ザ・ハンド

マーベルコミックスに登場する忍者集団。漫画『ジョジョの奇妙な冒険』の登場人物「虹村億泰」の持つ能力(スタンド)と同名だが、無関係。
映画やドラマ版では「ヤミノテ(闇の手)」と表記されることもある。

日本を本拠地にしており、リーダーはマツオ・ツラヤバ(現在は死亡している)。
マーベル世界ではかなり有名な犯罪者組織でもあり、ジャパニーズ・ヤクザはもちろんの事、
世界各地の裏社会につながりを持っている。
起源は16世紀の日本まで遡り、カゲノブ・ヨシオカの手によって誕生した。
元々は普通の忍者組織だったが、ザ・ビーストという悪魔(まぎらわしいがX-MENのビーストではない)から魔術を授けられ、
邪教集団に生まれ変わる。
その秘法は肉体強化から死者蘇生まで多岐に渡ると言われている。

日本の組織にしては出番は結構多く、スパイダーマンX-MENアベンジャーズなどの
著名なマーベルヒーローズの大半は一戦を交え、何がしかの因縁を抱えている。
その中でも、デアデビル、エレクトラ、サイロックは一度は組織に所属し、キャラクターの根幹に関わってくるなど
かなり根深い関係であることがうかがえる。詳しくは該当ページなどで調べるといいだろう。
また、ミュータントタートルズの敵組織フット団の元ネタ(手→足)としても有名なのだが、日本ではパロディ側の方が元ネタより知名度が高いという、
どこかのヒーローみたいな事態になっている。

その特徴は何と言っても人海戦術である。
登場すると大概は赤装束(たまに黒)の忍者が一斉に群がってヒーローに襲い掛かってくるため、
ページが忍者で埋め尽くされる。その様は必見。

格闘ゲームにおけるザ・ハンド

カプコンのゲームでは、『X-MEN vs. STREET FIGHTER』のキャミィのエンディングに出演している。
シャドルーの洗脳が解けて記憶を失ったキャミィを騙して勧誘しようとしたところをサイロックに叩きのめされた。

MUGENにおけるザ・ハンド

buanbuan氏によるボーナスステージキャラが公開されている。
龍虎の拳』のボーナスステージ「体力鍛錬の行」の改変で開始時に「体力鍛錬の行」としっかり言ってくれる
30秒間に左右から湧いてくる忍者達を倒し、その数を競う。
出て来る敵は徒手空拳で戦う普通の忍者一回り大きいマッチョな巨漢忍者に、素手の他に刀や鉤爪を使う武装忍者の三種類。
他はともかく不破は一発で分かるのでバイトに来てるように見えてしまう
キャラにそれほど大きな差はなく、大体強攻撃一発で片が付く。
ただし、投げは無効であるため投げ技主体のAIだと記録を思うように伸ばせないかもしれない。
プレイヤー自らが操作して画面に溢れる忍者達を蹴散らして行くのが一番だろう。

そのほか、Wucash氏&UltimateTeam製作のデッドプールの超必殺技の一つに、デップーの知人の戦闘員ボブがトレインしてきた
大量のザ・ハンドに対戦者を引き潰させるものがあったりもする。OH,NINJAS!

出場大会

  • 「[大会] [ザ・ハンド]」をタグに含むページは1つもありません。



添付ファイル