メンズビーム

兄貴 ☆ 兄貴 ☆ 兄貴 と わたし

横スクロール型シューティングゲーム『超兄貴』の自機・イダテンが使う溜め技のビーム攻撃の事。
…なのだが、見た目のインパクトから一般的には、 オプションキャラである アドン&サムソンの頭頂部の孔から放たれる奴の方が有名。
MUGENでもイダテンの兄貴を差し置いてアドンが参戦している。
(なお、イダテンは何処から撃っているか不明。
 ゲーム画面ではから撃っているようにしか見えないが、まぁ当時のゲームなので

続編では(リメイクを除き)アドン達もプレイヤーキャラに昇格。
超兄貴 爆烈乱闘篇』では男女構わずメンズビームを撃つが気にしてはいけない。
(無印時代のベンテンの姉貴(2P)はメンズビームではなくスプラッシュビーム(拡散弾)を使っていた)
『聖なるプロテイン伝説』では発射時のシャウトはすごいが次第にビームの勢いがなくなり下にチョロチョロと汚らしく垂れ落ちてくる(威力は変わらない)。

またエフェクトが似ていたためか、MUGENの初代デススターが放つスーパーレーザーも「メンズビーム」と呼ばれていた事がある(下AAのアレ)。
たまに、みくるビームとも。作者であるトロイ氏いわく「メンズビームじゃねぇよ」とのこと。そりゃそうだ。
ちなみに超高威力の攻撃判定を出しているように見えるが、実際は700ゲージ(本当です)使用の全画面当身技。

     /
    /
   /
  /\
 | |
●| |
 | |
  \/
   \
    \
     \

ゲーム自体のインパクトも凄まじいゆえに、多くの作品にてこいつのパロディと思われる描写が見られる。
+例えば…霧雨魔理沙好きの方は注意
こちらは「魔理沙が修行によって逞しい体を身に付けた」という
破天荒な設定の『東方Project』二次創作同人誌「超魔理沙」の一幕。
タイトルの時点でアレな事といい、内容のパロ具合といい、かの顔芸同人誌と双璧を成すイロモノ作品である。
…いや、製作のWi-Z GARAGEはシリアスものに定評があるんだって!
こんなはっちゃけ作品なんて滅多に無いんだって!シリーズ化しちゃったけど!!別の本でもそのままだけど!!!

武士的魂のヒゲ魔理沙とどっちが先かは考えない方がいいだろう…

オレを見てくれぇー☆



添付ファイル