Toriel

Toby Fox氏を中心とするチームが制作したWindows/Mac用RPG『Undertale』の登場キャラクター。
日本語表記は「トリエル」が主流。彼女の母性に惹かれて「ママ」もしくは海外の発音で「マッマ」と呼ぶファンも多い。
なお、読書シーンで眼鏡をかけている描写や、Sansに自分を冗談交じりの状況だが「old woman」と言った説明があるので、
人間でいうとお母さんというよりお婆ちゃんの可能性もある。

山羊のような姿をしたモンスター*1の女性であり最初のダンジョンRuinsの主。
母性溢れる優しい性格で、初対面の主人公に対し好意的に接してくる。

作中では地下世界に迷い込んで早速殺されかけた主人公を助ける形で登場。
(二週目以降は迎えたエンディング次第で、冒頭に花が登場せず見回りに来た彼女とばったり出会うこともある)
その後は主人公を「My Child(我が子)」と呼び、Ruinsでの暮らし方について教えてくれたり
主人公が地下で暮らせるように住居に部屋を用意したりと本当の保護者のような言動を見せる。


しかし一方で地上へ出る方法を尋ねると露骨に話題を変えてたりするなど、主人公を外に出したくないような態度を取る。
上記の優しさも主人公に一切説明なく、さも当然のように一緒に暮らす前提で話を進めておりどこか怪しくすら見える。

料理が得意であり、彼女の作るバタースコッチシナモンパイはゲーム中最高の回復アイテムである。
入手するには一度ベッドで寝る必要があり、寝る前に地上に帰る方法を聞くとそのまま扉を破壊しに行ってしまいパイがもらえなくなる(キッチンにある出来立てを全部持っていこうとしても熱くて触ることもできない)。
なお当然ながら入手できるのはたった一度でたった一つなのでいつ使用するかには慎重になった方がよい。
Asgore戦で使用するとその香りでAsugoreの攻撃力と防御力を下げる効果がある(後記するカタツムリのパイをチートで所持し、使用した場合も同様にステータスを下げられる)。

+ネタバレ
地下世界の王、Asgoreの政策である「地下に落ちた人間を殺しソウル(魂)を奪う」というやり方に強く反発しており
その為に主人公をRuinsに束縛しようとしてくる。
しかし主人公はどうしても外に出ようとするため、それを止めるべく戦う事となる。
戦闘では最初のボスとは思えない程の避けづらい弾幕(モノクロなので分かりにくいが形状からすると火の雨を降らしているっぽい)を放ってくるが、
HPが一定以下になると攻撃が自動で主人公を避けるようになっており、自分から工夫して死にに行かない限りは負ける事は無い。
弾幕の方からよけるようになるまでHPが減った状態で回復アイテムを使ってもう一度ダメージを受けると死ぬことができ、その際Torielが驚く姿を一瞬だが拝むことができる。

+悲劇の回避の方法は?
和解する、つまりTorielを殺さないためには彼女の方が折れるまでひたすら「MARCY」で見逃せばいい。

なおこの戦闘の内容によって後のFloweyの台詞が変わるのだが
生かしたか殺したかだけではなく、リセットを行ったかどうかまで感知されており
このゲームの細かさについて思い知らされる事となる。

+更にネタバレ
実はAsgoreの元妻。かつては人前でもいちゃついて周囲を呆れさせるほど愛し合っていたが
上記の政策に反発し、Asgoreの元を離れRuinsにて落ちてきた人間を守ろうとしていた。
つまり元女王であるにも関わらずメインキャラの殆どが彼女を知らなかったことから
相当長い期間Ruinsに籠っていたと思われる。
また、初登場時にFloweyを恐ろしい魔物扱いしているが、息子Asrielの死後間もなくAsgoreに愛想をつかして別居しているためFloweyの正体を知らないのだと思われる。Flowey自身も明かしている描写がない。

+True Pacifistルートでは
ボス・通常エンカウントモンスターの全てを殺さないTrue Pacifistルート(通称「Pルート」)では結界を抜ける為のAsgoreとの最後の戦いに乱入、魔法でAsgoreをふっ飛ばして戦闘に割り込んでくる。
ゲーム中ではようやく元夫婦の対面が叶うのだが、彼女の心はジョークの同好者にすっかり傾いており
Asgoreに「人間のソウルを一つでも手に入れていればその力で結界を破れるかも知れなかった事」、「そして『人間が落ちてくるのをひたすら待つ』政策で地下の住民達に淡い希望と絶望を抱かせ続けた事」、
「Asgore自身は人間を殺したくなくてずっと待ち続けるつもりであった事」を指摘し面と向かって優柔不断であった王の決断を糾弾、
彼の「友達からやり直せないかな」と言う復縁の提案もバッサリ否定している。王様マジ涙目。
エンディング後は念願の夢だった教師になったらしい。

+Neutralルートでは
一周目は必ずこのNeutral Route(通称「Nルート」)となり、
二周目以降はボス・通常エンカウントモンスターを一度でも殺してしまうとNルートが確定し(後記するGルートの場合ボスを見逃すとNルートに戻る)
生存してるボスによってエピローグ(Sansからのメッセージと乱入してくるキャラクター)が変化し、
Tolielが生存してる場合は会話こそないが女王として復帰し人間達と共存する方針を立てて、人間のソウル以外で結界を解く手段を探している。
ただし生存してるボスが彼女だけの場合や雑魚モンスターを倒し過ぎると反対派の暴動で国を追われ、生き残った他のボスの中から新しい王が選出される。Torielが死亡してる場合も別のボスが選ばれる。
その後Ruinsに閉じ籠り、面識のなかったはずのSansとルームメイトになる。(Papylsが生存してる場合は彼も同居して料理を教わっている)

+Genocideルートでは
登場人物を皆殺しにするGenocideルート(通称「Gルート」)では弾幕を耐える必要がなく、最初のターンで瞬殺できる。
倒すとそれまで見せたこともない形相で主人公を睨み付け、扉を破壊しようとしたのは主人公をAsgoreから守るためではなく、他のみんなを危険な存在(主人公)から守るためだったと自覚しながら塵になった。
彼女を倒した後に部屋のベッドで寝ると、Torielと出会ったときの曲「Fallen Down」を遅くしたような音楽が流れる。
曲名は「empty house」直訳すると「空き家」である。

+ハードモードでは
主人公に「Frisk」と名前を付けてゲームを開始すると、序盤から終盤の一部敵が出てくるハードモードを遊べる。
Torielとの戦闘までゲームを進めて行き、彼女の体力を無くすか彼女が折れるまで戦闘を続けると…
そこから先は自分の目で確かめて欲しい。
また、ハードモードではバタースコッチシナモンパイの代わりに効果が半分以下のカタツムリのパイを渡される。

MUGENにおけるToriel


MEGA_X氏の製作したものが存在する。
手書きのスプライトを使用しており頭身が高いのが特徴。
性能は技だけ見れば波動昇龍といった感じだが下の動画のようなコンボも行える。
デフォルトでAIも入っている。

この他、原作のドット絵をフルカラーにしたものも作られているが、その場を動けず火の玉を撃ちまくる固定砲台である。

ニコニコMUGEN動画では見かけない彼女だがYOUTUBEでは『UNDERTALE』キャラ同氏の対戦動画はもちろん、
エミー・ローズ(ソニックシリーズのヒロイン)や『マイリトルポニー』の等と並ぶメスケモ枠としての出番が多い。

出場大会

  • 「[大会] [Toriel]」をタグに含むページは1つもありません。


*1
ただし牙があることや、終盤出てくる同族のモンスターが悪魔風の格好なので、山羊そのものではなく山羊頭の悪魔がモチーフの可能性もあり。


添付ファイル