宇佐見菫子


「異世界の貴方に教えてあげる
 外の世界で唯一無二の最強無敵の種族の事よ!」


『東方project』第14.5弾にして弾幕アクション第5弾「東方深秘録 ~ Urban Legend in Limbo.」のラスボス。
「うさみ すみれこ」と読む。
東深見高校に通う一年生で、非公認オカルトサークル『秘封倶楽部』の設立者。
つまり外の世界に住む人間であり、シリーズでは旧作以来となる人間のラスボスである。
「超能力を操る程度の能力」を持つ超能力者(「頭が頭痛で痛い」ような説明だが公式)で、念動力を得意とし、空を飛べる。
二つ名は「深秘を曝け!秘封倶楽部初代会長」。テーマ曲は「ラストオカルティズム ~現し世の秘術師」。

2本に結っても尚目立つボリューミーな茶髪に、白いリボン付きの黒いシルクハットを被り、
菫色のチェック柄の学生服を着て、下部のみが縁取られた赤い眼鏡を掛けている。
黒いマントの裏地は赤色でルーン文字が浮かんでいる。制服以外は奇術師のような格好。
今時の女子高生らしく、スマートフォンを所持している。

+ 詳細な原作設定

+ 二次創作での扱い


MUGENにおける宇佐見菫子

禍雨心傘等の東方改変キャラで知られる黒巻氏により製作された、深秘録のスプライトを用いたものが存在する。
原作ではマントの裏地にテクスチャを透過しているが、ドット絵に直接その模様を貼りつけることで疑似的に再現している。

2016年4月13日に公開された時点ではテスト版ながらも、問題無く戦える程度に技数は揃っている。
例によって空中戦でなく地上戦主体の仕様。
各種動作は原作のものを再現しているが、性能は別物と考えて良い。
元々がリーチ重視のキャラで、WinMUGENにズームイン・アウトが無く、霊力ゲージも省かれた結果、制圧力が非常に高い。
独自要素として原作のミステリースポット(『緋想天』でいう気質のようなフィールド効果)を反映した超必殺技が存在。

AIは未搭載だが、Air氏によるAIパッチが公開されている。
ReadMeには並キャラと書いているが、Ogreボスハルクに勝てるため凶には入ると思われる。


他にも、Gudine氏による海外産のものが製作されている。


「あーあ、目が覚めたら現国かあ
 あれ超つまんないのよね 」


出場大会





添付ファイル