サーター



アメリカのマーベルコミックスに登場するヴィラン。
作中では主にマイティ・ソー関連の話に登場する。
ソーやロキと同じく北欧神話が元ネタのキャラで、日本では通常「スルト」と呼ばれるラグナロクに出てくる炎の巨人。
(「サーター」というまるで沖縄のお菓子のような聞き慣れない名前は、アメコミなので「トール(Thor)→ソー」のように「スルト(Surtur)」が英語読みにされた結果)
マーベルコミック内でも世界の終わりに登場するという火の巨人であり、身の丈は300mを超える。
普段は炎の世界、ムスペルヘイムに魔神として君臨している。

正体はソー達アスガルド神族よりも前に地球に存在していた巨人族の生き残りである。
悪しき知恵と強大な力を持ってアスガードの脅威となったため、
ソーの父であるオーディンと幾度となく戦い、最終的には地球の核に封じ込められた。
その後、ロキによって災厄をなすために解放され、以来何度か封印から抜け出している。

その実力は地球上で戦うヒーロー、ヴィランの中では最強格であり、
北欧神話の最高神であるオーディンも一度は殺され、
普段は犬猿の仲のソーとロキが他の神々とともに共同戦線を張ってなお、互角以上に戦える程。
元ネタの北欧神話では「フレイの勝利の剣が失われた為、フレイが敗北してそのまま全世界を焼き払ってしまった」という対処法の無いまま話が終わっているので、その辺を考えるとこれぐらい強い設定でもむしろ自然だったりするのが恐ろしい。

初登場は1985年の「サーター・リターンズ」であり、黄昏の剣を鍛造して、ソー、ロキ、およびオーディンに対してアスガードを破壊しに戻ってきた。
その後、大気圏を飛び出して別銀河の小惑星に囚われ、生と死の狭間の世界でオーディンと永遠に戦い続ける状態になっており、
現状は復活待ちの状態である。

その他ゲームではMMO RPG「MARVEL HEROES」のレイド(多人数共闘)モードとして、
サーター率いるムスペルヘイムの軍団との戦いが実装されている。

(以上、wikipedia、虹裏アメコミWIKI より転載、一部改変)


MUGENにおけるサーター

Bambulin(Bam77)氏によるセイバートゥースブラックハートなどのスプライトを元にしたものが公開されている。
かなりの巨体を誇るが原作設定と比べればむしろ小さい方だろう。超必殺技ではさらに巨大化する。
見た目の通り巨体を活かしたリーチの広さと高い攻撃力を持ち味としたキャラで、
炎や自らの眷属を利用した攻撃はどれも画面を覆いつくさんばかりの制圧力を持つ。
ただこの手のキャラにしてはアーマー系はそれほどもないため、並キャラでもAIによっては十分倒せる強さになっている。
AIはデフォルトで搭載されており、並~強キャラ程度なら互角に戦える。

+ 製作者動画(youtube)

出場大会

  • 「[大会] [サーター]」をタグに含むページは1つもありません。




添付ファイル