キュアドリーム


「大いなる希望の力! キュアドリーム!」

『Yes!プリキュア5』の続編であるプリキュアシリーズ第4,5作『Yes!プリキュア5』『Yes!プリキュア5GoGo!』に登場する変身戦士。
プリキュアシリーズでは歴代6番目の戦士。
CVは、三瓶由布子さん。ちょっとハスキーなボイスが魅力的。
変身者は夢原のぞみ。イメージカラーはピンク。

作中での成長速度、成長度合いがものすごく、無印5初期のころとgogoの終盤あたりでは作画から性格まで大幅に大人っぽくなっている。

原因は多分、妖精のココ(が変身するイケメン教師、小々田コージ)。
彼とは、話数が進むたびに恋人同然のような甘い関係になってゆく。(全プリキュアで唯一キスシーンがある)
勉強が大の苦手でありながら、彼の影響で教師を将来の夢として志すようになる。


ドリームを始めとするプリキュア5のメンバーは、初代組(キュアブラック、キュアホワイト)と同じく2年にわたり敵と戦い続け、戦闘経験は群を抜いている。
ゆえに本編においてもプリキュアオールスターズ(映画)においても、えげつない連携攻撃を見せつける。

これの2分ごろから、牽制→拘束→トドメという流れるような連携を行っている。
よく見ると、アクアのサファイアアローで敵の視界を奪いつつ、ミントのエメラルドソーサー(気円斬)が一度殺しに行き、それがダメだったとしても、ルージュのファイアストライクを破壊させて爆炎で視界を再び奪い、プリズムチェーンでの拘束→即死シューティングスターの最強コンボを決めやすくしている。

必殺技のプリキュアシューティングスターは南斗鳳凰拳のようなポーズからの突進技で、威力は単体攻撃技の中では相当高いほうである。
また作中のみならず、プリキュア全作品中でも屈指のメンタルを誇っており、その折れない心で幾度となくピンチを脱している。


MUGENにおけるキュアドリーム

hatya氏製作。ドリームフェスティバルというゲームのドット絵を使用しており、同氏のonedryveで公開されている。

簡易的なAIが入っており、ゲージを消費してストライカー(プリキュア5の他のメンバー)を呼び
攻撃する。ストライカーの性能が高く、AIは使用しないが永久コンボとかも簡単にできそうである。

デフォルトのランクは大体、凶下位~凶中位ぐらいだが、本気スイッチというものが存在し、

onにすることで
  •  ゲージが自動で増加。
  •  HP減少で試合中1度、リザレクション(全回復)をする。
  •  ストライカーをゲージ消費なしで乱発。
と、かなり(狂下位程度か)強くなる。


出場大会

  • 「[大会] [キュアドリーム]」をタグに含むページは1つもありません。