エシリア・ファーニス


「エシリアとあっそぼ~!」

原作でのキャラクター

スマートフォン向けゲーム『白猫プロジェクト』に登場するキャラクター。
CVは『けものフレンズ』のかばんちゃんとボスでおなじみの内田彩女史。
好奇心のおもむくままに旅する不思議な少女。楽しいことや珍しいものが大好き。
名前がアリスの逆さ読み(A li ce→E c li a)な点を始め、キャトラ(本作に登場する謎の白猫)を「チェシャ」と名付けてることから、
モデルは『不思議の国のアリス』と思われる。

初登場は「フォースター☆プロジェクト8th」。同イベントについてはヒナ・バーディーの項を参照。
職業はランサーでレア度は☆4、好感度を最大まで上げて友情覚醒を行うと☆5になる。
肩書きは「不思議の旅の少女」(覚醒前)、「未知なる扉を開く者」(覚醒後)。
モチーフの武器は雷属性の型の槍「ミスティックベアラー」。

その他、「Holy Night Storyガチャ(クリスマス2015)」では水色と白に黒を加えた衣装に身を包み、
イベント「茶熊学園2016」ではランドセルを背負った新入生スタイルで、それぞれ派生キャラが登場した。
ちなみに前者は双剣、後者は斧・ハンマーに職業(使用する武器)が変更されている。
この他、温泉版キャロの援護キャラとしても登場。あおいの島の賭博場や卓球の大会で荒稼ぎをしていたところにキャロと再会して追われる羽目に・・・。

性格はかなりのマイペースで天真爛漫。お金やそれで買える物には興味を示さず、
冒険で得られる好奇心を満たすために、扉のルーンを用いて各地を転々としていた。
初登場時はやや自己中心的な部分も目立ったが、クリスマスイベントや茶熊学園でであったルーシー、マール、ミレイユ等の友達とのふれあいを通して、徐々に友達思いになってきている。マイペースながらも友達思いのトラブルメーカーというのが今のエシリアを表すのにぴったりだろう。

かなりの天才肌でゲーム、勉学、運動とあらゆる分野でその才能を発揮しており、
特にトランプに関しては「トランプで全ての物事が決まる国」であまりにも勝ちすぎてそこの王様にまで上り詰めてしまうほど。
ただし、飽きっぽい性格なうえに自分の興味を示さないものはダメな様で、茶熊学園では無断欠席のしすぎで留年の危機に瀕している。
…直後の期末テストで学年1位をとったことであっさり留年取り消しになっているが

+ 原作での性能

+ 出生の謎(ネタバレ注意!)

扉のルーンと呼ばれる不思議な力を持つ石のようなものを所持し、これを使うことで様々な場所へ瞬時に移動することができる。
ただし場所の指定はできず、どこにつながるかは本人にもわからないため、
「どこでもドア」というよりパラレルワールドで登場した「どこだかドア」に近い。

エシリアのライバルにして(自称)無敗を誇るチェスプレイヤーのキャロが持つ「千日手のルーン」(扉のルーンの力を無効化してしまう)が弱点。
それがなくともチェスで散々打ち負かしたため、根に持たれて執拗に再戦を挑まれることからエシリアは苦手意識を持っている。

MUGENにおけるエシリア・ファーニス

恵飛須沢胡桃ミュウツー等を制作したにゃんちゃ氏により、2016年8月31日にver1.0が公開された。
ドットの改変元は御殿谷サキ
トランプを投げる「トリックスターストリーム」、ドアに入っての瞬間移動「オープン・ザ・ドアー」、
頭上から雷を将来する「サンダーシャーリア」、地面に並べたトランプに沿ったレーザーを放つ「レボリューションカット」
などなど、派生キャラを含めた原作の技を搭載している。
一撃必殺技も使用可能だが、3ラウンド目に入らないと必要なポイントが溜まり切らないようになっている。

助っ人システムではキャロ・ギャンビットを呼ぶ事が出来る。
自動回復や必殺技を当てる等してEXPを溜めるとキャロのレアリティが上がり、キャロの行動に必要なAPゲージの最大値や使用可能な技が増える。
APがある限り続けて援護してもらえるが、攻撃後に待機位置に戻るとクールタイムとなり、APが最大値に回復するまで呼び出せなくなる。
また攻撃中のキャロは無敵ではなく、APが0の状態でダメージを受けると吹っ飛んでしまい、復帰に長い時間が掛かる。
エシリア本体にキャンセルが掛からない点以外は援軍システムをイメージすると分かりやすい。

総合的にはエリアルやストライカーを絡めたコンボキャラ。
12Pカラーではオプションで様々な強化が選べるようになっている。

また、ヒナとタッグを組むとエシリアの方にもシンフォニーパワーがかかるようになっている。

デフォルトAIは未搭載だが、Air氏とHAL氏による外部AIが存在する。
Air氏のAIには個別の設定などは特にないが、デフォルト以外にも挙動が少し異なるファイルが存在し選択できる。
HAL氏のAIはレベル設定、シールド頻度、12P時の永久有無が設定可能となっており、
12Pの挙動にもある程度対応したものになっている。

(最後の方に更新情報あり)

出場大会





添付ファイル