ヒナ・バーディー


「マーチングバンド、やろ?」

原作でのキャラクター

ゲーム『白猫プロジェクト』に登場するプレイアブルキャラクター。厄神とか忍者ではないしモヒカンパンクの黒人でもない。
職業はランサーでレア度は☆4、好感度を最大まで上げて友情覚醒を行うと☆5になる。

出身は「ピヨピヨの島」で幼少の頃、両親に捨てられ島の小鳥に育てられてきた。その影響で、鳥と会話できるようになっている。
ヒナが成長するにつれて木の実だけでは食べていくのは限界があり、彼女は自立を決意。手作りの笛「フルーピョ」を手に、島を後にした。
フルートのような楽器を持っているがこれは「フルーピョ」といって様々な鳥を呼び出すことができるほか、彼女のストーリーではチェスの駒を鳥に変えたこともあった。
以前はあるマーチングバンドに入っていたが、解散、解雇されてしまっている。
またみんなでマーチングバンドをやりたいという思いから日々フルーピョの練習に励んでいる。楽器としてより武器として使う機会が多いのはいかがなものか…。

彼女自身はストーリーに深くかかわってるキャラではなく、数か月に一度の感覚で開催されるイベント「フォースタープロジェクト」に登場。このイベントでは各職業ごとに既存の☆4二人と新キャラ一人の計三名から一人をパートナーとして選んで、クエストをクリアする(ボスとして待ち受ける他の二人を倒す)ことで一票入れたことになる(最大20票まで)。
そして上位二名がガチャから出るようになり、三位のキャラは出なくなるという過酷な戦いである。
一時期、組織票による不正投票が行われたことがあり、投票は無効・投票対象が落選になったこともあった。

ヒナは第15回目で追加されたシンフォニーパワーの使い手のランサー枠として参戦した。
同時期に実装された同期生たちがイロモノだったりピーキーな性能だったり人気はあっても更なる強豪に押されて落選していく中、ヒナは安定して4回も勝ち進むんだ。
しかし、19回目のフォースターではママ三号のコッペリアと新キャラのリンデに敗退。現在は入手できなくなった。
落選した☆4のキャラクターは二度と復刻せず、ガチャの復刻が実施されたのは茶熊学園ガチャ2015が最初で最後。
なにかしらのイベントでリメイクされた彼女の復活を祈るしかなかったが、2017年の正月イベントで酉年にちなんで鶏の「ばぁば」に乗ってドラゴンライダー(鶏)として再登場。
スキル1は雷属性を纏ったヒヨコ型追尾弾を二発、スキル2は距離と発動時間が長い突進と全体的にリーチと範囲に優れるドラゴンライダーの中でも特にオールレンジに戦える。ぅゎょぅι゛ょっょぃ

ヒナは初対面の相手を両親と認識する鳥の刷り込みに似た癖があり、フォースタープロジェクトでも対戦相手を「ママ」もしくは「パパ」と呼んだ。運よく仲間にできた主人公のこともパパと呼ぶ。
ただしこの呼び方は主人公以外では一部のランサー仲間のみで、同期生のリンベルや後期するイベントで知り合ったインヘルミナのことは名前で呼んでいる。

+ ママorパパになった方々

名前にちなんで毎年3月3日に開催される彼女のキャライベント「ヒナぴよ」では主人公とリンベルの協力を得てマーチングバンドを結成し、仲間を集めていく。
このイベント限定のクエストでは報酬としてヒヨコが入手でき、拠点となる飛行島に配置できる。確率は低いが色違いのピンクのヒヨコもクエストのボスや宝箱から出ることがある。
特に効果はないが触ると「ぴよぴよ」と鳴くギミックつきで、専用の効果音が初めて実装されたデコレーションアイテムでもある。プレイヤーの中には島全体をヒヨコで埋め尽くした猛者もいるとか…。
後に、エルフの詩人アマーリエのキャライベ「光彩たちの幻想曲」でも笛担当で彼女のオーケストラに加わる。

また、ダークエルフのバイオリニストのレーラがスキルを使用する際に流れるメロディーがヒナと同じものだったことから母親説や元マーチングバンドの仲間説など何かしらの関係性を臭わせたが(少なくとも作中では)二人に面識がないため詳細は謎に包まれている。

+ 原作での性能

MUGENにおけるヒナ・バーディー

annri氏の手書きのものが存在する。
現在はβ版。a,b,x,yの4ボタン式。二段ジャンプが可能。
原作にも存在する技、「ぴよメロ」、「ぴよばらい」は「シンフォニーパワー」を上げる。
シンフォニーパワーは5段階まで上げることができ、攻撃力、防御力、移動速度が上昇する。
「ぴよメロ」はそれに加えて炎系バフが追加される。炎系バフ中は攻撃力の上昇、ガードされてもダメージを与えられるようになる。
また、フォースターシンフォニー仲間のオレリアを呼び出す技もあり、それでKOすると専用の演出が見られる(当時はレオリオとかリオレイアとかアイオリアなどよく名前を間違えられたが、レオリオとは後にコラボすることになった)。
謎ジャム、裸エプロンブリスそこに座れなど多くの特殊やられに対応している。
カラー差が存在し、AIを入れた状態の12Pとなると狂ランクに足を踏み入れる。
デフォルトAIは搭載されていないが、koyu@TWINT氏のAIが公開されている。


出場大会





添付ファイル