ロノウェ




「このような刺激もよい薬でしょう」

07th Expansion制作の同人ゲーム『うみねこの く頃に』の登場人物。
CVは坂田銀時などでお馴染みの杉田智和氏。
ソロモン72柱が大悪魔の一人で、ベアトリーチェと契約して執事(家具頭)を務めている。
魔女達の社交界ではロノウェを雇用する事自体がステータスになるほどの存在。

道化師のような飄々とした性格の皮肉屋で、口調こそ丁寧だが慇懃無礼。「ぷっくっく」と嘲笑する。
それは主に対しても例外ではなく、ベアトリーチェもその態度に諦めており本気で怒りはしない。
ベアトリーチェの事は「お嬢様」と呼び、彼女の暴走を諌める事が出来る程に信頼されている。
常に主を立てて下がり本気を出さないため、真の実力は未知数。


『黄金夢想曲』における性能

ガードキャンセル専用技、当て身技、回避技を揃えており、迎撃性能に優れる。
ただし通常技の発生Fは早くなく、小技よりも発生が早い近C(6Cも同じ)が生命線となる。
機動力が低く防御技も過信は出来ないため、さほど格闘戦は得意ではない。
相手にプレッシャーを与えて試合展開を有利に運ぶ、読み合い重視のキャラ。
HPゲージは1650×本数と全キャラ中最大。
メタ必殺技の「デビルオブデビルズ」は近C(6C)から繋がるため使用機会は多く、
ダメージ補正が緩いために長いコンボの〆に組み込んでも安定したダメージを奪える優秀な技。

アビリティの「カウンターブースト」はカウンターヒット時のダメージを増加するというもの。
元が低威力の攻撃ほど上昇量が大きく、弱攻撃でもカウンターヒットすればSP必殺技級の威力に。
火力上昇というよりも、切り返しや暴れ狩りのプレッシャーを強める意味合いが強い。
1ヒット目を必ずカウンターヒットにする古戸ヱリカのアビリティとの相性は最高。



MUGENにおけるロノウェ

  • SXVector氏制作
新MUGEN専用。
氏の他のキャラと異なり一部の必殺技までしか搭載されておらず、未完成。

  • Boomer氏製作
こちらも新MUGEN専用。
原作再現仕様で、タッチ関連の仕様を自分自身と組む事で再現したキャラ。
イントロで選択できるパートナーのアビリティはタッチで付与出来ず、
メタ世界時のダブルアビリティでのみ付与される仕様。
待機中のキャラのSPゲージのみが増える仕様も再現されており、パワーゲージは待機中のキャラのものが反映される。
そのため、例えばトレーニングモードでも一度も交代しない状態だとゲージを消費する行動が出せないし、
一度交代しても再度の交代までは最大で5ゲージまでしか消費出来ない点に注意。
デフォルトでAIが搭載されている。


「メイドはドジっ子、執事は完璧。それがお約束というものです」


出場大会

凍結




添付ファイル