仮面ライダーアマゾンアルファ

「そして生きるっていうのは…
他の誰かの命を喰らうって事だ。
直接だろうと、間接だろうとな…」

スペック
身長:186.5cm
体重:91.4kg
パンチ力:20.7t
キック力:25.5t

原作でのキャラクター

特撮作品『仮面ライダーアマゾンズ』の主人公の一人・鷹山仁(演:谷口賢志)が変身する仮面ライダー。
ただし作中には「仮面ライダー」という概念が登場しない為、後述する怪人「アマゾン」の一体として扱われており専ら「赤いアマゾン」と呼ばれている。
+ 『仮面ライダーアマゾンズ』とは

野座間製薬*1特殊研究開発本部に努める細胞生物学者だったが、研究していた人工生命体「アマゾン」たちが脱走した際、
彼らを自らの手で抹殺する為、自身の肉体にアマゾン細胞を移植して後天的な「アマゾン」となった。
このためか、自我を制御できる*2数少ないアマゾンでもある(腕に制御装置でもある腕輪「アマゾンズレジスター」を装着していない)ほか、
「たとえ殺人犯であっても人間は襲わない、しかしアマゾンであれば容赦なく狩る」「自身が手に掛けたものしか食さない*3
「アマゾンになった以上、自分自身も抹殺対象」といった頑なまでの信条を持ち、その生き様はもう一人の主人公・水澤悠に大きく影響を与える事となる。

原典である仮面ライダーアマゾンを踏襲したデザイン、そして「野生」という触れ込みではあるが。
他のアマゾン及び仮面ライダーアマゾンオメガと比較すると戦い方はスマートであり、噛み付き攻撃などは一切行わず、
自身の格闘技術と野生のパワーを組み合わせたような戦法を取る事が多い。
暴虐性や荒々しさの「イメージとしての野生」ではなく、必要最小限の力で効率よく獲物を仕留める「現実の野生」を体現した「技の1号」と言ったところだろうか。
必殺技は、相手に跳びかかりつつ腕部のアームカッターで切り裂く「大切断 バイオレントスラッシュ」。

普段は公私共にバディである泉七羽と共にマンションの一室で家庭菜園と飼育小屋のニワトリの世話をして暮らしている。
というか、アマゾンが出ない時は七羽に甘えまくるなど完全にヒモそのもの。
同じ無職ヒーローでも、とどっちがマシなのだろうか

ゲーム『オール仮面ライダー ライダーレボリューション』の amazon限定特典 「ふたりのアマゾン」では…本当に駄洒落じゃないんですよね?
オメガと争う最中にFIRST&NEXTの1号&2号と遭遇し、2号と意気投合している。

シーズン2では第7話(通算19話)から登場。視力をほぼ失い盲目状態となっており、目が白くなっている。
このためか戦闘スタイルも大きく変化しており、嗅覚や聴覚を駆使して敵の位置を把握し、なりふり構わず暴れるなど、戦法が成熟したアマゾンオメガとは対照的に野性的な(それも満身創痍の状態となりながらも戦い続けるという「傷だらけの獣」とも呼べる)戦い方となっている。

演じている谷口賢志氏はかつて『救急戦隊ゴーゴーファイブ』にゴーブルー・巽流水(ナガレ)役で出演しており、
これでゴーゴーファイブからは二人も仮面ライダーが出たことになる
Q.お前は誰だ!? A.ゴーゴーファーイブ

MUGENにおける仮面ライダーアマゾンアルファ

湊丸氏によるβ版が公開されている。
原作通りバイオレンスな技が多く、敵の肉体から心臓を抉り取る超必殺技を持つが、噴き出す体液の色は黒なので人間ではなくアマゾンの制御核らしい。
空中から相手を斬り裂く「大切断」や原作未使用の「バイオレントストライク」(ライダーキック)も使用可能。
簡易的とのことだが、AIも搭載されている。

ヘルパーとして、仮面ライダーアマゾンオメガと七羽を呼び出す事が可能。
更に自分を含む画面内すべての存在に微量のダメージを与え続ける超必殺技「トラロック*4」も搭載されている。


謎ジャムにも対応している……が、パンではなく制御核に乗せて食うようだ。

出場大会

  • 「[大会] [仮面ライダーアマゾンアルファ]」をタグに含むページは1つもありません。


*1
この「野座間」は「amazon」を逆さ読みしたもの(amazon→nozama)。
先立って『仮面ライダーフォーゼ』の仮面ライダー部メンバーの一人・野座間友子の名前にも使われている
(こちらの由来も仮面ライダーアマゾンといわゆる「アマゾン、トモダチ」)
が、別作品であるので関係はない…はず。むしろあったら嫌だ

*2
殆どのアマゾンはある種のタンパク質―すなわち 人間の肉 を求める衝動に抗えないため、
本能を制御するアマゾンズレジスターの効果が切れれば、人肉を求めて暴れまわる怪物と化してしまう。
レジスターに制御されていた穏健な個体ですら、偶然人肉を口にしてしまった為に食人衝動に支配され、家族同然の相手を捕食してしまうという悲劇も起きている。

なお、原典『仮面ライダーアマゾン』でも彼らのポジションに当たる獣人達は、衝動以前に食人をタブーとすら思っていない描写がある。
ワニ獣人の回には未遂に終わったが「さらった人間を燻製にして食料にする」というヤバすぎる作戦が出てくる他、
冒頭に書いたモグラ獣人は第12話で捕虜として縛られた戦闘員を見て勘違いし「(アマゾンはこいつを)焼いて食うつもりか」、
「俺も薪拾いを手伝ってごちそうにありつくかな」と恐ろしいことをさらっと言いだす有様なので、その辺のオマージュなのかもしれない。

*3
アマゾン化する前からの信条だったらしいが、飲み物はセーフなのか酒は飲んでいるし、
野座間製薬に捕獲された際は与えられた食事を食っており、強敵との戦いで消耗した際にも協力者から手渡されたハンバーガーを食べているので、
これに関しては絶対的な拘りというわけではないらしい。

*4
シーズン1終盤で実行されたアマゾン駆除作戦のこと。作戦名はアステカ文明で信仰されていた雨の神を由来とする。
劇中でも言及されているがトラさんロックは関係ない。
大量のドローンから対アマゾン薬剤を散布、豪雨の水分で薬剤を気化させ街全体を対アマゾンガスで覆うという、一見完璧に思える駆除計画である。

しかし、ガスを人間には無害なものにしたことで殺傷能力は落ちており、耐性を持つアマゾンの存在が確認されていた。
更に野座間製薬の天条会長は「生命に絶対はない」「必ず生き残る個体がいる」と予測しており、
実際に仮面ライダーアマゾンオメガ・水澤悠を始めとするガスに耐性を持つ個体が選別され、生き延びるという結果に終わってしまった。
死を覚悟で街に居残ってアマゾンを狩り続けていた仁も、顔が焼け爛れて発狂した痛々しい状態になりながらも生還を果たしている。

そして、仁が精神に異常をきたした状態で生還してしまったが為に、シーズン2では取りかえしのつかない悲劇が彼を襲う事になる……



添付ファイル