ゲッコウガ

分類:しのびポケモン
タイプ:みず・あく
身長:1.5m
体重:40.0kg
特性:げきりゅう(HPが1/3以下のとき水タイプの技の威力が1.5倍になる)
隠れ特性:へんげんじざい(出した技と同じタイプに変化する)

任天堂のRPG『ポケットモンスター』に登場するポケモンの一匹。第6世代(X・Y)にて登場。
カロス御三家であるケロマツの最終進化形態。
オタマロ以来となるカエル系生物をモチーフにしたポケモンである。
進化前の泡マフラーはなくなり、代わりに舌を首に巻いている。忍者のように神出鬼没のポケモンであり、素早い動きで翻弄しつつ、
太股表面から分泌する粘液を圧縮形成して作り出す、金属すら切り裂く水の手裏剣を飛ばして攻撃する。

(以上、Wikipediaより一部抜粋・改変)

ネット上では忍者ポケモンなことと、そのタイプから「卑劣様」と呼ばれたりしている。
元ネタは本家卑劣様ことNARUTOの二代目火影千手扉間。
ニンジャ故に不可避の忍殺ネタではムーンタスクなんて呼び名もある。
「ムーンタスク?ムーンライトタスクではない、ナンデ?」「字数が丁度いいから」「ナルホドナー」
ほかには公式アートワークのポーズがこれに似てると言われることも。
また、ゲッコウガを表す顔文字として「◥ θ┴θ◤」も存在する。


原作中の性能

HP:72
攻撃:95
防御:67
特攻:103
特防:71
素早さ:122
合計値:530

水タイプ御三家のなかでは唯一と言っていい、高速アタッカー特化のポケモン。
攻撃面も、忍者らしく多彩な技を覚え、物理は準専用の先制技「みずしゅりけん」のほか、「アクロバット」、「とんぼがえり」、
特殊はタイプ一致の高威力技「ハイドロポンプ」、草タイプ対策の「れいとうビーム」などがある。
補助技も、専用技の「たたみがえし」のほかに「まきびし」、「どくびし」、「みがわり」など、有効的かつ忍者らしいものが揃っている。
初出の『XY』では強力な物理技を習得できないため特殊型ばかりだったが、『ASOR』では教え技が充実し両刀型が主流となった。
しかし、このポケモンの真の特徴は隠れ特性の『へんげんじざい』。
常にタイプ一致となることで、自分の使う全ての攻撃技が1.5倍補正がかかるだけでなく、
相手の使用する技のタイプを見極めて相性の悪いタイプに変化させることで、防御にも転用できる。
攻守ともに有用な特性……ではあるのだが、逆に相手に変化させるタイプを読まれてしまえば、
弱点を突かれて、余計なダメージを負う場合もある。
そのため、プレイヤーの『読み』の力量がダイレクトに反映される、上級者向けのポケモンと言える。

後述のサトシゲッコウガは、『SM』の特別体験版で使用可能なゲッコウガの専用特性『きずなへんげ』により、敵を倒すとフォルムチェンジするという仕様で実装された。
このゲッコウガは体験版をある程度進めると製品版に送ることが出来るが、夢特性と違って遺伝出来ず、またレーティングバトルでも伝説のポケモンと同様に使用出来ない、とことん特別な仕様となっている。


メディアミックスにおける活躍

アニメ版では、サトシの手持ちであるケロマツが進化する形でレギュラーとして登場している。
余談だが、「サトシの手持ちである水タイプ御三家は進化しない」というジンクスを初めて打ち破ったキャラでもある。

  • サトシゲッコウガ
ゲッコウガとサトシの感情がシンクロした際に変身できる形態。
戦闘力が飛躍的に上昇するが、ゲッコウガが受けたダメージをトレーナーであるサトシも受けるリスクがある。
また、サトシやゲッコウガの体力を多大に消耗させるため、長時間の維持は難しい。
しかし、これらのリスクを差し引いても余りあるほど凄まじいスペックを発揮でき、
劇中では、カロスチャンピオンのカルネ相手に互角以上に渡り合った。
(アニメではゲームと異なり、四天王やリーグ関係者とサトシの間には、プロ野球と草野球レベルの実力差がある)

登場時点ではゲームに登場していない形態であり、この現象を見た周囲からは「サトシとゲッコウガの合体」「ストーンを用いないメガシンカ」などと考察されていた。


大乱闘スマッシュブラザーズ』シリーズにおけるゲッコウガ

『大乱闘スマッシュブラザーズFor3DS/WiiU』から新規参戦。声優はアニメ版と同じくうえだゆうじ氏。
スマブラfor発売当時のファイター中最新キャラとしての登場と相成った(現在はDLC追加キャラである『FEif』のカムイに抜かれ2番目)。
忍術やみずタイプのワザ、更にはスマブラオリジナル要素として、圧縮した水を刃のように振るう「水小太刀(みずこだち)」を操る。

性能は機動力特化ながらも比較的スタンダードで、忍者らしいダッシュ速度とカエルらしいジャンプ力を併せ持つ。
キレのいい飛び込みからの空対地コンボが優秀で、一気にダメージを稼ぐ手段に長けている。低い体勢による喰らい判定の小ささも強み。
……と長所を挙げてみたが、スピードタイプにしては攻撃速度が並以下、リーチが短い、比較的吹っ飛びやすい、お手玉に弱いなどの弱点もある。
足を止めて殴り合うより引っ切り無しに動き回る方が強い、というのも忍者らしい。
必殺ワザなども含めて操作難易度は高いが、やり込むほどに味が出てくる上級者向けのファイターと言えるだろう。
ちなみに下アピール攻撃判定がある

+ 各種必殺ワザ(以降「B」と表記)

アップデートによる性能の変化が激しく、当初は喰らい判定や攻撃速度の壊れ具合から最上位クラスに立ったかと思えば
それらをまとめて修正され下位にまで落っこちたりもした。
その後は徐々に細部を強化され、現在は中堅上位あたりまで持ち直している。

また桜井政博氏曰く、「スマブラ参戦はポケモン側のスタッフとの打ち合わせによって『ポケモンXY』発売前から内定していた」、
「参考資料がイラストくらいしか無かったので体術等は自分の創作が大きい」とか。

余談だがナレーションのコールが独特。 ゲッコウガァ・・・


MUGENにおけるゲッコウガ

+ 紹介動画(youtube)


CS-X-TBM氏が製作したβ版が公開中。
やはり、忍者らしく機動力に秀でているキャラであり、
一瞬で画面の端から端へ移動できるほか、空中ダッシュも搭載されている。
性能も、設置技の「まきびし」や一時的に姿を消す技などトリッキーな技がある一方で、
ソニックブームっぽい飛び道具の「みずしゅりけん」、当て身技の「ねっとう」など、
正攻法で戦っても十分強い技が備えられている。
「たたみがえし」は、地面をめくり上げて空中に吹っ飛ばした相手に怒涛の連撃を浴びせる技となっている。

出場大会

  • 「[大会] [ゲッコウガ]」をタグに含むページは1つもありません。