少名針妙丸


「あわてふためくがいい。私には逃げ惑う強者の姿が見える。
さあ、秘宝(こづち)よ! 身体小さき者に夢幻の力を与え給え!」

少名針妙丸(すくな しんみょうまる)は上海アリス幻樂団による同人作品群『東方Project』に登場するキャラクター。
登場作品は『東方輝針城』(初出)、『東方鈴奈庵』、『弾幕アマノジャク』、『東方深秘録』。
種族は「小人」で「打ち出の小槌を扱う程度の能力」を持ち、
二つ名は「小人の末裔」(輝針城)、「輝く針のリリパット」(鈴奈庵)、「眉唾!緑色をした小人」(深秘録)。
『輝針城』『深秘録』でのテーマソングは「輝く針の小人族~Little_Princess」*1
本作でも特に高い人気を持つ曲で、東方楽曲ランキングでは初登場時から7位という高順位を記録している。
『東方輝針城』ver(初出)
『東方深秘録』ver(あきやまうに氏によるアレンジ)

+ 詳細な原作設定

+ 二次創作での扱い



東方深秘録における性能

最高レベルの機動力を活かして相手に牽制を仕掛けながら接近していくインファイターキャラで、
全キャラ中最速の前ダッシュによる慣性を活かした4A(発生6Fでゲーム中最速クラス)や遠A、空中ダッシュJAの差し込みが強力。
動きが早いためオカルトボールを追いかけやすく、オカルトボールの奪い合いにも勝利しやすいが技単体の性能は低めで、
判定やリーチに優れた打撃技が少なく、機動力でそれを補うことが求められる。
画面端での固めと高火力なコンボが全キャラ中最も難しいともされ、39キャンセルと呼ばれるテクニックが必要になる。

なお、自身の判定が小さく特殊なため、針妙丸限定かつ高火力であったり入りやすいめくりやコンボルートも少なからず存在する。
(例:聖白蓮の独鈷4連)
更新の度に性能の強化と弱体が頻繁に繰り返され、現在のver1.32では初期の頃と比べてやや大人しくなったとされている。
初期コンボ(ver1.01)

余談だが、 勝利ポーズがモロに某愉快な主婦のアレ だったり、 スペルカードの1つが法皇の緑 だったり、
挙句 あるキャラクターの必殺技を受けた姿が 味噌汁の具 だったりと、ビジュアルでのネタも豊富なキャラクター。


MUGENにおける少名針妙丸

nomucoke氏製作の原作再現のものが2016年7月に公開された。 MUGEN1.1専用。
未搭載の技があるものの総じて再現度は高く、ミステリースポットも一部再現され搭載されている。
ストーリーモード、AIは搭載されていない。

出場大会

  • 「[大会] [少名針妙丸]」をタグに含むページは1つもありません。


*1
道中曲「針小棒大の天守閣」、エンディング曲「小槌の魔力」でも同様のメロディが使われている。
ZUN氏曰く、「共通のテーマっぽくした」とのこと。
*2
どのような嘘かは明言されていないが、作中でのセリフから
「小人の一族は幻想郷の妖怪に虐げられてきた」という内容だと思われる。