赤屍蔵人






「私に依頼をなされるからには 
それなりに楽しませてもらいますよ
仕事の過程を─── ね・・ 」

プロフィール

年齢: 不詳
身長: 183cm
体重: 86kg
生年月日:11月23日
星座:新蠍座
血液型:AB型
CV: 飛田展男 (アニメ、GBA版)、杉田智和(PS版)、関俊彦(PS2版)

『週刊少年マガジン』で連載されていた漫画『GetBackers-奪還屋』の登場人物。読みは「あかばね くろうど」。
作中で運び屋と呼ばれる依頼人からの品を運ぶ稼業に就く者の一人。無論正規の運送業者ではない。
常に黒帽子、白手袋、黒衣に身を包み、微笑を浮かべる謎多き男。Dr.ジャッカル、史上最強・最悪の運び屋、超越者など多くの通称を持つ。
+過去(ネタバレあり)
中盤以降で主人公達のいる「セカイ」が無限城上階のバビロン・シティ(本来の世界)の住人によって作られた予備の世界であることが
判明したが、その際に赤屍の過去の一端も明らかになる。

本名を赤羽蔵人と言い、戦場医師をしていた。
戦地での過酷な現実と己の無力に直面しながらも、そこに住む少年を心の支えにして医師の務めを全うしていたが、
セカイをバビロンのバックアップとするクオリア計画が発動、その最中に少年を失う。
大切な存在さえ救えなかった絶望を味わう中、意思の力に目覚め、セカイの仕組みと摂理を知り、人間の限界を超える超越者となる。
このため本来バビロンシティとセカイの間にはそれぞれから見てもう一人の自分と言うべき存在がいるのだが、
赤屍は対になる存在がおらず、二つの世界を自由に行き来することが出来る例外的な存在になっている。その有様から、
クオリアを統一するシステムである無限城の神とされるTHE CLOCKには超越者・赤屍蔵人は「大いなる未知数」と評された。
ちなみにバビロンシティでは「赤羽 蔵人」の名で外科医をやっている。

昔の赤屍を知る者は多くはないが、上述の過去の確認者として天野博士(天野銀次の母親)がいる他、
鬼里人幹部七頭目の1人である奏蝉丸は旧知の関係にあり、その心の内を見透かすような発言をしている。
ACT:3で登場して以来、奪還屋の美堂蛮と天野銀次にたびたび関わり、2人に興味を持っている。
もっとも当の2人からは蛇蝎のように嫌われており、特に銀次は姿を見ただけで泣きだし、時には卒倒してしまう程。

基本的に口調は敬語であり、理知的な雰囲気を身に纏っているが、意外にお茶目な一面もあり、
日常では赤屍におびえる銀次をいじるのを趣味にしている。
しかし戦闘では人を切り刻むのが趣味の殺人狂としての一面を覗かせる。格下相手でも容赦はしない。
戦うことで超越者としての限界を知ろうとしており、そのために強者に対して強い執着を持つ。
相手の強さを引き出すためには手段は問わないものの、可能性を感じる限りは相手に合わせて戦う。
しかし期待を裏切られると嫌悪感をあらわにする。
集団戦よりも一対一の戦いを好むなど戦闘に関するこだわりを持っている。
弱者に対してはその過去からか関わりを避けている(本人曰く「こりごり」)が、女子供には甘い傾向がある。

彼にとって運び屋とは過程を楽しむための手段である。
要は仕事の過程で現れるだろう強い横取り屋、奪い屋などと戦うためであり、強者を常に求めている。
そのためか仕事そのものに対して特にこだわりはなく依頼の内容によっては暗殺なども請け負い、
価値ある相手と出会えたと感じたときは依頼自体を放棄したりもする(さすがにこんなことをやらかしたのは作中では一回きりだが)。

戦闘では体中に仕込んだメスを用いる。自分の手のひらに瞬時にメスを出現させることが出来る。
また、自分の血が混じればどんなものでも武器に出来る特異体質を持ち、作中では剣や槍状に変化させている。
+赤屍が作中で見せた技一覧

赤い雨(ブラッディ・レイン)

相手の動く先へ雨の様に大量のメスを降らせる。
本人曰く相手の逃げる場所は経験から分かるらしい。

赤い十字架(ブラッディ・クロス)

片手に十字を煌めかせると同時に、相手の体を十字に切り裂く。数多くの雑魚キャラがこれに葬られてきた。

赤い剣(ブラッディ・ソード)

自らの血液を凝固させた聖剣を作り出す。彼が「やや」本気になると使用する。
闇討ちに使用したりもしている。

赤い盾(ブラッディ・シールド)

メスを円形に配置して盾を作り、敵の攻撃を防ぐ。
後半ではレーザーをも余裕で防ぐほどに。複数展開が可能。

赤い分身(ブラッディ・アバター)

自らの血液から無数の分身(血液量によって数が変わるか不明)を作り出す。全ての分身が100%の力を持っている。
おそらく、彼が使える最強のチート技。

赤い闇(ブラッディ・ダークネス)

血液で出来た影が敵を襲う技。相手の影から出てくる事も可能。来栖戦で名前付きで初登場。
いつもの尋常じゃないスピード(瞬間移動)もこの技のおかげ……?

赤い杖刑(ブラッディ・スティック)

数本のメスを相手に打ち出す。柾の光から生み出されたダガーと相殺されたため、この世の物ではない。

赤い槍(ブラッディ・ランス)

血液から長い槍を作り出す。この技で決めにかかろうとしたが、しかし登場してすぐ用無しに。

最終的には物語最後の敵になるのである意味当然なのだが作品のキバヤシ化パワーインフレの影響を最も強く受けた人物。
そのため初期ではせいぜい血液を操る程度の能力者だったのが、作品が進むにつれてその応用力・・・というかスペック自体が大幅に上がり、
一気に数キロ単位で移動したり、空間や次元を引き裂くのは朝飯前で、高次元から世界を司る神を殺すレベルの芸当を平然とこなすようになり、
飛び散った血から自分と全く同じ強さの分身を無限に産みだすなどぶっ飛んだ描写が増えて行った。
その極め付けが不死能力で、本人曰く「死がイメージできない」という理由でどんな攻撃を受けても復活する。
何言ってんだコイツと言いたくなるが実際に作中では世界破壊レベルの攻撃を受けても無傷なため、
最低でも単一宇宙破壊レベルの攻撃でなければダメージを与えられないと思われる。
終盤では全能神に余裕勝ちするなど、どこかのジャンプ漫画顔負けのパワーアップを果たしている。
(尤も最近では向こうも破壊神など宇宙破壊クラスの存在が出るまでにインフレしているが)

以上のような厨二極まるスペックのため、「全創作で最強のキャラは誰か」という話題(いわゆる最強議論)には
必ずと言っていい程に上位に名前が挙がる。というか一位を取ったことも何度かある。
MUGENキャラで言えばこいつとかこいつと同等の存在と言った所だろうか。
無論、このような議論はあくまでも只のネタであり、本来世界観の違う他作品のキャラと強さを比較するなど不可能である。
場所を弁えずこういった話題を振ることは、大勢の人間にとって不快極まりないものであるため充分に気を付けられたし。


原作者のお気に入りのキャラの一人。
連載以前、作画の綾峰がデザイン画を提出した際に赤屍のキャラクターデザインは一発で決まり、
後のアニメ化で反映されたか不明だが声も想像がついたとのこと。
Twitter上で好きな理由として「いつも楽しそう」「トラウマを抱えている」「純粋」「ポリシーがある」
「作者すら何をするかわからないスリルがある」などを挙げている。
また、原作者によると赤屍は作中で色々な感情や言葉を掘り下げる立ち位置にあるらしい。


(以上、wikipedia、アニヲタwiki、ピクシブ大百科より引用、一部改変)



MUGENにおける赤屍蔵人

じゅんたさ(JUNTASA313)氏によるものが公開されている。素体はギルティギアのジョニー
ダッシュ、空中ダッシュが瞬間移動になっている他、エアダッシュ、地上→空中(空中→地上)の瞬間移動が可能であり、原作の高速戦闘がうまく再現されている。
技も作中で見せたものが一通り搭載されている。範囲・判定に優れ、事実上即死技のものもある。
カラーによって一部性能差がある。具体的には通常攻撃のブラッディソードに12Pで即死効果付き、
必殺技のブラッディ・レイン 、ブラッディ・クロス、ブラッディ・ハリケーン、に即死効果付き(ブラッディ・クロスは6Pも)、
超必殺技の空間崩壊に6P、12Pで即死効果付きになっている。
ここまで書いた通り性能は凶悪キャラのそれだが、防御性能は固いものの、1Pでは並キャラの攻撃でもダメージが入る。
今後も更新で超必、凶悪技術の追加を行っていく模様。改変・再配布は自由にとの事。
一時期公開停止になっていたがVer1.6に更新して再公開されている。
最新版では凶悪性能が上がった他、ブラッディ・アバターの削除などの変更点がある。
デフォルトAIも搭載されている。

また、この赤屍を改変したS_Akabaneというキャラもpiitpiiii!氏によって公開されている。
ランクは狂最上位~準神。Option.cnsをいじることで細かい設定の変更が可能。




出場大会

  • 「[大会] [赤屍蔵人]」をタグに含むページは1つもありません。



添付ファイル