ヨハン(サガフロンティア2)


「ギュスターヴ様は中へ。私に、ここで敵を防げとお命じ下さい。」

スクウェアの架空歴史物RPGである「サガフロンティア2」のギュスターヴ編に登場するキャラクター。
レイドラボスのヨハンの方をお探しの方はこちら

元々は「紅いサソリ」と呼ばれる暗殺集団の一人だったが、そのあり方に疑問を感じ脱走を図る。
サソリに入る前はヨハネという名前だったが、長期の逃亡生活で力尽きる寸前にギュスターヴに助けられ、
その際に思わずヨハンと名乗り、ヨハネの名を捨てて以後ギュスターヴの守り人として生きることになる。
でもそれ語源的には同じ名前なんじゃ…

赤いマフラーがトレードマークで、服装も派手目で一見暗殺者とは思えないような格好をしている。
これにはちゃんと理由があり、サガフロ2の世界の住人は目だけでなくアニマ(魔力のようなもの)で人を感知することができるため、
わざと派手な格好をして人の目を引き、アニマを目立たせず暗殺行為を行いやすくするためのものである。
MUGENにたくさんいる忍んでない忍者達とは事情が違うのだ。
ギュスターヴは生来アニマを持たず視覚だけで人を発見するため、アニマを消して行動するサソリの暗殺術が通じなかった。
それがヨハンの命を救うことになる。

+ ヨハンの顛末ネタバレ

(以上、RPG大辞典倉庫LV.4(仮)より抜粋、一部改定)

原作での性能

端的に言って強キャラである。
全キャラ中でも上位に位置する剣技の使い手であり、使い手の限られる体術にも秀でる。
では術はどうなのかというとこちらも屈指の実力であり、
あらゆる術の資質(才能のようなもの)を持っているため術師としてもトップクラスである。
また、ヨハンのみが習得している特技烈風剣と、
ヨハンが初期から所持しているロール(キャラ固有の戦闘スタイルの様なもの)であるが極めて強力。
前者は本作の剣技では貴重な超特大範囲攻撃であり、威力も高い優秀な技。
術技と呼ばれる術と技のハイブリッド特技であるため、いずれにも精通するヨハンならではの剣技である。
後者は戦闘中の自然回復が消失する代わりに、 あらゆるコマンドの威力が1.5倍になる という恐ろしい代物。
タイムアタックや最大ダメージへの挑戦などでは欠かせないロールでありもちろん通常プレイでも非常に有用である。
弱点はLP(生命力)の低さ。
本作からMUGEN入りしているコーデリアのLPが13~14とほぼ本作の平均値であるのに対して、
ヨハンのLPは 6~7 とたった半分しか無い。これは名前付きのキャラではワースト1位である。
トップの連中は21~23を誇ると言えばいかに低いかが分かるだろう。
HPも加入時期に比して少々低めである。
とはいえ、全体的に非常に優れたキャラクターであるのは間違いない。
パーティメンバーとして使用できる期間がかなり短いのは残念である。

MUGENにおけるヨハン

IF氏の制作したヨハンが存在したが現在は入手不能。
ドットは原作のデュエル中のもの。

原作で使用した剣技だけでなく、体術、術、合成剣技や補助コマンドなども網羅しており、技数が非常に多い。
ゲージ技だけで20種類もあり、得意の烈風剣やギュスターヴが駆けつけてくれるカムイなどがある。
「-3.txt」をいじることで、ボイスの有無や細かい設定などを変えることが可能。
AIは募集中であるが、狸田太一氏による大会用簡易AIが公開されている。

また、デフォルトでのボイスも氏が担当している。


「来い、モンスターども。私の暗殺術のすべてを見せてやる!」


出場大会






添付ファイル