鵜堂刃衛







「そんな目は止せ抜刀斎。
   俺を殺すと言った時のお前は
   もっといい目をしていたぞ」




プロフィール

身長:182cm
体重:78kg
血液型:AB型
生年月日1843年7月
流派:二階堂平法
CV:大塚明夫(アニメ版)、石塚運昇(CDドラマ版)
演:吉川晃司(実写映画版)

原作でのキャラクター

週刊少年ジャンプに連載されていた漫画『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』に登場するキャラクター。
「うどう じんえ」と読む。
キャラクターの外観はアメコミに登場するキャラ『ガンビット』を、
内面は幕末の四大人斬りの一人、岡田以蔵を元ネタにしている。
黒色の笠や着流しの下に時代設定上存在しないはずの黒い全身タイツを着込んだ出で立ち、
目は白黒が反転ないし白目を剥いた状態で、時折「うふふ」などの奇怪な笑い声を上げるなど見るからに正気とは思えない様子が特徴。

+ 作中での活躍


MUGENにおける鵜堂刃衛

これまでるろ剣キャラを何体も公開してきたAoshi24氏によるものが氏のコンプゲーのキャラとして一括で公開されている。
勿論普通のmugenでも使えるがmugen1.0以降専用であることに注意。動きから見て天野漂を改変したものと思われる。
通常状態ではリーチは狭く動きもそこまで素早くないどちらかと言えば相手の動きを読むことが要求されるカウンタータイプの性能。
その中で「片手平突き」は発生に優れ、コンボの起点になるなど重宝する。
全体的に技の強み・弱みがはっきりしたキャラと言える。
必殺技「心の平方」は押した攻撃ボタンによって三種類に分かれ、それぞれフリーズ、体力減少、ゲージ減少の効果がつく。
何かと制約の多い通常状態では相手の行動を縛り、コンボに組み込める有用な技だが発生が遅いため注意。
剣気ゲージがマックスに達すると憑鬼の術が使用可能になり、一定時間動きが素早くなり、攻撃力も上がる。
デフォルトでそこそこ動くAIも搭載されている。

+ 製作者動画(youtube)

出場大会

  • 「[大会] [鵜堂刃衛]」をタグに含むページは1つもありません。


「人斬りは所詮死ぬまで人斬り。
      他のものには決してなれはしない。
            お前がいつまで流浪人などといってられるか
                  地獄の淵で見ててやるよ


                  うふふ」



添付ファイル