鵜堂刃衛







「そんな目は止せ抜刀斎。
   俺を殺すと言った時のお前は
   もっといい目をしていたぞ」




プロフィール

身長:182cm
体重:78kg
血液型:AB型
生年月日1843年7月
流派:二階堂平法
CV:大塚明夫(アニメ版)、石塚運昇(CDドラマ版)
演:吉川晃司(実写映画版)

原作でのキャラクター

週刊少年ジャンプに連載されていた漫画『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』に登場するキャラクター。
「うどう じんえ」と読む。
キャラクターの外観はアメコミに登場するキャラ『ガンビット』を、
内面は幕末の四大人斬りの一人、岡田以蔵を元ネタにしている。
黒色の笠や着流しの下に時代設定上存在しないはずの黒い全身タイツを着込んだ出で立ち、
目は白黒が反転ないし白目を剥いた状態で、時折「うふふ」などの奇怪な笑い声を上げるなど見るからに正気とは思えない様子が特徴。

+作中での活躍
明治政府の要人に斬奸状を送り付け、次々と暗殺していった兇賊「黒笠」の正体。
元々は新撰組の一隊士だったが、主義思想もなく不要な殺人を犯す行為が問題視され粛清対象になる。
その後追っ手を返り討ちにして行方をくらますが、明治の世になっても人斬りの修羅道から抜け出せずに居た所を
内部の権力争いから暗殺者を必要としていた明治政府の一部と利害の一致から協力関係となり本編に至る。
当初は陸軍省の谷三十郎を狙っていたが、護衛として居合わせた緋村剣心相楽左之助の妨害に遭い失敗、
かつて「人斬り抜刀斎」と呼ばれた男に出会えた悦びから標的を剣心に変更し、居候先の神谷薫を拉致して再戦を挑む。

人斬りに対しては独自のこだわりを持っており、斬奸状をターゲットに送り付けるのもあえて警戒させることで
暗殺を困難な状況に追い込み、より斬り捨てた時の快感を上げることを目的としている。
その性格から強者との緊迫感溢れる命のやり取りを好む傾向にあり、
薫を攫うことで剣心を人斬り抜刀斎の状態に立ち返らせ、万全の斬り合いに臨もうとした。
実は斬るだけではなく、斬られることにも快感を覚える性質でもある。

使用する二階堂平法は斬撃の型が「一文字(横薙ぎ)」「八文字(突き)」「十文字(横薙ぎ、唐竹割り)」の三つで構成され、
一、八、十の漢字を組合わせると「平」の字となることで「平法」と呼ばれる。
誤解されがちだが ちゃんと実在する流派 である。
ついでに言うと後述する「心の一方」も秘術として存在し、道統者の松山主水は祖父から伝授され使えたと言われている。
これとは別に、刀を後ろに隠すことで相手の虚を突く「背車刀」があり、剣心の読みを外す形で使用された。

得意技は「心の一方・居縮(いすくみ)の術」。原理は不明だが、一種の瞬間催眠術のようなもので相手を動けなくする秘技。
これを打ち破るには使用者が死ぬか、使用者以上の剣気がなくてはならず、
強度をあげれば弱い人間はそれだけで呼吸ができなくなり死に至る。
さらに心の一方を自分にかけることで判断力・身体能力を格段に向上させる「影技・憑鬼の術」がある。
この状態の刃衛は目の色が理性を取り戻したようになり、岩を斬撃で破壊するほどのパワーを身に付ける。

最終的には完全に抜刀斎に立ち戻った剣心に敗北、薫の叫びで元に戻った剣心に対してページ冒頭及び最後の言葉を残し自害して果てた。
二度と抜刀斎には戻らないと誓った剣心だったがその後もこの言葉が何度も重くのしかかる事態に見舞われることになる。

シリーズ序盤の敵だが、制作初期の構想では、打ち切りで終わってしまった場合のラスボスに据えられていた
そのためかなかなかの強さを誇り、それまでろくに苦戦をしたことが無かった剣心に「今のお前は煙草三本吸う間に殺せる」と豪語。
実際に再戦時では、半覚醒状態の剣心に斬り合いで優位に立ち、深手を負わせる活躍をする。
ファンの間では後に登場する十本刀の上位に匹敵するのではないかと語られることも多い。

上記の設定と評判を受けてか、実写映画版第一作目では本当にラスボスとして登場。
原作では刃衛編の次に登場する武田観柳(アヘンの密売人)の用心棒になっている。
吉川晃司氏の怪演もあってこちらもなかなかの人気を誇る。
また、実写映画版の設定を基にした漫画(キネマ版)と小説版「銀幕草紙変」にも登場。
幕末期に抜刀斎に敗れ戦闘不能になるのだが、 両手に開けられた穴に刀を直接差し込み一体化する という
原作以上にイカれた戦い方を引っ提げて復活、劇場版と同じくラスボスとして剣心の前に立ちはだかる。
ちなみにこのアイデア、映画版での刃衛にも使う様挙げていたそうだが「痛々しすぎる」という理由で却下された。当たり前だ
尤も、作者の和月氏はキネマ版での刃衛の描写に苦慮していた旨を記し、「刃衛は原作で既に完成されたキャラ」と総括している。
基本的にどの媒体でも強烈なインパクトを残しており、悪役の中では志々雄と並んで出番に恵まれたキャラと言えるだろう。


MUGENにおける鵜堂刃衛

これまでるろ剣キャラを何体も公開してきたAoshi24氏によるものが氏のコンプゲーのキャラとして一括で公開されている。
勿論普通のmugenでも使えるがmugen1.0以降専用であることに注意。動きから見て天野漂を改変したものと思われる。
通常状態ではリーチは狭く動きもそこまで素早くないどちらかと言えば相手の動きを読むことが要求されるカウンタータイプの性能。
その中で「片手平突き」は発生に優れ、コンボの起点になるなど重宝する。
全体的に技の強み・弱みがはっきりしたキャラと言える。
必殺技「心の平方」は押した攻撃ボタンによって三種類に分かれ、それぞれフリーズ、体力減少、ゲージ減少の効果がつく。
何かと制約の多い通常状態では相手の行動を縛り、コンボに組み込める有用な技だが発生が遅いため注意。
剣気ゲージがマックスに達すると憑鬼の術が使用可能になり、一定時間動きが素早くなり、攻撃力も上がる。
デフォルトでそこそこ動くAIも搭載されている。

+製作者動画(youtube)

出場大会

  • 「[大会] [鵜堂刃衛]」をタグに含むページは1つもありません。


「人斬りは所詮死ぬまで人斬り。
      他のものには決してなれはしない。
            お前がいつまで流浪人などといってられるか
                  地獄の淵で見ててやるよ


                  うふふ」



添付ファイル