イエローレンジャー

日本の『スーパー戦隊シリーズ』のリメイク作品であるアメリカの特撮番組『パワーレンジャー』シリーズの1作目、
Mighty Morphin Power Rangers』に登場するキャラクター。
『恐竜戦隊ジュウレンジャー』のタイガーレンジャーを原典としている。
初代変身者は東洋人のトリニー・クワン。後にレンジャーを引退した後は、アイーシャ・キャンベルが後任を努めた。

固有武器は2本の短剣「パワーダガー」(サーベルダガー)。
専用ゾードはセイバートゥースタイガーダイノゾード(守護獣サーベルタイガー)。

余談になるが、原作におけるタイガーレンジャーの変身者は男性にもかかわらず、本作では女性である。
それに限らず、初期のパワーレンジャー作品では、米国では人権問題に敏感なためか、男女比3:2にそろえようとする傾向があり、
男性比が多い戦隊では原作で男性が変身する戦士をパワレンでは女性の変身者として設定するケースがいくつかある。
そして、その度に決まって性別が変えられるのは「黄色の戦士」であった*1


MUGENにおけるイエローレンジャー

Duck@ss氏の制作したキャラクターが公開中。MUGEM1.0専用。
クソゲーと名高い ファミリーコンピュータ作品『恐竜戦隊ジュウレンジャー』のドットが使用されている。
攻撃技は、銃から放つ光線の飛び道具と、ダガーで切りつける近距離攻撃の2種類のみ。必殺技は未搭載。
格ゲーキャラとしては技の少ない部類に入るが、原作がそんなもんだからしょうがない。
というか、元ゲーでは武器の切り替えが不可能なので、これでもまだマシになったほうであり、
原作再現を突き詰めたことで逆にネタ色の濃いキャラになっている。

出場大会

  • 「[大会] [イエローレンジャー]」をタグに含むページは1つもありません。


*1
余断ではあるが、『忍者戦隊カクレンジャー』のパワレン版であるエイリアンレンジャーには
原作と同様にイエローもいるのだが、原作と同様に男性である。
また、『獣電戦隊キョウリュウジャー』のパワレン版である『パワーレンジャー・ダイノチャージ』及び
『パワーレンジャー・ダイノスーパーチャージ』では原作同様イエローが不在のため、男女比4:1のままである。