猪熊陽子


「猪に熊で猪熊!ちょっと強そうでかっこいいでしょ!?」

まんがタイムきららMAX』連載の漫画『きんいろモザイク』のメインキャラクターの一人。
名前の由来は京都の猪熊通りから。
身長163cm、誕生日は8月20日、血液型O型。CVは内山夕実。
5人のなかでは姉御的な存在。カレンからはコンビニのような存在と言われている。
大宮忍とは幼馴染。小路綾は中学の時からの友人である。
明るい性格で、ムードメーカー。押しは強いが、弟と妹がいるせいか引くところは
引き面倒見も良い。手を引いて前を往くタイプ。
たまに突拍子の無い発言をするが、保護者やツッコミの面も強い為、完全にボケる事はあまりない。
成績はあまり良くないが運動が得意。
なお、成績が良くないとはいえ、忍ほどではないようで、彼女に対して呆れるシーンもある。
長女であり、弟の空太(こうた)と妹の美月(みつき)がいる。 ちなみに年は7歳ほど離れている。
毎日10km走るので体力は全体的に見て高い。
鈍感とよく言われているが恋愛モノ全般が大好きな綾の趣味に応えるつもりか、
冗談で男性ポジション的な演技をする事があるせいで、綾の症状は悪化する一方。
上の兄弟がいない事から姉に憧れがあり、忍の姉の勇のことを「いさ姉」と呼び慕っている。

登場人物のほとんどがボケ役であるため、「陽子の半分はツッコミ」と言われるほど
重要なツッコミ役(ちなみにもう半分は優しさで、カレンがこう訂正する前までは
『100%がツッコミ』という状態だった)。忍には「もちもちふわふわな所」が大好きと言われた。

+ 具体的には

両親が共働きでその上小学生の双子がいるため、
洗濯をやっているシーンがアニメで見れるので基本的な家事はこなしていると思われている。
ただし、料理は綾以外できないという発言があったため、料理はできないようだ。

大食いが趣味であるようだが、ほのかの家の超無謀パフェは完食できず、
別の日に訪れた烏丸先生が完食していた。


MUGENにおける猪熊陽子

koyu@twint氏によるプレシャスメモリーズを使用した陽子が存在する。


元々のカードがそこまでないからという理由で技が少なくシンプル。
ゲージがあれば空太と美月のプレメモを出して各自の特殊能力を再現した効果が得られる。
(プレメモの美月の効果は自キャラの出し直しで、それをヒット時の「飛ばして戻す」に掛けている、空太は相手の動きを止める働きがある)
1ゲージ技の突進技のチャレンジャーは突進中は無敵、
その後の上昇により喰らい判定が出る上に落下中は隙だらけというハイリスクハイリターンの技となっている。
3ゲージ技の鈍感は完全無敵でガード不能の上大ダメージを出せる技ではあるが攻撃時に動けない上発動まで時間がかかる。
簡易AIが搭載されているので対戦には支障はない。
ゲージスイッチも用意されている。

出場大会



出演ストーリー


添付ファイル