マグナディウエス



「虚無の彼方に儚く散るか……さあ、始めよう」


テイルズオブシリーズの一つ『テイルズオブデスティニー2』に登場するキャラクター。通称マグナ様。
隠しダンジョン「アクアラビリンス」の最深部に封印されている闘神であり、同作の最強にして最後の隠しボス。
つまりはリメDにおけるバルバトスと同ポジションのキャラである。CVは千葉一伸


数十万ものHPや高い攻撃力を持つが、その最大の特徴は初見殺し。
まず開幕と同時に冒頭の台詞と共に「ラスト・ヴァニッシャー」を発動し、 パーティ全員のHPを1にする
発動後はしばらく煽りながら様子見してくれるが、
全体回復晶術のリザレクションで纏めて回復しようとすると 「リザレクション‥?退屈な奴らだ」 のウィンドウと共にカウンターを発動、
無敵になりつつ気絶弾乱射→インブレイスエンド→アクアリムスのコンボを決めてくる上、
PS2版では中断セーブから何度も再開できないため入り口からやり直しになり、台詞通りここまで潜った努力を水の泡にされる。
つまり開幕ラスヴァニを阻止出来れば試合開始、阻止出来なかったらリザレクション以外で一人ずつ回復してからようやく試合開始となる。

他の特徴としてその大きさや重厚そうな外見と裏腹に 作品中最も軽く
SP(スピリッツポイント、技の使用や命中率・回避率に関わるポイント)の回復速度が遅い上に
こちらが攻撃を当てる毎にSPが減っていく というものがある(通常は被弾ごとに上昇するため マグナ様に不利なだけの特徴 )。
回避は高いもののSPが低ければ飾りにしかならない仕様なので、術からコンボを繋げばその利点は無いも同然で、
防御も耐性もそこまで高くないので一度当てれば簡単にコンボを繋ぐ事ができ、割と減らすのは簡単。
その代わりSB(詳しくは下記)というシステムの関係でお手玉状態を維持するのは不可能となっている。
ただしその軽さ故に一部キャラの秘奥義がちゃんと入らない事も。
また軽さに比例して移動速度も早く、一瞬で距離を詰めたり離したりする。
技は多段のためガードが難しいビーストロアー、猛毒を与えHPが低いほど攻撃回数の増えるスネークバイト、炎で後衛ごと焼き払うドラゴンキャノンと強力で、
SPが少ない状態だと上級晶術連射に戦法を切り替える。詠唱中は味方の術に数回耐える剛体を持つが打撃なら簡単に潰せ、
高速後退直後や下記のSBで潰せなかった場合でも発動前に術に応じた台詞を言うのですぐに動けば避けられる。
晶術の威力を決める知性も物理技の威力を決める攻撃ほどは高くないので時止めなどで食らってもそうそう即死はしない……のだが、
避け損なった場合難易度Easy以外だと具現結晶(上級晶術から派生する最大技)まで繋げてくるため注意。
またSPが低下するとこちらを吹き飛ばしつつSPを回復するスピリッツリバース(通称湯気)も使ってくる。

HPが75%を切ると魔法陣の中に特殊効果を及ぼすFOE(フィールドオブエフェクト)を3種類の中からランダムに自分の周囲に展開するようになる。
一つ目は定期的に範囲内のキャラを全回復させる 「情けをかけてやろう」 。唯一当たりのFOEで マグナ様には一切メリット無し
二つ目は範囲内のキャラの防御力を大幅に低下させる 「苦しむヒマを与えぬも慈悲か」
前衛へのあらゆる攻撃が致命傷に変わる。特にビーストロアーが凄まじく、ガードしていても一気に減る。
三つ目は範囲内の時間を止める 「貴様の<時>を頂く」
範囲こそ狭いが前衛が置物と化すため、無防備にスネークバイトを食らえば死にかねない。
対策としてはFOEを使われる瞬間に低姿勢になる行動を取るというものがあり、うまくいけば停止中にマグナ様の使ってくる技を避ける事が可能。

HPが50%を切ると通常は攻撃を当てる、当てられる、防ぐといった行動でのみ溜まる隠し数値のブラスターカウントが高速で溜まるようになり、
何もしなくても十数秒でSB(スピリッツブラスター)が発動するようになる。
SBに突入すると一定時間アーマー化しつつSPがMAX固定になってガード削りが上がり、またSB突入後即座にFOEを使ってくるので非常に厄介。
特に高難易度だと先述した慈悲+ビーストロアーと時止め+スネークバイトが食らう=死レベルになる。
その代わり「詠唱の高速化+アーマー化による術の凶悪化」というSBの利点は一切生かしてこない点は非常に助かる。

HPが25%を切るとエンチャント・ダメージを使用、TP(テクニカルポイント、晶術発動に必要なポイント)の回復速度と攻撃力が跳ね上がる。
ここまでくればあと一息だが、この辺りからスネークバイトの最後に遠く吹き飛ばすようになるので後衛まで一気に詰められて全滅なんて事も。

注意点としては上記のリザレクションカウンターともう一つ、背後に回るとカウンターしてくる事。
TPが40以上の時にマグナ様の後ろに回ってしまうと 私の背後に立つな・・・ というウィンドウと共に無敵化しつつ気絶弾を乱射、
そこからクレイジーコメット→トゥインクル・スター→ミックス・マスター→プリンセス・オブ・マーメイドで全滅する。
背後に回ると言っても攻撃や回避で背後に回るだけでなく、マグナ様の後ろのキャラを蘇生する、
エンシェントノヴァや具現結晶でマグナ様を吹き飛ばす、エンシェントノヴァでマグナ様吹き飛ばすといった場合でもカウンターする。マジ理不尽。

そんな強さを持ちながらも 「見せようか我が力 の欠片 」「全力を望むか?それは無理な相談だ……」 等の台詞から分かるように、どうも手加減しているらしい。
行動においても開幕のラスト・ヴァニッシャー後に即追撃をしない、戦闘中に敵を全回復するなどその傾向がうかがえる。
隠しボスながら特に作中の登場人物と因縁があったり世界を危機に陥れたりする事も無く、ただやってきた主人公達と真っ向勝負をするのみ。
加えてアクアラビリンスは周回型のダンジョンであり、周回する程に入手出来るアイテムが豪華に、敵が強くなっていく(マグナ様含む)ため、アイテムの目当ての場合にはマグナ様とは何度も戦うことになる。
本作の戦闘システムは敷居こそ高いもののシリーズ中でも屈指の完成度を誇る事もあり、最強の敵である彼と何度も戦う為にも今日もどこかでプレイヤーが迷宮に潜り続けている……かもしれない。

実際これまでのテイルズの「敵と味方のどちらがお手玉になるかの勝負」が最終的な到達点だったボス戦とは非常に異なり、ボス側の防御性能は極端に低いがそれをSB頻発で補うため、どんなに工夫をしようと「敵味方それぞれに攻めやすい場面がある」というメリハリの付いた戦闘ができる点は非常に目新しかった。
難解な戦闘システムを隠しダンジョン最深部まで楽しんできたプレイヤーへの最高のおもちゃプレゼントと言える。

その強さ、台詞、デレ行動、専用BGMなどから人気も高く、しばしばお祭りゲーへの出張も希望する声が上がるが実現はしていない。
まあD2のその枠はが出ずっぱりだしねぇ……。
PSP版では下の動画サムネであるカットインが追加された他、イラスト本という追加要素にデフォルメキャラとして他のキャラとともに描かれている。
専用BGM

余談だが配色や時止め、CV(3部ゲー)と何かとDIOとの共通点が多く、元ネタではないかとも言われている。

MUGENにおけるマグナディウエス


ガープグラシャラボラス、その他テイルズボス再現東方キャラを数多く製作したsoruzin氏により2016年3月9日に公開された。
氏曰くM空の記述使い回しで作ろうとしたら空の大きさに合わせて弄ってたから結局ほぼ一から作り直したとのこと。
M空と比べるとSPゲージが搭載され、エフェクトも多くがTOD2準拠のものに変更されている。

今のところ一部具現結晶を除いた全ての技が搭載されており、原作の挙動を再現したデフォルトAIも搭載。
アクアラビリンスの仕様を再現したラウンド2以降に攻撃力が10%ずつ上がる周回補正も搭載している。
オプションではSB必要値や行動毎の間の他、開幕ラスヴァニや各種カウンターが設定可能。
体力も高く(Life4000)、ランクとしてはデフォルトでも狂上位クラス。

同年5月1日の更新でエクセキューションに具現結晶ルナシェイド、インブレイスエンドには具現結晶アクアリムスが搭載された。
今までの氏のキャラに搭載されていた具現結晶と違い使用時には原作の精霊が攻撃する。
更にオリジナル秘奥義としてエレメンタルマスターが搭載された。
こちらは現在の所単体使用の他、上記2つ以外の晶術ヒット時に派生して出す事も可能(その場合は具現結晶同様の演出が入る)。
この更新で搭載された技は派生前と合わせればいずれも通常キャラなら10割超えのため、原作同様晶術は死ぬ気で避けなければならなくなった。
なお単体ダメージはアクアリムスが996+4割回復、エレメンタルマスターは2200、ルナシェイドに至っては 4500 となっている。
それに伴いオプションの項目に具現結晶の使用および必要ゲージ無視の可否、オリジナル技を使うか否かが追加された。

同月22日の更新で性能が調整され、より原作に近づいた。
ビーストロアー、スネークバイト、エレメンタルマスターの根本判定が狭くなり、時止めの際に潜り込んで避けやすくなった。
また具現結晶の威力が下方修正され、アクアリムスが564、ルナシェイドが990とかなり落ち着いた。
ぶっちゃけ以前のは間違ってアクアラビリンス8週目(攻撃・知性1.7倍)準拠にしてたらしい。
これに合わせ派生版エレメンタルマスターも晶術準拠ダメージに変わり、812と大幅に低下した(秘奥義版は以前と同様)。
エレメンタルマスターは他にも発動後に大きな隙が出来たり発動中FOEの経過時間がカウントされないようになったりと多々変更されている。
この他、オプションでラウンド移行時の 「フッフッフ……さぁ、また繰り返すのか?」 という台詞を切る事が出来るようになったほか、
おまけ要素としてスネークバイトの毒を原作準拠の猛毒(Life1000なら60ダメージ、毎秒3割強)に出来るようになった。


「つまらん……意味のない時間を過ごした」

出場大会





添付ファイル