ルミネ(ロックマンX)


「世界は変わったのです!」

「生命がより進化した生命にとって代わられるのは自然の摂理です!」

「大人しく滅んでおしまいなさい!」


CAPCOMのアクションゲーム『ロックマンX8 -PARADISE LOST-』に登場するキャラクター。
CVは野田順子女史

原作でのキャラクター

本編より少し前に生み出された「新世代型レプリロイド」の1人。
彼自身は8大ボスではないのでモデルになった動植物は存在しないのだが、後頭部の形状から「サルノコシカケ」や「エリンギ」等と呼ばれ、しばしキノコ扱いされる(キノコがモデルのボスは『X4』で既に登場している)。

+新世代型レプリロイドとは

『X7』で登場した出自不明のレプリロイド「アクセル」をプロトタイプとする、DNAデータを利用した変身能力を持つレプリロイドの総称。
誤解されがちだが、レッドアラート(『X7』のボス達)は新世代型ではなく旧世代型で、シグマのウィルスによって精神を蝕まれて苦しむ者、破壊という行為に快楽を覚えてしまった者、戦士の誇りを捨てて修羅と化した者など病状が生々しく描写されている。

アクセルが『Aトランス』として使用していた変身能力は「制限時間付き」「自分に近い体型(≒人型)にしか変身できない」という制約があったが、完成された新世代型では克服されているほか、
あらかじめコピーチップに組み込まれたDNAデータを利用して変身出来たり、この応用としてDNAデータの構造を瞬時に作り変えることで、高い耐ウイルス性能を身に着けている。
アクセルにもウィルスは効かないことが作中で語られている。

しかし、コピーチップに組み込まれたデータの中にはシグマのDNAデータも含まれており……
『X8』のプロローグではエレベーターの事故現場に駆け付けたエックスが火の海から大勢のシグマ(に化けた新世代型レプリロイド)が迫ってくるという悪夢のような光景を目の当たりにした。

ルミネは中でも特に高性能であり、姿を変えずに記録した能力だけ引き出す芸当すら可能。その際、エックスのように体色が変わる。

大元のアクセルの出生及び『Aトランス』を開発した存在は現時点でも不明だが、
番外作品である『ロックマンX コマンドミッション』では舞台となる人工島ギガンティスに同系統のレプリロイドが数体存在した記録が残っていたという。
ただしこちらはX7から100年以上後(つまりロックマンゼロと同年代)だったりと設定自体が若干異なる。
そのためかこの作品だとアクセルも大型レプリロイドに変身できたりする。
(開発者曰く本編が連載漫画ならコマンドミッションは劇場版)


本作ではイレギュラーのたび重なる騒乱により、荒廃に歯止めがきかない地球を見限った人類は新天地を宇宙()に求めていた。
起動エレベーター建造計画「ヤコブ計画」を中心としたこの事業において、高い基礎性能と汎用性を持つ新世代型レプリロイドが
多数製造、動員されており、ルミネは中心者として「軌道エレベーター ヤコブ」の管理を担っていた。
その立場が原因で、序盤でVAVAに誘拐される。

+終盤ネタバレ注意
実は本作の事件の黒幕。ノーマルモード以降のラスボスで、ナンバリングタイトルでは初となるシグマ以外のラスボスである。
シグマを倒したエックス達の前に現れ、人類や旧世代のレプリロイドを粛清し、新世代レプリロイド達の世界を作る理想を抱いている事を明かした。ついでにシグマの頭を踏み潰した
そのため、イレギュラー化したと認識されるも、ルミネ自身はそれを否定して、
新世代型レプリロイド達ががシグマの「レプリロイドの進化」を体現した存在と称して、自らの意思で反乱を起こしたことを明かした。
つまり、彼らは暴走しているわけではなく、自分の判断であえてイレギュラーとして動いていると主張したのである。
最終的に天使にも似た姿に変形してエックス達を追い詰めるも、敗れる。この時天国ような黄色い空のような背景の場所で戦うためケフカ・パラッツォを思い浮かべた人もいるだろう。
最期は、自分を倒したところで終わりではないことを告げて機能停止。歩み寄ってきたアクセルめがけて胸部から飛び出してきた黒い触手によってアクセルに意識不明の重体を負わせる。直後、触手はゼロに切られ、ルミネ本体はエックスバスターで破壊された。
アクセルでトドメを指した場合、触手にやられた額の傷に謎の光が宿るエピローグを観られる。これが何を意味するのかは、いまだ発売されない『X9』で明かされる事を祈るばかりである。
そして二週目ではルミネカラーのアクセルが選べるようになり、空中攻撃中はホバーが持続したり変身時間が無制限になる。これも何かの伏線なのだろうか?

シリーズの中でも稀な、暴走したレプリロイドを指す言葉である厳密な意味での「イレギュラー」に当てはまらない敵役である。
イレギュラーでは無いと明確に公言されている敵役は、ルミネを除けば「コマンドミッション」のイプシロンのみである。


原作中の性能

空中をふわふわ移動しながら、8大ボスの必殺技を使いこなしてくる
出した必殺技に応じて弱点も変化するが、スノーアイゼンとフレイム・トルネード使用中は無敵で効果がないので無理に狙う必要は無い。
無敵時間がある「フレイムトルネード」が少々厄介。
実はこれらの技は他のボスの本気モードとEXモードにあたり本気モードてスノーアイゼンをEXモードでフレイムトルネードを発動しそれぞれ雪の結晶が降った状態と両端に火柱が立った状態で他の技を併用してくる。
第2形態では、ステージの両端が穴になっているため注意。
HPをある程度減らすと必殺技「パラダイス・ロスト」を使用して、制限時間内に倒さないと無条件敗北となる。
ちなみに、プロローグにもこのパラダイス・ロストがサブタイトルとして出てくる。

「お前だけは…逃がさないっ!」


MUGENにおけるルミネ

Art12345master氏の制作したMUGEN1.0専用キャラが存在する。
youtubeに紹介動画付きで公開されていたが、ダウンロードページへのリンクが切れていて入手不可。
現在はfxfreitas氏が「Ultimate X」や「Zero」と共に代理公開している。
ファイル名は「RMX8-Lumine」なのでFelicity氏のルミネとも重ならない。

自動的にゲージが溜まり、満タンになったところで、各自8大ボスの必殺技が使用できる。
原作通り空中を移動できるが、ダメージを受けると落下してしまう。
また、原作にはない近接攻撃も搭載されている。

出場大会

  • 「[大会] [ルミネ(ロックマンX)]」をタグに含むページは1つもありません。




添付ファイル