夜刀神十香

  「殺して壊して消し尽くす。死んで絶んで滅に尽くせ」


富士見ファンタジア文庫より出版されている橘公司のライトノベル、『デート・ア・ライブ』に登場するヒロイン。
読みは「やとがみ とおか」。アニメ版の声優は井上麻里奈女史。

作中で精霊と呼ばれる存在の内の一体。
識別名は〈プリンセス〉。
容姿は黒髪ロングの美少女で、鎧とドレスを混同したような霊装〈神威霊装・十番(アドナイ・メレク)〉を身に纏い、
大剣を所持している。戦闘では他に黒いエネルギーを扱う。

主人公である五河士道が初めて出会った精霊であり、名前を含めたすべての記憶を失っている。
本人の意識に関わらず現界しては精霊特有の力である空間震を発生させて地上を荒らしていた。
そのために自衛隊の対精霊用特殊部隊であるASTから危険視され攻撃を受け続けてきたため、
当初は人間に対して強い不信感と警戒心を持っており、士道をいきなり殺そうとしてきた。
その後、士道と何度か出会う内に次第に心を開いていき、とある事件で精霊の力を封印されたのをきっかけに、
精霊との対話による空間震災害の解決を目指すラタトスク機関の保護下に置かれ、
「夜刀神 十香」として士道達の学校に転入してくる。
名前の由来は士道と最初に出会ったのが4月10日だったことから10日→十香。

性格は純真無垢で好奇心旺盛。
見た目は16歳相当の女の子だが、実質的には生まれたばかりであるため、世界のことをほとんど知らない。
そのため、突拍子もない言動をしては、士道達をたびたび呆れさせている。
類を見ない大喰らいでもあり、その勢いは店一軒分の食料が切れる程。好物はきなこパン。

他の精霊のように際立った特殊能力は持たないが、知力を除いたパラメータのバランスが取れていて、
力と耐久力が他の精霊に比べて高いため、基本的にはどんな相手ともやり合うことが出来る。
巨大な玉座とそこに収められた大剣〈鏖殺公(サンダルフォン)〉を天使として召喚し、
細分化された玉座と一体化することにより、全てを破壊する【最後の剣(ハルヴァンヘレヴ)】となる。
一振りで山をも両断する凄まじい破壊力を誇る反面、力の制御を誤ると暴走してしまうという欠点を持つ。

+ 反転体
(以上、wikipediaより引用、一部改変)

MUGENにおける夜刀神十香

MUGENでは確認出来る限り2体公開されている。
+ AnT★R_M氏制作 ブラックプリンセス十香
+ Dark Ruler氏 & Daily氏 & YKUN氏制作 MMDモデル

出場大会



*1
十香や士道の同級生で、ASTの隊員。
五年前に両親をある精霊によって殺されて以来、精霊を憎悪し、復讐を果たすことだけを目的にして生きている。
原作10巻にて両親の仇の正体が判明するのだが・・・。
十香とは攻撃する者とされる者だったこと、士道をめぐる恋敵であることから犬猿の仲。
ただし、十香はいずれは折紙とも仲良くなりたいと思っているらしい。








添付ファイル