ワルギリア




「さぁさ思い出して御覧なさい。あなたがどんな姿をしていたのか…」

07th Expansion制作の同人ゲーム『うみねこの く頃に』の登場人物。
ベアトリーチェの師匠にして、先代の無限の魔女。
ワルギリアというのは彼女が隠居してベアトリーチェの名を譲った後の便宜上の名前。スペルは"Virgilia"。
CVはイノワルキューレを演じた井上喜久子さんじゅうななさい氏。

「無限の魔法は人を幸せにするためのもの」という考えを持ち、残虐なベアトリーチェの更生を望んでいる。
既に彼女は無限の魔法を使えないが、それでもなお強力な魔法を行使出来る魔女である事に変わりは無い。

口調は丁寧なですます調で、思慮深く穏やかな性格。「オッホッホッホ」と笑う。
その反面、予期せぬ事態でパニックに陥りやすい一面もある。

ちなみに『黄金夢想曲』で彼女が指揮を執る山羊達は、ベアトリーチェの使用人。
黒山羊の頭を持つ人間型のバケモノで、タキシードを着用している。
高い戦闘力を持つが、頭は余り良くない様子。


『黄金夢想曲』における性能

なんと通常技で手足を一切使わない。小パンでもいちいち短剣を召喚するという徹底ぶり。
燭台やによる攻撃はリーチが長いが発生に優れず、立ち回りに苦労する。
必殺技も「魔法陣設置」から発動する下段技「磔刑」、中段の槍を召喚する「神なる槍グングニル」、
山羊を召喚する「従順なる山羊の従者」というラインナップで、性能的な意味でも直接攻撃を持たない。
全キャラ共通の乱舞技ですら武器の召喚任せで、その間に自身は優雅にティータイムと洒落込む。
SPゲージを消費する行動がとにかく優秀で、どれも1ゲージ技とは思えない制圧力を持つ。
追撃可能な「神槍の磔刑」とメタ必殺技「オーディン召喚」による画面端でのラッシュ力が凄まじい。
反面ノーゲージだと途端に苦労する。総じて熟練者向きのキャラである。

アビリティの「ブリームフル」は時間経過で自分と相方のSPゲージを回復するというもの。
効果が確実に得られ、回復量も1ゲージに迫る程と強力。
ワルギリア自身を含むゲージ依存度の高いキャラとの相性が良いが、誰と組んでも有効なアビリティ。


なお彼女でエヴァ・ベアトリーチェに勝利すると、井上喜久子氏を知る者にはお馴染みのやり取り(ページ下部の台詞)を山羊と共に披露する。


MUGENにおけるワルギリア

Borewood氏により製作されたものが存在する。新MUGEN専用。
Boomer氏のロノウェと同様、自分自身と組んでタッチ関連の仕様を再現するシステムを用いた原作再現仕様。
デフォルトでAIが搭載されており、画面端同士でも崩しからコンボを叩きこんでくる。
ちなみに勝利台詞の一つが17歳のアレ。元は専用なのだが、分かってらっしゃる。

また、フォルダ内にはもう一つ「Garra」名義のdefファイルがある。
こちらは専用BGMが流れ、一定ダメージ毎に形態を変化させるキャラで、プレイヤー操作は不可能。
その名の通り、弾幕シューティングゲーム『エスプレイド』のラスボス、ガラ婦人をモチーフとしている
+ 各形態の解説
なお、制限時間内ではどうあがいても倒せない。挑むなら設定を時間無制限に。
また、使うキャラはグレイズ持ちの東方キャラが良いだろう。特にレーザー系の技があると楽。
正にストーリーモードみたいなキャラである。

なお、シュウ氏の北斗仕様のシエスタ410がストライカーに連れている山羊も、元は彼女が連れていたものである。


「私はお年寄りなんかじゃありませんよ。・・・17歳です♪」
「オイオイ」


出場大会

凍結


出演ストーリー




添付ファイル