イヴ(BLACK CAT)


「私、まだ実力でトレインに勝ってないから」

『週刊少年ジャンプ』に連載していた矢吹健太郎作のアクション漫画『BLACK CAT』に登場するヒロイン。リンスレットは?
血液型はAB型。身長144cm。体重36kg。年齢は推定11歳らしい。
アニメでの声優は福圓美里氏。

闇の武器商人、トルネオ=ルドマンの元にいた研究者チームによって生み出されたナノマシン生体兵器。
初登場時は、トルネオの元で感情なく人を殺す殺人兵器として扱われていたが、
主人公トレイン=ハートネットの相棒スヴェン=ボルフィードに出会い、彼との接触で自我が芽生え、
彼が示す自由を欲し、以後トレインとスヴェンと共に行動し掃除屋としての道を歩む事になる。

体の中から無尽蔵にナノマシンを生成することが出来、それらは血液中を通って体の中を駆け巡っている。
また自ら望む性質のナノマシンを生み出し操作することも可能で、体を変身(トランス)させることで様々な形態で戦う事が出来る。
それらはイヴの知識や人格が成長していくにつれ、変身の速さや精密さが向上するため、本人の成長と共に戦闘力も上がる。
序盤は自分の腕を刃に変えていただけだったが、背中から羽根を生やして空を飛んだり、
髪の毛を変化させ拳を作り攻撃したり、その変身能力は作中でも多数。
着ている服もナノマシンで分解・再構築出来るようで、作中でも人魚(マーメイド)に変身する際服装を鱗等に変えていた。

心の成長と共に体も成長していくようで、トルネオの元にいた時は年齢が11で止まっていたが、スヴェン達と共に行動していき、
その短い間に急激に体も成長していた。
物語終盤で過去の自分と一緒に並ぶ場面があり、その絵を見てもその差が見られる。
実は、トルネオの元にいた研究者のリーダー、ティアーユ博士の遺伝子を基に作られたクローンであり、
外見の特徴は非常に酷似している。

性格は基本的にクールだが優しい一面がよく見られる。たまに子供っぽい所も。
自分を救ってくれたスヴェンには心の底から感謝しており、とても慕っている。その関係は親子に近い。
いつかスヴェンのパートナーになるため、現パートナーのトレインをライバル視しており、何かと突っかかる子供っぽい所も見せるが、
イヴが窮地に立たされるとトレインが助けてくれる場面が多く、実際は物凄く信頼している。

物語の最後では、一人前の掃除屋になるためトレイン達と仕事をしているが、どうやら身長が足らなくてライセンスがとれない様子だった。
しかし、後に描かれた読み切り版で遂にライセンスを取得。身長の問題はクリアできる程に身体が成長した模様。

その設定や戦い方、キャラクターの性格から察するに、元ネタはスクウェアのゲーム『ゼノギアス』に登場する少女「エメラダ」だと思われる。

+ 同作者の次作では…


『ジャンプスーパースターズ』でのイヴ

ニンテンドーDSのゲーム『ジャンプスーパースターズ』では、
まさかの主人公であるトレインをサポートキャラに押し出し、たった一人バトルキャラとして登場した。
性能はスピードタイプで扱いやすい技が多いが、その分体力の基本値が最低クラス。ナノマシンの効果で微量回復はするがあまり発揮する場面はない。
リーチが長い技と、敵を吹っ飛ばしやすい技が揃っており、タイマンならかなりの強さを発揮するが、乱戦には溜めが大きい必殺技が仇となり不向き。
三段ジャンプで乱戦からの脱出も容易だが、空中技の性能はそれほど高くないため油断は禁物。
ヘルプで空中ダッシュを付け、敵の様子を窺いながら牽制し、隙あらば吹っ飛びが強いランス等を使っていくのがベスト。
壁際ではゴールドラッシュが強く、敵をそのまま外に押し出しすことが出来る。戻ってきたら羽根を当ててそのままリングアウトも可能。


MUGENにおけるイヴ

『ジャンプアルティメットスターズ』のドットを使ったものがZ.A.I.氏によって作成された。ドットはJUSだが性能はオリジナル。
リーチの長い「髪の毛パンチ」から始まり、投げ技や無敵付き昇竜である「フェザーアッパー」、
溜めは長いがガー不でダウン追い打ちも出来る「ハンマー」等、技は使えるものが揃っている。
ゲージ技は判定が強い「ゴールドラッシュ」、飛び道具技である「フェザーブレット」、速い突進系技「ランス」等。
同氏作のトレインと比べ機動力が低い代わりにジャンプが三回出来るのが特徴。
最新の更新で、PS2のゲーム『機械仕掛けの天使』のボイスが搭載された。

AIは搭載されていないが、KURON氏によるものが存在する。5段階にレベル調整が可能。
蓬莱氏のAIも存在したが、現在は公開されておらず入手不可。


出場大会

更新停止中
凍結



添付ファイル