婁震華


この体を流れる血の全てを殿下に捧げ尽くす事こそ、
至上の悦びにございます!


原作でのキャラクター

アニメ「ケイオスドラゴン」の登場人物。CVは内田真礼。「ロー・チェンファ」と読む。
世界を支配する大国「黄爛」の宗教組織〈八爪会〉に所属する武装僧侶。
意志を持つ魔剣「七殺天凌」(CV:関智一)に魅入られており、殿下と呼んで溺愛している。
ありとあらゆる標的を確実に葬り去る凄腕の暗殺者であり、闇の世界でその名を知らぬ者はいない。

この魔剣、「七殺天凌」は「チーシャーティェンリー」と読む。
刀身を見た者を魅了する妖しい力を宿すためか、戦闘時以外は棺桶の中にいて、婁と会話をする際も念話を使う。
斬殺した相手の魂を喰らい力に変えるという文字通りの魔剣であり、現在は凄腕の剣士である婁に食事を給仕させている。

戦闘スタイルは自身の体内で気を練り上げての格闘技、というより完全な武侠そのもの。
軽功で戦場を縦横無尽に跳び回り、百歩神拳で遠当て、近距離でも徒手空拳で大概の相手を打倒できる。
「七殺天凌」がその性質上、刃を目撃した相手全てを魅了してしまうため、抜剣は必殺の時のみに限定される。
それでもなお単純戦闘能力では、作中登場した人物の中でも上から数えた方が早い強者である。

もともと婁は八爪会の暗殺者として数々の困難な裏仕事に従事してきた工作員であったが、
ある将軍を暗殺すべく接近した際、将軍が美術品として保管していた「七殺天凌」に一目惚れ。
関係者を皆殺しにして魔剣を手中に納め、以後の全生涯を魔剣に費やすと誓った文字通りの 恋する乙女 である。

「七殺天凌」へ魂を捧げるのに都合が良いということで以後も八爪会に所属し続けて任務に従事しており、
敵国「ドナティア帝国」と領有権を巡る、物語の舞台「ニル・カムイ島」を訪れたのも八爪会から任務を受け、
ニル・カムイ島を守護する「赤の竜」が狂乱した原因を突き止め、沈静化不可能なら竜を討伐する為である。

ニル・カムイの王となる運命を背負った少年・忌ブキを年上の女性らしくからかったり、
ドナティア最強戦力の黒竜騎士であるウルリーカや、同じく黄爛の女将軍である楽紹とも仲良くするような素振りを見せたが、
無論、婁としては自分が「七殺天凌」を用いて赤の竜を殺し、彼へその魂を捧げることが目的であり、他は二の次。
竜の首を狙って単独行動を繰り返し、やがて「使用したあらゆる道具を破壊してしまう」呪いにかかった黒竜騎士スアローと対立するようになる。

+ ネタバレ

+ 余談

MUGENにおける婁震華


「魂とはそれほどに重い。故に甘美」

「ええ、殿下。それは何とも恐ろしいもの……」

島風アカメを制作したAnT★R_M氏の手書きのものが存在する。
魔剣「七殺天凌」の斬撃が中心のコンボキャラ。
一部の技にはアーマー属性が備わっており相手の攻撃に有無を言わさず一方的に鎮圧することが可能。
デフォルトでAIが搭載されている。
基本戦略はアーマー属性技を駆使して ゴリ押しで鎮圧 する戦法を主眼としているため弾幕主体とするキャラには相性が良く、一方の投げ技系には相性が悪いが、しかしほぼ空中にいることが殆どなので地上専用投げしかないキャラには脅威ではなくむしろカモにできる。
従って最も厄介なのは空中投げ持ちキャラである。
カラーパレットによって性能が変化し、
  • 1~3P 凶上
  • 4~6P 狂下
  • 7~12P 狂中位
となっている。
ライフバーの近くに現在のランクが表示される。



出場大会





添付ファイル