングネスリンクルイージ

以下に挙げたキャラクターは、国内ガチ勢による「 プププランド(シンプルな構造のギミックの少ないステージ)でタイマンストック制
と言う条件での上位キャラと下位キャラである。

最上位キャラクター(スマブラ64)

ピカチュウ

タイマン最強キャラ。ファルコンと同じレベルの高い機動力を有しており、投げや通常技も優秀でしっぽを使った即死コンボも搭載。
そして何より「でんこうせっか」のお陰で全キャラ一番の復帰力を持っていることが強み。
ただでさえ8方向に素早く移動できる&2回移動できる(ただし同じ方向に2回は移動できない)ため復帰阻止を受けづらいのに
「移動方向を選択したあとにスティックをニュートラルに戻す」という操作をすることで、
移動距離が1キャラ分伸びる。これだけで 1回の移動で他のキャラの復帰技よりも長く移動できるのにそれを2回も行える
これのお陰でかなり無茶な復帰阻止をしても簡単に足場に戻れるし、
逆に復帰阻止しようとする相手には「自分は何処に着地するか」のn択を押し付けることも出来る。
復帰が乏しいキャラが多いこのゲームでこの『復帰阻止能力』と『復帰阻止を拒否する能力』は、かなり理不尽極まりない。

弱点は軽いこととリーチが若干短いこと。
また、素の火力や撃墜力自体はそこまで高いわけではなく、地味にメテオ技を持っていないため 4人乱闘となると一気に弱キャラと化してしまう

カービィ(スマブラ64)

総合最強キャラ。非常に使いやすい上に、初心者キラーとして悪名高い ピンクの悪魔
各種ワザが総じて優秀で、 全てにおいてチート性能の上強、固めに使える空前や空下、異常な攻撃範囲を持つ空後
出が速く撃墜力が高くかなり踏み込む横スマ、使いやすいつかみ、さらにはメテオ技2種と隙が無い
ピカチュウとは違い、素の火力や撃墜力もかなり高いことも魅力。
特に横スマは適当に振るだけでもそれなりに強いため、当時細かい仕様を知らない子供達がこぞってカービィを使うことになった原因にも……
更にシンプルかつ凶悪なコンボも所持しており、1on1でも最強クラス。
しかも空中で5回ジャンプ出来ることも相まってトップクラスの復帰力、復帰阻止力を誇る。なんなんだアンタ

強いて弱点を言えば鈍足で地上機動力が低く攻撃を自分から差し込む能力はそこまで強くはないこと
(あくまで他の強キャラと比べてだが。どちらかと言うとカービィは対応型キャラ)、吹っ飛ばされやすいこと。あとハメ過ぎると友達が減ってしまうこと
あまりにも凶悪無比すぎたためか、『DX』では悲しいほどの弱体化を施されてしまった。

余談だが、公式サイト「スマブラ拳!!」にて抽選でディレクターの桜井氏が直々に本作を解説するビデオがプレゼントされたのだが、
ビデオ内では「 HAL研だからカービィが強いだろう、なーんてことはないのでご了承を 」と言っており、その性能を知るプレイヤー達から総ツッコミを食らった。

上位キャラクター(スマブラ64)

キャプテン・ファルコン(スマブラ64)

火力という意味でなら間違いなく本作最強。
全キャラ1番の素早さ、優秀な通常技もさることながら、
空中上A(通称オバへ)を連続で当てて上に押しこめ、最後に上B(ファルコンダイブ)で〆て撃墜する通称 「ファルコンボ」 が強力。
このコンボはキャラ自身の機動力もさることながら、発生4F&強判定かつ上半身無敵の上スマ、
掴む位置が高く全キャラ唯一の対空性能を持った掴みからの前投げなど始動技が豊富かつ容易に当てられるため、
様々な状況から撃墜確定コンボに移行できるのが強い。
もちろん難易度はそこそこ高いが撃墜しきれなくても相手は大ダメージ必至。
他にも乱闘専用のように思えるファルコンパンチも確定状況が豊富で、
コンボからメテオでお手軽撃墜も可能など攻めに関しては他の追随を許さない。究極に突き詰めると 「なにか刺さったら1スト消滅」 ありえん(笑)
実質最強のピカチュウに大幅な有利をつけるのもかなりの強み。

しかし大きな弱点として、自身のコンボ拒否能力は最低レベルで、復帰力も平均以下という防御面。
攻めを維持できないと割とあっさりやられてしまう。安定して勝ちを取るにはかなりの慣れとアドリブ能力が必要。

下位キャラクター(スマブラ64)

ドンキーコング

いわゆるデカキャラ枠。だが普通の格闘ゲームとは異なるスマブラでも、
的のでかさと吹っ飛びづらさはコンボをいたずらに受けるだけの単純に不利な要素でしか無い。
おまけに攻撃の隙は見た目通りにかなりでかいのに、あたっても大してダメージが与えられないしコンボもできないという悲しい性能。
しかしつかみの間合いと投げ、そして上B(スピニングコング)の切り返し能力は優秀で、
下手に攻めてきた相手をカウンターで返り討ちにも出来るし、優秀なメテオ技も持っている。
台降りと空中上Aを使用したループコンボ(あまさわループ)や、本作最大の攻撃力を誇る最大タメのジャイアントパンチは確定で入る状況もあるなど、
キャラ対策してない相手には意外と善戦できることも。
しかしそれでも対強キャラは辛く良くて「3:7」は付けられると言われている。
ん?でかキャラvsスマートなキャラでこのダイヤグラム…どこかで聞いたような

ルイージ(スマブラ64)

何かが極端にダメ、ということは無いのだがキャラの性能一つ一つが他の要素と全くかみ合っておらず、
使えば使うほど、その弱さが際立ってくる悲しいキャラクター。
トロすぎる機動力、高すぎて逆に使いづらいティッシュなジャンプ、短いリーチの三重苦で攻撃を差し込むのに一苦労。
汎用的な飛び道具であるファイアボールもあるにはあるが、直線状なのでマリオのバウンドするものと比べると対地に使えなかったりで地味に使いづらい。
しかし上Bの出だしを当てることで強烈な一撃を与える「ファイアジャンプパンチ」の一発要素は大きく、軽い相手には思わぬ一撃を食らわせることもできる。
高さだけはあるジャンプと下B(ルイージサイクロン)中にボタン連打すると上昇することを利用すれば
復帰力はカービィやピカチュウの次くらいに高く、ゾンビのようにしつこく足場に戻れる。
クセは強いものの、元はマリオなので割りと扱いやすく、「他の中堅よりかは使いこなせる」プレイヤーも少なくない。


大乱闘スマッシュブラザーズDX

ゲームスピードはシリーズ一で、ヒット硬直もかなり短くなっており防御面のシステム向上したため前作のような大火力コンボは取りづらい。
と、なると一回一回の立ち回りと刺し合いがかなり重要となってくる。
「地上もしくは空中の機動力が高い」「ダメージソースとなり得る使いやすい飛び道具や小技」「フィニッシュソースとなり得る強力な撃墜技」
この三拍子を持っていないとこのゲームに参加できない。
上位陣同士ならバランスが取れているのだが、下位陣とではかなり一方的な相性となってしまうなど全般的なゲームバランスは結構極端。
ん?海外のほうが人気で、上位と下位でかなり差があるゲーム…これもどこかで聞いたような
ちなみに初めて「EVO」に選ばれたのは本作であり、
海外での大会参加者は最新作である「for」と同等であるほど海外の人気は現在でも絶大であり、15年以上前の作品でありながら未だに現役である。

以下に挙げたランクは、いずれも
1on1、戦場・終点・ヨッシーストーリー・夢の泉・旧プププランド・ポケモンスタジアム(カウンターピック専用)のいずれかのステージ、8分4ストック制
と言う条件でのものである。
いずれも やくものが存在せず厄介なギミックが少ない と言う点で一致しているが、
他作と比べバリエーションが多くそれぞれのステージ次第でダイヤグラムが変わる場合も多い。

Official 2015 Melee Tier List (2015/12/10)
ランク 順位 ファイター名 平均順位 ランク 順位 ファイター名 平均順位
SS 1 フォックス 1.125 E 14 ガノンドロフ 13.875
S 2 ファルコ 2.375 15 マリオ 15
3 マルス 3.042 16 こどもリンク 16.083
4 シーク 3.917 17 ドンキーコング 17.167
A 5 プリン 5.417 18 リンク 17.833
6 ピーチ 5.833 F 19 Mr.ゲーム&ウォッチ 20.333
B 7 アイスクライマー 7.333 20 ロイ 20.875
8 キャプテン・ファルコン 7.542 21 ミュウツー 21.042
C 9 ピカチュウ 9.333 22 ゼルダ 21.75
10 サムス 10.042 23 ネス 22.167
D 11 ドクターマリオ 11.875 G 24 ピチュー 23.875
12 ヨッシー 11.958 25 クッパ 23.958
13 ルイージ 12.083 26 カービィ 25.167

最上位キャラクター(スマブラDX)

フォックスファルコ

このスターフォックスのコンビは、 「機動力、火力、決定力、強判定、飛び道具とどれをとっても強力」 とかなりの強さを誇る。
フォックスはダッシュ速度が最速クラスであり、ファルコはジャンプ高度と上昇速度がダントツであるため、縦横の違いはあれど攻撃の起点を読ませない点やふと気を抜いた瞬間に見切れぬ速度で追撃が出来る点は一緒。
多くのワザは軽量級ならではの素早い発生、少ない後隙の癖に 武器持ちと大差ない判定を持っている し、 ふっとばし力も高い と至れり尽くせり。
『DX』で戦うために必要な性能を全て高水準で揃えているためタイマンでも強いし4人乱闘でも強いし、どんなステージでもルールでも強い。
アイテムがあっても圧倒的スピードで他のキャラより早く取得できるし、
相手に取られても飛び道具なら リフレクターで跳ね返せる ので大してハンデにならない。なんなんだアンタら。
更にそのリフレクターはこのゲーム唯一の 1F発生技で攻撃判定も発生 すると同時に 1Fの無敵判定が発生
両者のキャラに噛みあった方向に吹っ飛ばしフォックスの場合は復帰阻止にも使える、両者ともジャンプキャンセルも可能
と言ったただの飛び道具反射技として出来たはずなのに 切り返しやコンボパーツに組み込めと言わんばかりの性能が隠れており
このワザ一つの存在で 遠距離戦が拒否され得意な間合いに持ち込まれる こと、 半端な割込みは通用しない こと、
インファイターを押し返し判定戦に持ち込む ことの全てが達成できてしまうため、
彼らの強さを磐石の物としている大きな要因となっている。
更に更に彼らは 弾速、連射速度、後隙も消せてダメージ効率が最高クラスの飛び道具「ブラスター」を持っている ため、
相手の待ちを許さないのにこちらは少々反射された程度では大して痛くない と飛び道具の性能すら愛されすぎている。

弱点としては軽くてふっとびやすい(特にフォックス)のに、落下速度が早いため相手にコンボを決められやすいこと。
フォックス・ファルコ限定の即死コンボもかなりのキャラ、多くの始動で開発されているため、生半可な腕で実力者に挑むと 逆にコンボ練習台にされてしまう こともままある。
上Bの復帰距離が長いフォックスはまだマシだが、短いファルコはあっけなく落ちてしまう。
そして 細かい操作が多く求められるキャラでありながら恐ろしい機動力と本作のゲームスピードにより操作ミスが非常に発生しやすい
操作量も他のキャラと比べ物にならない程多く、海外では 手首に負担がかかりすぎて入院沙汰になる という信じがたい事例もあるほど。
そういった点から お手軽強キャラではなく実力が伴って初めて最強格 と言える存在で、プレイヤーの自身のスキルが著しく求められるところも弱点の一つと言える。
その分極めた際の強さは屈指。単独ランクのフォックスに至っては トッププレイヤー6人中4人が持ちキャラ(メインないしサブ)として使っている ほど。
フォックスはファルコ以外の全キャラに対して満遍なく有利だが、ファルコは他の多くの強キャラに対して五分~微有利止まりという点も、フォックスが単独ランクとなった要因ともいえる。
+20XX年問題
当時全一ファルコン使い、及び全体から見ても十指に入る実力を持っていたあるプレイヤーが、2013年に突如メインキャラをフォックスに転向することを宣言した際に冗談交じりに提唱した説。
(ちなみにこの出来事は向こうでは ダークサイドに墜ちた なんて言われていたりする)
その内容とは「 20XX年、各プレイヤーの操作精度がTASレベルの理論値に達し、かつキャラ対策やテクニック等が完璧に究明された時、全スマブラプレイヤーはフォックス使いとなっていることだろう。
とのこと。
ちなみに2015年に行われた大規模トーナメントでは、優勝者こそピーチだったりマルスだったりばらけてはいるものの
ほぼ全てのTOP8にフォックス使いが2人以上入っている他、TOP50まで広げるとフォックスの名がずらりと並んでいる。

マルス

剣先を当てると技の威力及び吹っ飛ばしが通常(刀身部分に当てた時)より高くなるという特徴を持つ。
そしてその剣先を当てた際の吹っ飛ばし能力は 全キャラ中トップクラス
その特徴を持ちながらリーチはかなり長く、発生も早くて後隙も少なめと武器判定の強みを最大限に使用できるキャラ。
特に空前はリーチ発生後隙コンボ性能等と多くの要素が恵まれており、ほとんどのキャラが空前を振り続けるだけで近付くことが困難になるほど。
つかみ範囲がワイヤー系を除くと全キャラ中最も広く、通常Bの超強力なシールド削り効果もあってガード崩しも強い。
機動力も高めで、絶との相性も良好。ステップの性能も非常に優れておりこれまたつかみ範囲が長いことがプラスに働く。
さらにコンボも喰らいにくく、性能のいいカウンター技もあり、攻撃・防御ともに優れている。

弱点は根元を当てた時の火力が低く、飛び道具もないので中距離戦に頼りがちなこと、
剣先判定はかなり狭いのでキチンと見極めないと高火力を発揮出来ないこと、
攻撃面では磐石に見えるものの実は唯一持続が長い置き技が皆無なこと、
長身が災いしてシールドから体がはみ出やすいこと。復帰力があまり高くないことか。

シーク(スマブラDX)

フォックス・ファルコに負けず劣らずのスピードを持つ 汚い忍者
全体的に技のリーチが長く、判定も強め。コンボ向きな技が豊富でダメージを与えやすい。
決め手になる技が単発で使ってもコンボに組み込んでも使いやすい。さらに優秀な飛び道具も持っている。
また「鉈」と言う空中前Aのワザが 斜め下に吹っ飛ばす という、スマブラのゲーム性に置いてとんでもない威力を発揮する上、前方に手刀を振るワザなのだが その手先に丸い判定を出すという意味不明な超判定を持ち、発生も早いのでコンボに使えて後隙も少ない と優秀極まりない。
そして 極めつけに投げ連まで持っており、中堅以下のキャラの多くが手を付けられなくなる
難しい操作も少なく安定性があり他の強キャラよりは使いやすい。
見た目からふっとびやすいという印象を持たれがちだが、意外にも本作ではピーチと並んで平均的である。

弱点は復帰力の低さ。あと背も高いので、打点の高い攻撃も喰らいやすい。
前述の投げ連も上位キャラには通りにくく、難易度が非常に高くなるのも欠点。
また、強い行動を覚えると一定の強さまでには比較的簡単になれるが読まれやすくもなってしまう。
より高みを目指すとなると他の上位キャラにも引けを取らない練習量が必要となるのも弱点の一つか。

上位キャラクター(スマブラDX)

プリン(スマブラDX)

空中戦の女王兼本作屈指のパワーキャラ。
公式でも「最弱キャラの座をピチューとクッパとカービィに譲った」と書かれているが、 本作においてのプリンは異常な性能を誇る
地上をダッシュするよりも素早く動けるほどの空中での横移動の速さと5回の空中ジャンプ、
空中技の全体的な性能の良さにより、空中戦や復帰阻止で無類の強さを発揮するキャラ。
特に強力なのが、異常な判定の強さを誇る空中後A。 なんとリーチ自慢のマルスすら超える判定を持つ
逆に吹っ飛ばされても、ほとんどのキャラが阻止不可能といっても過言ではない、脅威の復帰力で安定してステージに舞い戻る。
しかしなによりも恐ろしいのが、 ガノンドロフの魔人拳をも凌ぐ吹っ飛ばし力を誇りコンボに組み込める ねむる 」だろう。
上投げなどから追撃しようとした一瞬の隙に、相手のプリンにねむるを当てられ、あっけなくバーストされてしまった時の絶望感は半端無い。
ただし、その判定は プリン本体の中心部 にわずかに発生するだけなのでそう易々と当てることが出来ない上に、外した時の後隙は 魔人拳を素で当てれるほど膨大 な点が救いか。
反面地上戦は大の苦手…かと思いきや、地上ワザにも上強などコンボに組み込める技を持っていたりする。

欠点はワンパターン戦法になりがちなこと。1戦の中で出した技の1/3以上が空後Aだったなんでザラ。
さらに 非常に吹っ飛ばされやすく(G&Wと同率2位) 落下速度も遅い(逆に言えばコンボを喰らいにくいということでもあるが)。
そして何よりも シールドブレイクすると即バースト してしまうことが最大の欠点か。
明瞭な苦手キャラはフォックスだけだが、自分が使っても相手にしても飽きやすいキャラであることから、使用人口は割と少なめ。
逆を言うと、 これだけ分かりやすい欠点を持ち合わせながらも強キャラに居座れるほど、空中性能がぶっ飛んでいる ということでもある。

ピーチ

あらゆる技が胡散臭い強さを持ってる女王様。
出が早く強判定、鬼持続、高威力な上にしゃがみ状態の敵に当てると 溜め無しの時ですら一発で40~60%前後のダメージを一度に蓄積できる 本作屈指の狂技下スマ、
これまた判定に恵まれており牽制や着地狩りに使えてコンボ始動もできるダッシュA、
空中戦でのフィニッシャーとなる空後A(通称 けつ )を始めとし、空中浮遊との相性も抜群の強力な空中技の数々、
%依存がとんでもなく高く3桁を超えてるとバーストにまで持って行けるほど強くなる前投げなどなど。
しかも女性キャラの癖に全体的にどの技も威力が高く、コンボや投げ連のしやすさから火力もある。
さらに下Bで飛び道具も使え、運が絡むとはいえその中にはすさまじい火力を誇るものもある。 ついでに稀にボム兵を引くこともある。
また、空中浮遊を持ち、手軽に最低空で持続させられることから『ぺち』を使える数少ないキャラクターでもある。
これまた女性キャラの癖に重さも平均的。恐らくドレスが原因。
原作ではクッパに攫われまくっている彼女だが本作でマッチしようものなら 幾度となくクッパを文字通り尻に敷く 光景が見られるだろう。

横復帰力は最高クラスだが、上Bの上昇力が低く、縦復帰はあまり良くないのが弱点。
プリンほどではないが地上機動力も低いのも欠点の一つといえる。

アイスクライマー(スマブラDX)

2人1組で戦う一風変わったキャラクター。
2人いる時の攻撃力、撃墜力が高いため火力はトップクラスである。さらに絶での移動距離も長く、2人の時の復帰も高い。
相方は操作してる方と少し遅れて動くため相手に操作ミスを誘いやすく荒らし性能が高いキャラ。
そしてなにより恐ろしいのが2人がいる時の掴みである。
2人でいる時に相手を掴むと相手を掴み攻撃でハメることが出来る(通称ぱしぱし、海外ではEVO2013準優勝のプレイヤー名から取ってWobblingと呼ばれている)。
これをされてしまうと撃墜可能%まで延々と掴み攻撃で殴られ続け、最後にはスマッシュ攻撃で撃墜される。
とにかく相手にしてる時は掴まれないように立ち回るしかない。

弱点は2人でいる時に強みを発揮できるので相方がいなくなると途端に弱くなる。
パワーもなくなるし、復帰も弱くなるし、掴みハメも出来なくなる。
その掴みハメも難易度は非常に高く、容易に出来るものではないし、上位キャラはまず掴むことすら難儀することも多い。
またリーチも短く判定の強い技も少なめで、シールドを張るのもラグがあるため相方とは結構分断されさすく、分断されて相方撃墜というのもよくある光景である。

キャプテン・ファルコン(スマブラDX)

全キャラ中1位の走行速度を持ち、攻撃力も高いパワー&スピードキャラ。
前作でも上位に位置し、猛威を振るっていた本作の彼は何より速い。
本作のみ走行中にジャンプするとダッシュの慣性が残り、ジャンプの飛距離が伸びる(通称ダッシュジャンプ)のだが、
ファルコンはその足の速さからダッシュジャンプの飛距離とスピードがとても大きく、
自身が飛び道具と言わんばかりに相手に突っ込むことができるため差し込み性能が非常に高い。
また、主要な技の判定も強く、重くて吹っ飛びにくい(強キャラと言われるキャラの中では一番重い)。
そして何より一番強いのは 本作全キャラ最強の空中技 と名高い空中前攻撃の「ストライキングニー」、通称「」である。
クリーンヒットすると真横に強烈に吹っ飛ばせるため早期撃墜も可能であり、カス当たりでも クリーンヒットでも コンボパーツとして使えるなど非常に優秀。
上記のファルコンの機動力、投げや空中下攻撃など浮かせてからのコンボでも繋がるため当てるのも容易でとにかく強い。
ファルコン=膝ゲー とよく言われ、この技をどう使いこなすかが鍵となる。
あまりの使い勝手の良さに、 彼の技の代名詞はファルコンパンチでは無く膝 となったほどである。

弱点は重い上に落下速度も速いためコンボが非常に決められやすい上、飛び道具を持たない。
さらに復帰時に高度がある場合は復帰距離が長いが、そうではない場合は復帰距離が短く、また阻止にも弱いため復帰が弱い。
非常に速すぎて自滅しやすいのも欠点。
また、フォックス、ファルコ、シークといった最上位キャラとの相性が結構悪いのも難点。


もう少し下を見ると、ピカチュウ、サムス、ドクターマリオ、ヨッシー、ルイージが続く。
中でもヨッシーは かつて最下位キャラクターの位置づけをされていたが最近になって研究が進み中堅に急上昇した という経歴を持つ。
大体この辺りまでが大会でちょくちょく見かけるラインといったところか。ドクターマリオはほとんど見かけなくなってきたが


最下位キャラクター(スマブラDX)

下位のキャラはとにかく「 舐めてるのか!! 」と言われるほど弱い。 選んだだけで挑発である。
主にMr.ゲーム&ウォッチ、ロイ、ミュウツー、ゼルダ、ネスが弱キャラとされている。
加えて その5体よりも弱いキャラ としてピチューがおり、
そして そのピチューよりもさらに弱いキャラ としてクッパが挙げられている。
その弱さは、 強キャラに対して良くて「2:8」、最悪「1:9」をつけられるほど

一応、ピチューは電気を浴びる技(一部使わない技を含む)を使うと 自分にダメージが入る というドMすら真っ青な公式弱キャラなので擁護できなくもない。
…が、そんな公式弱キャラよりもさらに弱いとされるクッパは本当に救いようが無いほどに性能が酷い。

クッパ

とにかく酷すぎるの一言。 シークに対しては本作最悪の相性で、「1:9」とか「0.5:9.5」とか言われている。
キャラのコンセプトそのものがゲーム性に噛み合っていないし、そもそもそれ抜きにしても救えない悲惨な性能の数々。詳しくは本人のページにて。
日本では 研究そのものが放棄されており ダイヤグラムの最下位を独走しているのだから泣ける。
64から参戦が望まれていたのに、この有り様。 クッパ、お前は泣いていい。

…とまあさすがに目に余る惨状だったので、次作の『X』では「巨体に反して短いリーチ」から「巨体に見合った長いリーチ」持ちなど、
まだまだ弱キャラではあるがキャラ特性を根本から修正されることになった。
最新作『for 3DS/Wii U』では グラフィックそのものが大幅に描き直されており 、過去作に比べてやや立った姿勢になっている。
さらにダッシュのモーションが変更され、スピードもアップ。ドロップキック等のアグレッシブなワザも繰り出すようになり(ギガクッパは従来のモーション)、性能面でも十分に戦えるレベルまで強化され、無事に弱キャラからの完全脱却を果たした。

+ところがこのゲームには…

ホントの最下位キャラクター

カービィ(スマブラDX)

正直何を語れば良いのかすら分からない、ぶっちぎりの最弱キャラ。
前作の総合最強キャラは本作では見る影も無くなってしまった。

とにかく このゲームに必要な「機動力」「ダメージソース」「フィニッシュソース」を何一つ持っていない
まず普段の立ち回りの時点で鈍重な地上機動力で攻撃をいなすことも差し込むことも困難なのに、
肝心の小技の性能も当てて不利になる技が多いと、 弱いどころか使えないレベル である。
これだけでも致命傷なのだが、 横スマッシュが他のキャラの強攻撃よりも吹っ飛ばない し、
一番ふっ飛ばし力がある技ですら当てづらい上に 上位陣の強攻撃にも劣る低火力ならぬ 超低火力 でフィニッシュすら満足にできない

さらに、軽すぎて相手の切り返し行動ですら撃墜されかねないという貧弱な防御面、
さらにさらに、 「前投げ、もしくは後ろ投げをすると途中で抜けられる」 というカービィだけの謎仕様、
さらにさらにさらに、 「最大シールドなのになぜか攻撃が当たるバグ」の発生率が異常に高い など、
ここまで来るともはや致命傷どころか死体蹴りの類である。

6段ジャンプを使用した空中機動力?横移動力が下から3番目だし、ファルコに至っては2回のジャンプで追いつくし、 そもそもこんな貧弱な技で何をしろと?
空下のメテオ? ふっとばし力が低いせいでされた側が安定して帰れるメテオがなんだって?
クッパは曲がりなりにも重量級であるため、カウンター行動で思わぬ一撃を与えることはできるかもしれないが、
カービィにはその思わぬ一撃すら許されていない。

前作であまりにも強すぎた反動なのか、その性能は 半分どころか3分の1以下 と言ってもいいくらいの大幅な弱体化である。
前作でコンパチだったプリンは強キャラだというのに、技の性能でこうも違うとは……
ああ、どうしてこうなった。

大乱闘スマッシュブラザーズX

開発者の桜井氏曰く前作のDXは「マニア向けのスマブラになってしまった」と反省しており、本作はその反省が生かされたゲームシステムとなった。
前作までの重要テクであった着地キャンセルを廃止するなどの大胆な変更のほか、
ゲームスピードの低下や攻撃力の相対的な低下、ランダム要素の「転倒」の導入、アイテムがアホみたいに強いことなど
初心者でも入りやすい対戦アクションよりもパーティゲームとして重きをおいた調整となっている。
また「性能を尖らせる」というコンセプトの影響で、キャラによってできることできないことの差がはっきり別れ、
研究が進めば進むほど上位陣の凶悪さが露呈してしまい、「ガチ対戦ゲームとしては」かなり大味なシステムとなってしまったという評価が多い。
しかしアイテムの凶悪化やステージのギミックの多彩さなどを見ると、
「みんなでわいわい楽しむパーティゲーム」としてのスマブラを目指して作られていたと理解すれば、それも納得できるかもしれない。

大会禁止キャラクター

「どうしてこうなった」キャラ筆頭。 製作陣曰く「調整する時間が無かった」らしい。マジかよ。

メタナイト

Double Meta Knight is banned for doubles.(チーム戦で2人ともメタナイトを使った場合、失格とする)
-APEX(大規模スマブラシリーズ大会)の公式ルールより-

スマブラシリーズで歴代No.1のぶっ壊れキャラ。
本来のスタンスは「早くて安くて紙防御」なこいつに近いキャラなのだが、
研究が進めば進むほど他の大会禁止キャラあたりにも引けをとらないヤバすぎる性能が判明していく。
地上移動も速く5段ジャンプもあり、回避速度もトップクラスでしかも滑空も可能と類稀な機動力。
技の出は軽量級の中でも更に早くそれでいて後隙も少ない……とスマブラにおいて速度は非常に重要な要素であるが、
ざっと機動力関係を上げただけで既にこれだけの強みがある。
本作から空中攻撃の着地キャンセルがなくなったのだが、
彼だけは自動的に着地キャンセルがかかってると言わんばかりの着地隙のなさ、武器攻撃なため判定も激強でリーチも長い。
B技のマッハトルネイドに至っては「非常に強い判定を持ちながら敵を巻き込み、
飛び道具や多くの攻撃を掻き消しながら大きく移動が可能」といったことから 竜巻だけで詰むキャラが存在するほど
また、本来復帰技のはずの上Bは牽制に振れるほどの発生速度で当て方によっては吹っ飛ばす方向が斜め下と鬼ベクトルなどなど……
技の単体性能を一つとっただけでもこれだけ強いのに、それらが全部コンボとしてつながってしまう。
おかげで、コンボが発生しにくい本作にも関わらず、 『64』ばりの即死連携のオンパレード になった。
さらに「自動で滑空に移行する」ことから尻もち落下もせず、その滑空攻撃は全キャラ中NO.1の性能で着地時の隙消しも完璧。
さらにさらに、 ある操作をすると下Bで消失し続け、アイテムや「最後の切りふだ」すらも制限時間までスカすことも可能 な、
凶悪極まりないバグも搭載とやりたい放題。
1強どころか1凶すらもとびこえて、 1狂 である。
つまるところ、 一度掴んだら勝てるアイスクライマーよりもランクが上 なのがメタナイトなのである。 ありえん(震え声)

なお即死連携などのテクニックを覚えずともそもそも各技の性能が異常に高く、
初心者同士の対戦でも適当に竜巻と空中技と下スマ( 発生5F、後隙皆無のフィニッシャー技 )振って暴れていれば勝てると言われるほど
暴発リスクも非常に少なければ空中制動もしやすいおかげで事故死の危険も無い。
ガチ対戦のみならず、スマッシュボール等のアイテムありや、やくものやギミックが飛び交うステージで戦う所謂パーティルールでも
持ち前の機動力の高さを活かしてアイテム争奪戦で優位を取りやすい、やくものの影響を受けにくい等結局ここでもやりたい放題。
このことからありとあらゆるルールにおいて 完全なお手軽最強キャラ であり、かつテクニックを身に着けたが最後、 他キャラはもはや同じ土俵に立つことすら許されない。
上記のとおりにわいわい楽しむにしてもメタナイトの使用を自粛するか、 いっそ全員メタナイトでプレイするか などの措置を取る必要があるほどに、その突出具合は深刻である。

弱点らしい弱点といえば、見た目通り重量が軽く、単発の火力が全体的に安いというコンボ主体なスタイルであるため、
横槍が入り乱れ、撃墜数を稼ぐルールの時間制ではやや弱体化する(それでも異常だが…)ことと、
大会によっては使用禁止措置がとられることもあること(海外でのチーム戦に至っては必ずといっていいほど)、
そしてやりすぎると パーティゲームとしてデザインされているのにその雰囲気すらもスターフィニッシュしてしまう といったところか……。

最上位キャラクター(スマブラX)

アイスクライマー(スマブラX)

投げ連、以上。
アイスクライマーの「2人で1キャラ」というコンセプトを利用したもので、
自分か相方が相手を掴んで投げた瞬間にもう一方がすかさず掴み、もう一回投げたところをさらに一方が掴む。つまり永久である。
前述のメタナイトを含めたどんなキャラでも、掴んで投げて、掴んで投げてを繰り返して最後はスマッシュでバースト。相手は死ぬ。
しかもこの投げ連、二人の時限定かと思いきや 途中までなら一人でも出来る
さらに、この投げ連、様々なレシピを掴んだ状況によって使い分け可能で、「ステージ限定」「キャラ限定」というものは実質存在しない。
さらにさらに、 永久コンボとしては難易度はかなりお手軽。 簡単なレシピだったら2、3日練習すればすぐ習得できる。
対策としてはアイクラに掴まれないことが絶対条件だが、スマブラの対戦システム上掴まれない様に立ち回るのは骨が折れる話であり、
(アイクラのつかみ発生フレームは6F、しかも『X』そのものの仕様として「掴んだ瞬間はスーパーアーマーが付く」おかげで攻撃相打ちでは潰せない)
そもそも投げ連が無くても、高火力&武器判定&連撃&隙が短い攻撃性能を持つアイスクライマーは中堅上層くらいの強さがある。
決して投げ連だけの一発屋じゃないところも、彼(ら)の地位を確固たるものにしている。
メタナイトのせいで霞んでいるが、こいつ(ら)のぶっ壊れ具合も十分おかしい。
……ここまで言えば分かると思うが弱点は 「相方が死んでしまうと強さが激減する」 ということ。
単純に攻撃力もガタ落ちするし、復帰技もこの状態だと完全に死に技となる。
案外パートナーははぐれやすいので、離されたらすぐに助けなければならない。
パートナーをいつも以上に引き離されやすい&投げ連が妨害で入らない乱闘では下手に攻めない事が大事である。

次点としてピクミン&オリマースネーク、マルス、ディディーコングピカチュウファルコなどが位置している。
その中でスネークは「弱強攻撃で撃墜余裕」「武器持ちに負けない謎のリーチと判定」「機動力も悪くないし飛び道具も豊富」
という恵まれ具合でどのルールでも安定して強い。
彼らも彼らでいろいろ壊れている性能なのだが、それでもアイクラと同じく「メタナイトにそれなりに対抗できる」レベルなのだから、
メタナイトがいかに狂っているかお分かりいただけるだろうか。

最下位キャラクター(スマブラX)

タイマン、終点ステージにおける弱キャラ。
日本ではプリン、海外ではガノンドロフが最弱とされることが多い。
前述の「尖った性能のキャラデザイン」のお陰で、既存組のキャラの殆どが割りを食った形となってしまい、特に 初代キャラ2/3キャラ という悲惨な状況になってしまっていたりする。
当然何も考えなければ一方的に負けてしまう厳しい性能ではあることを忘れてはいけない。

サムス

『X』のゲームシステムは中遠距離型の彼女と相性が良い筈なのだが、 『DX』より大幅に弱体化されるハメに。
特に攻撃性能・火力の弱体化が著しく、撃墜力もスマッシュ攻撃で 140%くらい 必要、
頼みのチャージショットも120%ほど蓄積させないと撃墜できないと、下手すれば プリン以下 である。
他にも判定が弱いとか落下が遅いせいでお手玉されやすいとかあるのだが、
とにかくパワーがなさすぎるのが痛い。おかげで乱戦でも戦いにくい。
幸い最後のきりふだの性能は悪くないのだが、使った後は スーツ着用時よりも大幅に強い ゼロスーツサムスになるので…
せめてチャージショットの性能が前作のままなら、と言われることも。

キャプテン・ファルコン(スマブラX)

前作、前々作と「速くて強い」と強キャラの地位を欲しいままにしていただが、 本作ではほぼすべての面で弱体化が施された
全般的に技後の隙が多くなり火力も弱体化、リーチは短くなりおまけに判定も弱くなるなどダメージソースにもフィニッシュにも一苦労。
速さは相変わらずだがソニックに立場を取られ、
前作であった「ダッシュジャンプ」「ステップキャンセル」といったテクニックもほとんど削除されコンボ性が低下するなど、
『X』のゲームシステムに嫌われている。
結果的に 「あまり走り回れず火力も微妙」 という基本コンセプトとは真逆な性能に仕上がってしまった。 NOOOOOO!!

プリン(スマブラX)

公式弱キャラだがタイマンでは中堅だった初代、それどころか強キャラの一角になってしまっていた前作と、
「見た目に反して妙に強い」プリンであったが、本作では元のコンセプト通り(?)の弱さになった。
単純に攻撃性能がすこぶる劣化、判定も火力もコンボ性能も取り上げられて5段ジャンプと抜群の空中制動性能でもカバーしきれないのが原因。
一発逆転要素の「ねむる」のふっとばし力が目に見えて低下し、非常に弱体化されているのも痛い。
そして、乱闘だと殆どの場合、卑怯な戦い方をしなければならずプレイヤーに嫌がられる一方である。

ガノンドロフ

魔王なのに 発見される固有テクのほとんどがネタ技 という異色のキャラ。
単発火力は全キャラ中トップなため、一応流れに乗れれば異様な火力を発揮できることはある。
しかし、ジャンプが低い、なのに落下速度は妙に速いので敵にコンボをされやすい、 「ダッシュがどう見てもおっさん走り」 の鈍重さもさることながら、
持ち味である高火力の攻撃も弱攻撃ですら8Fであり、前隙が膨大すぎる。 どう流れに乗れと。
これのお陰でリーチも判定も強いはずなのだが、「攻撃を出す前に速い攻撃を出されて潰される」という理由で懐に入られると逆に辛くなってしまう。
ついでに掴み範囲は狭く、発生も遅いので インファイトされるとやれることが無い というとんでもない事態に陥る。
攻撃があたっても追撃できる技が殆どないため、総合火力もスピードキャラとそう変わらなかったりする。 飛び道具?あるわけねぇだろ!!
おまけにNBの魔人拳をピットの鏡やマリオのマントで返されると、 逆方向にものすごい勢いで飛んでいって即場外行き。  おいおい……

しかし一部の有志達に非常に愛されており、「 ジョギングおじさん 」や「 ホッピングおじさん 」の愛称で親しまれている。
彼らのたゆまぬ研究により、国内のタイマンランクではダントツの一弱から脱出して一段階上の準最下位に落ち着いたり、
「アイテムあり」なら 魔人拳が確定で入る状況もあることが判明した。
他にも 「アイテムを使えば」 強力な即死コンボもあるなど 「アイテムあり」なら なかなかの強さを誇る。
アイテムなしでも、乱戦であればパワーを活かしやすくはなっているのでタイマンよりは断然強くなる。

頑張れ魔王様。乱戦ではそこそこ強く、さらに熱心なファンが居るという意味でなら君は前作の某亀より間違いなく上だ。


大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / Wii U

キャラバランス少なくとも『DX』『X』ほど酷くは無いため、中堅~下位辺りはプレイヤーによって意見が分かれやすい。
とりあえず 「突出した強みが多く弱点が少ない上位」「そんな上位に対抗する手段が少ない下位」「それ以外の中堅」
くらいに大ざっぱに考えても十分かもしれない。

本作は定期的にアップデートによる若干のバランス調整が行われ、その都度ランクがわずかながら変動していった。
下記のランクは『 Ver.1.1.6(事実上の最終バージョン)、1on1、戦場・終点・すま村(+α)限定、アイテム・カスタマイズ無し、6分2ストック制、ピットとブラックピットは同一キャラ扱い 』のもの。なお、サンプル数の少ないMiiは除外した。

4BR Smash for Wii U Tier List v3.0 (2017/3/1)
ランク 順位 ファイター名 平均順位 ランク 順位 ファイター名 平均順位
S 1 ベヨネッタ 2.00 C 28 ドンキーコング 26.63
2 ディディーコング 2.30 29 ヨッシー 28.26
3 クラウド 3.31 30 ピット/ブラックピット 28.69
4 シーク 4.22 31 リュカ 30.12
A 5 ソニック 5.63 32 ロボット 30.34
6 マリオ 6.59 33 ルフレ 30.64
7 フォックス 7.06 D 34 アイク 35.04
8 ロゼッタ&チコ 8.61 35 ワリオ 36.77
9 ミュウツー 9.17 36 ダックハント 37.09
10 マルス 9.73 37 シュルク 37.31
11 ゼロスーツサムス 9.86 38 リンク 38.59
12 リュウ 12.40 39 Mr.ゲーム&ウォッチ 39.18
B 13 カムイ 15.06 E 40 サムス 40.30
14 メタナイト 15.39 41 パルテナ 40.64
15 ピカチュウ 17.67 42 リトル・マック 42.00
16 ロックマン 17.70 43 ロイ 42.59
17 むらびと 18.20 44 リザードン 42.87
18 ルキナ 18.78 45 パックマン 44.39
19 ルカリオ 20.23 46 カービィ 44.51
20 トゥーンリンク 20.84 47 クッパJr. 45.51
21 ピーチ 22.79 48 Wii Fitトレーナー 45.61
22 ゲッコウガ 23.52 49 ファルコ 45.68
23 キャプテン・ファルコン 23.61 50 ドクターマリオ 47.09
C 24 ネス 24.82 F 51 デデデ 50.00
25 クッパ 25.00 52 ガノンドロフ 51.67
26 ルイージ 25.69 53 ゼルダ 51.93
27 ピクミン&オリマー 25.82 54 プリン 53.64

本作は(Miiとブラピを除いて)54人の大所帯となっているため、最上位キャラ・過去バージョンの最上位キャラ・最下位の一部キャラに絞って掲載する。

最上位キャラクター(スマブラfor)

ベヨネッタ

実質的なプラチナゲームス代表にして、 原作譲りのスタイリッシュかつ脅威なコンボで敵を狩るアンブラの魔女
ボタン押しっぱなしで相手を打ち上げ、コンボ始動技となる地上横B「ヒールスライド」、
発生が早い上にしりもち落下にならず、そのままコンボに繋げられる上B「ウィッチツイスト」、
2回まで使え、下方向に入力してから出すと急降下して繰り出せる空中横B「アフターバーナーキック」、
3段階まで攻撃でき、途中で止めてさらにコンボに繋げられる空前、後述の「バレットアーツ」派生でダメージ蓄積に貢献する空N、
範囲が広くバースト技にもなる空上、同じくバースト技の空後、メテオ技の空下と、とにかく空中コンボの鬼。
特にVer.1.1.5まででは 0%からでも急降下空中横Bを組み込んだ相手を上空に打ち上げてそのまま撃墜する即死コンボ を持っていたため、
一部の国で大会使用禁止にされた こともあり、突如ベヨネッタにのみ調整が入ったVer.1.1.6へのアップデートが行われたほど。(現在でも即死コンボ自体は残っている)
また、弱・強・空中攻撃の全種類でボタン押しっぱなしにすることで、射撃技の「バレットアーツ」に派生し、ダメージ蓄積や復帰阻止に貢献できる。
一見飛び道具に見えるが実は 超リーチの物理攻撃 扱いであり、盾に防がれたり、反射を受けることもなく、 並んでいる複数の相手にも当たる
そして何よりも恐ろしいのが下B「 ウィッチタイム 」。いわゆるカウンター技だが、成立すると相手を一定時間スローにするという反則的な技。
後隙が少なく、持続時間も長いので、 最大タメのスマッシュ攻撃を容易に当てることができてしまう
(ただし考えなしに連発すると持続時間が大幅に短縮されてしまう)

弱点は完全なコンボ特化である故に単発火力が低いこと、スマッシュ攻撃以外はふっとばし力が低いこと、
緊急回避の性能が悪いこと、体重が軽めなこと、背が高いため攻撃を喰らいやすいこと、復帰の方法が特殊なこと辺りか。
また、ふっとばし力が高いスマッシュ攻撃を直接当てるのも難しい。基本的にスマッシュ攻撃はウィッチタイム成立時のみに使うことになる。

ディディーコング

「バナナ連」という非常に寒い戦法を持っていた前作よりも悪化 。特に弱体化される前のVer.1.0.5までの環境下では文句なしの1強であった。ホハッ!
全体的に動きのしなやかさが追求された結果、手足がよく伸びるようになり前作よりも攻撃のリーチが向上。
まずは「小ジャンプのぼり空前急降下」。これが非常に強い壁となり、下強を混ぜることで突っ込んでくる相手に刺さり、
さらに相手の前まで来てからの後ろ緊急回避を混ぜることで大振り・突っ込みをさそい反撃を狙えるなど、なんでもござれの性能。
何よりも彼を象徴するのが下投げ→空中上のコンボ。通称:Hoo Hah!
下投げの吹っ飛び率変動の低さ、空上の恵まれ過ぎた判定、発生、ふっとばし力から
相手のずらし方によっては100%を超えていても余裕で繋がり、そこから軽くバーストも狙える …と至れり尽くせり。
他にも相手に飛び込んで掴みか打撃の二択を迫ることのできる癖に尻餅落下しない理不尽性能の横B、
ヒットした相手を強制的に転倒させるバナナの皮を生み出す 下B等、粒が揃いすぎている。

弱点は縦方向の復帰に癖があることと、弱攻撃の性能に難があり、とっさの切り返しが微妙な所。
あとガチルールではあんまり関係ないが、最後の切り札の性能も微妙なところか。

クラウド

衝撃の飛び入り参戦を果たしたスクウェア・エニックス代表にして、 タイマン・チーム戦・乱闘とあらゆる環境を破壊する元ソルジャー
全キャラ中10番目に速いダッシュや、リーチ・判定・持続に優れた大剣による攻撃、
中でもバースト力まで高い横スマッシュ、リーチが長く振りやすい空N、空後、単発火力と持続が長く着地狩りが優秀な空上や横B「凶斬り」など、
優れた技が多い。その上NBとして飛び道具「破晄撃」まで持っている。
なによりも彼を象徴するのが「 リミットブレイク 」。
下Bを使用したり、攻撃をヒットさせたりすると「リミットゲージ」が溜まり、最大まで溜まると発動する。
元々高い機動力がさらに強化され、1回だけ強化された必殺ワザを使うことができる。
さらにリトル・マックの「K.O.ゲージ」とは異なり被ダメージで効果が切れることが無く、撃墜されるか必殺ワザを使うまで持続する。
NB「破晄撃」は多段ヒットに、横B「凶斬り」や上B「クライムハザード」はバーストを狙えるレベルになる。
そしてリミットブレイク中専用の下B「画竜点睛」に至ってはマックの「K.O.アッパーカット」のような技で、 ほかほか補正なしですら60%辺りでバーストできてしまう
通常技、必殺技ともに死に技が少なく扱いやすいキャラと言えるだろう。

弱点は、通常時の復帰力が低いこと。復帰技の上Bが出かかりの数F以外直接崖を掴むことが出来ず、技中は崖受け身が取れない特殊仕様があるため、復帰には細心の注意をする必要がある。
リミットブレイク中なら復帰力が大幅にアップするので、とにかくリミットブレイクを維持することが重要といえる。

シーク(スマブラfor)

『DX』以来の最上位に返り咲いた 汚い忍者
全体的に技の硬直が増加傾向にある本作だが、 シークは硬直関係が前作から殆ど変化しておらず、
結果として全キャラ中でも飛びぬけて手数の多いファイターになっている。
相変わらず便利な飛び道具のNB(仕込針)、復帰阻止に使われると泣きたくなるような横B(炸裂玉)、
不意に相手に飛び込んで蹴りを食らわせ、反撃もほぼ受け付けないなどぶっぱされるだけでも厄介な下B(跳魚)、
バーストに使える上に、出現時にも攻撃が発生するようになり更に捕らえづらくなった上B(浮身)、
発生が早く判定も強い空前、蓄積がそこそこでも下投げから繋がりバーストを狙える空上等の優秀な空中技、
他にも各種強攻撃など平均以上の性能を持っている技が多く、地上戦でも空中戦でも安定した戦いが出来る。
地上・空中とぴょんぴょん跳ねながら相手をチクチク攻撃し、
攻撃をひょいひょいと避ける姿に、対戦相手からは 「ノミと戦っているようだ・・・」 ともっぱらの評判。

弱点は素のバースト力が低いこと。
また、自身の体重が軽いのも相まって、本作のダメージ補正との相性が悪いのが難点。

ソニック

同じゲスト枠の蛇に置いてかれていた前作から超強化 。上記のキャラランクでは最上位では無いのだが、日本国内で上記4キャラを抑えて最強キャラと言われる事が多いため、合わせて掲載する。
横Bと下Bの使い勝手が良くなりコンボも入れやすくなり、決まれば一気に30%前後のダメージを望めるように。
横Bは相殺判定が追加され、出掛かり無敵とスピンキャンセルを活かした他を追随させない鉄壁の待ちが可能になった。
また上Bは発生4Fで長い無敵が付き復帰阻止が困難な上に尻もち落下、着地硬直がなく、攻撃判定も発生するためコンボ中の暴れや復帰阻止にも使える最強クラスの復帰技となっている。
NBのホーミングは突進速度が速くなった上に索敵範囲が広くなり、その広さは終点ステージのほぼ半分
ガードされてもソニックが移動できるので逃げやすい、と使い勝手が大きく向上した。なんだそりゃ。
(ただし硬直は長めなので外したり回避されたりすると反撃は貰いやすい)
前作の泣き所だったバースト力も改善され、横スマッシュ攻撃はリーチ、発生、後隙、ふっ飛ばし全てが優秀で崖下にも判定が残るため、復帰側は常に横スマが刺さる脅威に晒される。
また上スマッシュ攻撃はダメージ補正によるふっとばし力の上昇率がやたらと大きく、状況によっては凶悪な威力となる。
また掴みのリーチが長くなり、さらに足の速さから相手を捕らえやすく、後投げのふっとばし力の高さと相まって猛威を振るっている。
元々の移動力の高さから、地味に転倒システムが削除された恩恵をファルコンと並んで最も受けているキャラクターでもある。
またアピールの煽り性能も高い。遅すぎだぜぇ?wwwカモンwwwチッチッwww。ちなみに前作では所謂職人キャラだった故にそこまで問題にならなかった。
何故か公式設定で35kgの癖に体重が中量級並にあり、復帰も強いため攻防隙が無い器用万能キャラである。

強いて弱点を挙げるならば飛び道具を持たない点。とはいえソニックは待ちが強く、横Bキャンセルでの間合い調整力の高さから困ることは無い。
リーチは短いと勘違いされるが、横強攻撃、弱などの主力技は全体で見ても長い方である。
前作では最強を誇っていた最後の切り札の性能も下方修正が入っていたりするものの、こちらも依然として強いままである。

過去バージョンの最上位キャラクター

ロゼッタ&チコ

二人一組で戦うアイスクライマーの跡継ぎ、そう思ってた時期が俺にもありました。
前述のようにロゼッタをメインにチコが援護するというキャラなのだが・・・
頭から滑り込むため打点の高い攻撃が当たりづらいDA、長持続+強判定のリングを飛ばす上強、空上、空下
それ以外でも小さな銀河を出すため判定が広いスマッシュ、空中攻撃などロゼッタ単体でも十分戦える性能を持っている。
そこにチコが加わると殴った途端にチコに殴り返される、チコを盾にロゼッタが突っ込んで来たりと対処が難しくなる、
……といったように、どこぞのスロースターターと禁獣のコンビを髣髴とさせる。
さらにアイスクライマーと違い、チコは13秒ほど経てば何度でも復活する。チコは投げ捨てるもの。

弱点は復帰技の上Bが結構独特の軌道を描くのでミスしやすく、さらに攻撃判定を持たないため復帰阻止されやすい、
準重量級として参戦しているマリオカートと違って全キャラ中5番目に軽いので吹っ飛ばされやすい、
ふっ飛ばし力は強いが、チコを含めて攻撃したとしても素の火力は並程度なので意外とダメージレースでは負けやすい、等。

ゼロスーツサムス

従来のサムスから独立し、それに伴いジェットブーツを装備して技構成が変更され、 スーツ装着時とのランク差がさらに大きくなっていた時期があった
全体的に技のリーチが長く、そのくせ後隙が少ない。前作で上位キャラだったにも関わらずさらに強化されている。
NBの飛び道具には長めの麻痺属性がついており、追撃も楽々とこれを振っているだけでも相手の行動を抑制できる。
下スマにも麻痺属性が付いているのだがゼロサムにはヒットストップが無く反射も不可、%が溜まっていればスマッシュも確定。
ついでに後隙も小さいと非常に恵まれている。
投げもワイヤー系なのでリーチが長く、さらにウィップを引っ込めるあたりまで判定が持続する。(スーツ装着時と並び、発生速度がワーストという欠点もあるが)
下Bは発生がすこぶる早い上昇中無敵のジャンプを行い、ワザ中に再度入力をするとやたら強力なバーストワザに、
下Bを押さずに相手に触れるとメテオに、しかも尻餅落下しないといった上Bじゃないのに凶悪な復帰ワザを持つ。
その上ワイヤー復帰、タイミングをずらす壁ジャンプといった多彩なルートで復帰阻止を許さない。
上Bはフィニッシュに使え横Bはリーチが長く近くの相手も突き放す…とすなわち 死に技がほとんど存在しない
そんな性能をまとめると 少し距離が離れればコンボに繋がる飛び道具が飛んできてガードを固めれば長く素早い投げが飛び、ジャンプすれば着地狩りにおびえるか長いリーチの攻撃を食らう
首尾よく吹っ飛ばしても 復帰阻止は非常に困難 と言う攻めれど待てども厳しいのが彼女の恐ろしさである。

弱点は上への復帰力が乏しいこと、
攻めこみ方が「飛び道具出すかDAするかD投げするか」と強い行動が突っ込むか待つかとなりやすいため読みを通されやすいところか。

ルイージ(スマブラfor)

ご存知、マリオの弟である緑の人気もの。米国版で「永遠の二番手」扱いされちゃったけど
マリオと技が被る部分も多いため、マリオ同様隙の少なく、発生も早めな技が多い。
しかもルイージ独自のワザはマリオ以上に隙が少ないワザが多く連射性も高いと手数では兄以上。
ファイアボールがマリオとは違いまっすぐ進むのと後隙が非常に少ないので相手の行動を制限し易く、
そこからガードを固め出した相手を掴むことで、兄同様…、いや、それ以上に強力なコンボを始動できる。
マリオよりも技の威力と吹っ飛ばしが強めになっているため、ルイージのコンボはマリオ以上に火力が高く、
更に 投げから下B、上Bで撃墜まで持っていける ため、撃墜のしやすさと火力がトップクラス。
…と、完全な投げコンボキャラと化していた。

そんなルイージも、Ver1.1.0で弾幕として重宝されたファイアボールの後隙が増やされたのを皮切りに、
その次のVer1.1.1では下投げと上Bに調整が入り、例の撃墜コンボに持っていくことがほぼ不可能になってしまった。
この有用なバースト手段を一つ失っただけでランクが大きく落ちたが、それ以外は(強化された点を除き)据え置きのままなので、
練習量が実力に比例するという、マメなルイージらしい立ち位置を得ているのかもしれない。 もう日陰者なんて言わせない!!

弱点としては機動力が空中、地上共に低く、スピードキャラ相手には若干追いかけるのに苦労する。
また、「投げが強い」と言う事で投げを徹底的に拒否されるのもツライ。

最下位キャラクター(スマブラfor)

本作はキャラバランスがそれなりに改善されているので下位キャラでも中堅ぐらいならどうにかなるが、
やはりトーナメントに多い上位キャラには厳しいのが正直なところ。
理由はどうあれ、『上位陣の動きについていけない』という欠点を持っていると弱キャラ認定されやすい。

とはいえ、デデデとガノンドロフは乱闘に特化したパワーファイター(とはいっても、同タイプのクッパとドンキーコングは中堅なのだが…)、
プリンは初代で公式に意図的に弱く設計されたキャラであるため、擁護できる点もなくはない……が、 ゼルダの性能が酷い

ゼルダ

地上空中共に低い機動力だが、魔法を駆使して高い攻撃力を発揮するという重量キャラに近いコンセプトの彼女。
しかし、重量級にありがちな「技が大ぶりで発生が遅い」という欠点はともかく、 攻撃判定が狭くてスカりやすい というのは頂けない。
おまけに、持続こそあるが無駄に技のモーションが長いことと身体のどっかがガラ空きになってるという欠点を抱えており、
空振りしやすいというのに、「空振り=反撃」という状況が他のキャラと比べて圧倒的に多く、おいそれと技が振れない。
特に下段への攻撃技の性能がすごぶる悪く足元がお留守になりがちで、緊急回避を狩るのも困難。
そうして当たった攻撃は火力も撃墜力も大して高くないというのだから救えない。オマケに軽くて吹っ飛びやすいというダメ押し。
結果として「 鈍重なのにたいしてプレッシャーも与えられない 」という重量級・軽量級の悪いとこどりの性能に仕上がってしまった。
上Bの性能は上がっていたりするが、全然追いついていない。

しかし、彼女の最大の問題点は 「シークに変身できなくなった」 の一点に尽きるだろう。
実は今までのシリーズもゼルダ単体で見れば 「最底辺よりはマシ」 というレベルの弱キャラだったのだが、
シークが強キャラだったDXはともかく、中堅まで落ちたXでは状況に応じて「 シークと使い分ける 」ことで強みを発揮できた。
それが取り上げられてしまった本作ではもはや為す術なし。
代わりと言って新たに追加された下Bは、牽制にも撃墜にも使いづらい死に技レベルの性能だった。
そしてなによりも、 バージョンが変わっても肝心な部分が強化されなかった という開発陣からの愛の少なさが一番の欠点かもしれない……弱キャラの大半に言えることだが

プリン(スマブラfor)

公式に弱キャラとして設定されているため、本作でもぶっちぎりの最弱キャラに落ちぶれている。
とにかく「 軽い、リーチが短い、移動スピードが遅い 」の三重苦である。
ダッシュ速度に関しては全キャラ中ワースト2位であり(最下位は『for』から追加されたルフレ)、空中移動も制御は優れているが純粋なスピードは地上時より「少し」速い程度。
さらに 移動スピードが横回避連打と同じ速度 なので 大体のキャラの後ろ回避に追いつけない

それでも攻撃性能は強化されたので前作『X』とは違ってなんとか戦える性能であり、
なにより本作での下B「ねむる」は判定がかなり拡大され使いやすくなっている。
地上戦がメインの本作において、得意の空中戦で翻弄し、「ねむる」によるワンチャンを狙っていこう。