エヴァ・ベアトリーチェ




「へそ噛んで死んじゃえばぁ?」

07th Expansion制作の同人ゲーム『うみねこの く頃に』の登場人物。
EP3にてベアトリーチェに代わって登場した。
単に「ベアトリーチェ」と言った場合、彼女ではなく先代を指す。
CVはひぐらしで鷹野三四を担当した伊藤美紀氏。

右代宮譲治の母である右代宮絵羽の心の中の野心がベアトリーチェにより分離し、魔女として具現化した存在。
先代及びエヴァの後見人はラムダデルタ
先代の名前と「無限の魔女」の称号を受け継ぎ、また魔法力や残虐性は先代以上とも。

作中で起きた殺人事件を魔法によるものと主張。
それを裏付けるために大量の赤き真実を提示する「赤字結界」で戦人を追い詰めた。
この際、画面に赤い蜘蛛の巣が張り巡らされる演出が入る。


『黄金夢想曲』における性能

「接近戦パワー型!なれど鈍重に非ず!」という公式の紹介文の通り、一言で表現し辛い性能。
作中でも数少ない空中ダッシュ持ちで、また空中専用のコマンド投げを持つ。
特徴的なのが巨大なゼリーを設置する「三色ゼリータイム」で、接触判定により敵の移動を阻害し、
さらにエヴァがゼリーと重なった位置にいれば一回だけ攻撃を引き受けてくれる。
コマンド投げのメタ必殺技「蜘蛛の巣の密室」は至近距離でのメタ展開から確定するため重宝する。
アビリティの「バーサーク」はあらゆる与ダメージが増加する、シンプルかつ使いやすい効果。

なお、上記の通り魔女として具現化した存在ではあるがオリジナルである右代宮絵羽の裏キャラクターという扱いでは無く、
そもそも右代宮絵羽としてではなくエヴァ・ベアトリーチェとしての 単体キャラ で参戦している。
そのため掛け合いでは、実子である譲治や実妹の楼座からはそれぞれ「母さん」「姉さん」と呼ばれている。


MUGENにおけるエヴァ・ベアトリーチェ

SXVector氏のものとBoomer氏のものが存在しており、どちらも新MUGEN専用。
他にmy100en氏製作のMUGEN1.1専用版も存在する。

+ SXVector氏製作
+ Boomer氏製作
+ my100en氏制作 エヴァ・ベアトリーチェ&右代宮楼座


「キャハハハ! 右代宮の家督は譲治のモノ! 誰にも渡さないわ!」


出場大会


出演ストーリー




添付ファイル