力丸

「悪意の芽、残さじ」

第一作、『弐』、『4』をアクワイア、『参』、『紅』、『千乱』を有限会社K2が開発したステルス忍者アクションゲーム『天誅』シリーズの登場人物。
「りきまる」と読む。
シリーズのほとんどの作品で主人公の一人を務める。
声優は大川透氏(少年時代が舞台の『弐』では坪井智浩氏、『4』のみ小山力也氏)。

戦国時代の日本を舞台に、作中の架空の国である「郷田」に仕える「東忍流(あずましのびりゅう)忍者」の若き頭目として活動する忍者。
主君である名君・郷田松之信(ごうだ まつのしん)に忠誠を誓っており、彼から下される命令に従って領内の悪者を成敗する。
師匠は東紫雲斎(あずま しうんさい)。兄弟子に龍丸(たつまる)、妹弟子に彩女(あやめ)がいる。忍犬の蝉丸(せみまる)も存在。

天誅シリーズは、正面から敵地に突っ込んで無双することをせず、
「敵から身を隠しながらこっそり潜入し、(地味な)忍具や忍術を駆使して任務を遂行する」というゲーム性が高い人気を博した。
また、相手に気付かれていない状態で接近して攻撃することで敵を一撃必殺する「必殺(忍殺)」というシステムも本作の特徴である。
メタルギアソリッドシリーズなどと並ぶスニーキングアクションゲームの代表格であり、なおかつ「本格的立体忍者アクション」の元祖でもある。

開発や販売、権利所有の会社がコロコロ変わっており、版権の変遷が激しい作品なのだが、その辺のゴタゴタは冗長となるため詳しくは伏せる。


MUGENにおける力丸

Roks氏の製作した力丸が公開されている。
ドット絵は手描き。ボイスは海外版の英語音声を使っているようだ。
原作での主武装である忍者刀「十六夜(いざよい)」を手に、原作での各種アクションを使いこなして戦う。
通常技はパンチとキックが三段階。
基本システムは二段ジャンプ、ランとバックステップ、前転や後転があり、天誅原作を反映して空中斬りやレバー後ろ斬りなども搭載している。
また必殺技には強化版のEX技が搭載されている。

独自のシステムとして戦闘開始前にアイテム選択が搭載されている。
 弓矢・十字手裏剣・癇癪玉(爆弾)・煙玉・地雷・力命丹(攻撃力を上げる薬)
以上六種類の中から一種類ずつ二つ選べる(組み合わせは限定されている)。
選んだアイテムは無制限に使用可能。なおEX技ではアイテムの性能や種類が変わる(弓矢→火矢、地雷→トラバサミ、など)。

  • 技紹介
投げ:
 肩車(柔道などの技で、相手を肩に担ぎ上げて投げるというもの)
必殺技:
 ショルダータックル
  『天誅参』での奥義「螺轟」。EX技はワイヤーダメージ効果あり
 壁跳び蹴り
  『天誅参』の奥義「裏旋」
 回転斬り
  └ 跳爪
   『天誅参』の奥義。回転斬りヒット後に吹き飛んだ相手を鉤縄を投げて引き寄せる。引き寄せた後は一部の技で追撃可能。
超必殺技
 火龍の術・結界の札
  どちらもアイテムを用いた忍術。
  いずれも発生は遅いが長い無敵時間があり、なおかつ発動前まで時間が停止する効果があるため引きつければまず当たる。
  「火龍の術」は強判定・高威力。対空向き。
  「結界の札」は発動すると魔方陣を出現させて範囲内の相手を硬直させる効果がある。(その間は殴り放題で、相手の浮力も消す)
 八方手裏剣
  苦無を複数同時に投げる。原作では地面に水平に放射状に投げるのだが、MUGENは2D格闘であるため縦に放射状に投げる。
 紫電
  『天誅参』の奥義。
  一撃必殺技だった原作と違いただの大ダメージ技にアレンジされているが、発生の遅さに見合った威力を誇る。
  演出もほぼ完璧に原作を再現している。 使用後に体力が1になる 点も原作同様。

原作を象徴する「必殺(忍殺)」システムは残念ながら再現されていないが、そこは格ゲーだから仕方が無いといったところか。
デフォルトのAIは搭載されていないが、ホルン氏による外部AIが公開されている。
AI起動時は全てのアイテムを使い放題になる。イントロ時のアイテム選択は飾りである。
小パンチがkfm仕様 とのことであり、小パンチループだけで永久コンボが可能。設定でon/offが可能なのでご心配なく。
各種アイテム(忍具)を駆使したテクニカルな間接攻撃と十六夜によるコンボを巧みに使いこなし、実力は強キャラ相当。
MUGEN界の名だたる忍者達とも十分に渡り合えるだろう。

出場大会




添付ファイル