ティーダ

「ユウナ!いっしょに続けよう、オレたちの物語をさ!」
旧スクウェア(現:スクウェア・エニックス)のRPG『FINAL FANTASY X』の主人公。
同社のアクションゲーム『ディシディア ファイナルファンタジー』にも登場している。
担当声優は森田成一氏、中村勇斗氏(幼少期)、ジェームズ・アーノルド・テイラー氏(北米版)。

近代的な都市「ザナルカンド」に住む少年。
ブリッツボール*1某帝王必殺技とは無論無関係)のスタープレイヤーとして活動していたが、
ある日の試合中に突如としてザナルカンドを巨大な怪物「シン」が襲撃。
十年前に突如失踪した父の友人、剣士アーロンに救われ窮地を脱したティーダだったが、
直後にシンに取り込まれた彼が目にしたのは、ザナルカンドとは全く異なる自然の広がる世界「スピラ」だった。

右も左も分からぬ世界に当初は戸惑いや困惑を隠せないティーダであったが、
スピラでも行われていたブリッツボールを通じての人々との交流や同じく猛威を振るうシンの存在――
そしてシンを倒す為に「ザナルカンドへ旅をする」という召喚士の少女ユウナと出会った事で、
ザナルカンドへ帰る為に彼女のガードとして旅に同行する事となる。

沖縄の方言で「太陽」を意味するその名が示すように、とても明るい性格の持ち主。
語尾に「~ッス」をつける口癖や容姿もあり軽薄な若者に見られがちだが、実際の所は心優しく涙脆い少年。
スピラの常識に疎い事や若さ故の未熟さで周囲とすれ違う事もあったが、
長い旅の中でその前向きな意思がガードの仲間やスピラの人々に大きな影響を与えていく事となる。

当初は素人だったものの戦闘では片手剣を扱い、持ち前の運動神経とセンスにより様々な剣技を習得していく。
またゲーム中では水中を呼吸無しで泳ぎ続けるという能力を持っているがこれは作中世界の水に含まれる特殊なエネルギーの作用によるもので、
ティーダを含めたブリッツボール選手や水中での作業を頻繁にこなす職業に就いている者なら、ほぼ全員が訓練により習得している技術である。



MUGENにおけるティーダ

ユウナの作者でもあるragnarok_333 氏によるキャラ改変と思われるキャラが公開されている。
剣技を主体としたキャラで恐らく原作の動きを再現したと思われる必殺技を使う。
動作はどちらかと言えばゆったりとしている。必殺技はスカリやすいので注意。
ユウナと同じくボイスは英語。
デフォルトAIは搭載されていない。


この他、親父のアシストの内一人としても存在する。

出場大会

  • 「[大会] [ティーダ]」をタグに含むページは1つもありません。



*1
作中世界で絶大な人気を誇るスポーツ競技。
サッカーと水球を組み合わせたようなスポーツで、スフィアプールと呼ばれる球状の巨大プール内で相手ゴールへの得点数を競うのが基本ルール。
高い身体能力と素早い状況判断、チームメイトとの高度な連携を要求される一方、
タックルで接触した敵選手をプール外へ弾き出す等のラフプレーも許容される、非常に激しいゲーム展開が特徴である。

スピラでは過去に「シン」を倒した召喚士の一人がブリッツボールの名選手であった為、心身の鍛錬に推奨される事も。
「シン」の脅威に怯えるスピラの人々にとってはそれを差し引いても数少ない娯楽であり、その選手に憧れる者も多い。



添付ファイル