単騎無双VS数の暴力 FINAL WARS


己の力に全てを託す 単騎無双

手段を選ばず数で押し切る 数の暴力

勝利の女神はどちらに微笑むのか……



さあ、戦いを始めよう



解説

狂キャラ大会でお馴染みのTusk氏による、単騎無双VS数の暴力シリーズ第3段。
ストライカーや合体技等が存在しない 単騎無双勢 と、
分身やストライカーを一切自重しない 数の暴力勢 の2つの陣営に分かれて争う。

ルール

大会の流れ

試合は基本的にシングル戦で行われる。
制限時間60秒、2本先取。
対戦相手はランセレで選ばれる。
大会開始時は1P側が単騎無双勢、2P側が数の暴力勢となり、10試合毎に1P側と2P側が入れ替わる。

10試合毎に変則タッグ戦が発生する。
片方の陣営がタッグ、もう片方はシングルで行う。
この試合でタッグ側が負けた場合、それぞれに1敗がつく。
また、この変則タッグ戦には後述するタッグで復活したキャラは参加できない。

最後までキャラが残っていた陣営が勝利。

脱落と勝ち抜けについて

基本的に2敗で脱落となるが、勝利数によって処遇が変化する。

2勝以上できずに脱落した場合、同じ条件で脱落したもう1体のキャラとタッグを組み再出撃する。
復活は2人目の脱落から10試合経過後。

2勝以上した状態で2敗すると「完全脱落」となり、ランセレから除外される。
各チームのキャラが20名完全脱落する度に、完全脱落者の中からランダムで2名選びタッグとして復活する。
回数は5回まで(20名、40名、60名、80名、100名)。

タッグで復活したキャラは、復活方法にかかわらず1敗で「完全脱落」となる。

5勝すると、負け数に関わらず「一時勝ち抜け」となりランセレから除外される。
自軍の総完全脱落数が半数を超えると、その陣営の勝ち抜けキャラ全員が戦線復帰する。
それ以降勝ち抜けは適用されない。

ENGUNシステムについて

開始時は、両軍共に全メンバーの中から選ばれた60名が初期メンバーとして存在する。
自軍のキャラが勝ち抜けもしくは完全脱落するごとに援軍が追加される(1キャラにつき1キャラ援軍追加)。
援軍は第1援軍(30名)、第2援軍(20名)、第3(最終)援軍(10名)の3つの枠で構成されている。
援軍は第1→第2→最終と枠内のキャラが無くなり次第、次の枠へ移行する。

また、どちらかの陣営の最終援軍メンバーが参戦した瞬間から、前述のタッグ復活は行われなくなる。
以降、2敗すると勝ち数に関係なく完全脱落となる。

出場選手

単騎無双勢

+ 初期メンバー(60名)

+ 第一援軍(30名)

+ 第ニ援軍(20名)

+ 最終援軍(10名)

数の暴力勢

+ 初期メンバー(60名)

+ 第一援軍(30名)

+ 第ニ援軍(20名)

+ 最終援軍(10名)

関連大会


コメント

  • これ所属不明って菜に? -- 名無しさん (2016-09-11 02:23:08)
  • OPもしくはワンドラの出場者一覧にキャラ紹介があったが初期60人にはいなかった=援軍、何段階目の援軍かは不明、ってことやろ 援軍はシルエットで大体予想つく人もいるが完全ではないので登場するまでは所属不明 -- 名無しさん (2016-09-12 17:40:40)
名前:
コメント:

マイリスト