パパイア


「おろかものどもめ!
とどめの天罰をくれてやるぞ!!!」

漫画『コロッケ!』原作の格闘ゲーム『コロッケ!2 闇のバンクとバン女王』に登場するシシカバブーの幹部であり、ブルータワーの門番も務める。
筋骨隆々の肉体に頭から膝上までを覆う青色の布、そして何よりが特徴。
本人曰く大天使らしい。 お前のような天使がいるか
…というかどう見ても 青いサービスマン である。

筋肉を活かしたパワーファイトに留まらず、
シシカバ兵を幽霊から生み出し、ウスター、プリンプリン、キャベツを洗脳するなど戦力調達はお手の物。
ワープ能力も持っているなどユーモラスな見た目によらず多彩。

担当声優は同作でラスボスを務めるシシカバブーと兼任の宇垣秀成氏。

ちなみに原作の外伝話にも同名のキャラが登場するが、こちらはウスターと同じ猫人間で、特にバンカーと想われる描写は無い


原作での活躍

初登場はシシカバ兵を生み出すシーンから。
バンカー達から奪った禁貨の様子を見に来ていたパパイアはプリンプリンとアンチョビに見つかり、戦闘を開始。
敗北したところで禁貨を奪われてはならぬと禁貨ごとワープして逃走。そのままブルータワーに帰る。

その後ブルータワーにて乗り込んできたプリンプリン、クシカツ、T-ボーン、ポーと戦闘。
戦闘前にT-ボーンにスルーされてシシカバブーの下に行かれそうになったり
ポーに対して無礼をメモするなど天然と変人と常識人の入り混じったカオスな会話と化した。

+ 裏シナリオネタバレ注意


原作での性能

ボス勢の中ではそこまで強い部類ではない。というか人操作でも強いとは感じられない強さ。
そんな彼の強みはCPU操作。的確にダッシュ攻撃を入れられたり空中強攻撃のフライングプレスがうざく、
迂闊に攻撃すると反撃され、攻撃しに向かうとフライングプレスで調子を狂わせる。

裏シナリオではシシカバブーからの連戦でキャラを変更することができないが、
シシカバブーはともかくパパイアは変色したとはいえブルータワーの時とそこまで変わらないので
自分の得意なキャラで攻略情報のあるパパイアと再戦と考えるといかに裏ラスボスといえど
そこまで強いと思わず中ボス時と同様の感覚で倒すことができるだろう。

必殺技「シークレットガーデン」は性能が高めだが、本当にヤバいのは技の演出。
具体的には 相手を自分の服の中に入れ飛び上がってダメージを与える というもの。
どこから見てもアレに首を突っ込ませているとしか思えず、女性陣なら絶叫モノだろう。
発動カットイン時は 「特別にサービスしてやる~!!」 と発しており、
この技の存在が パパイアがサービスマンと呼ばれる最大の原因 である。
さらに、ブルータワーでパパイアと戦うのがよりにもよって『2』唯一の 女性キャラ であるポーため、色々と酷いことになってしまう。


MUGENにおけるパパイア

KuR氏によるパパイアが存在する。
原作には無いアレンジカラーや裏ストーリーで見せたカラーが用意されている。

AIは搭載済。外部AIとしてカオス同盟氏によるAIも公開されている。


出場大会

  • 「[大会] [パパイア]」をタグに含むページは1つもありません。


出演ストーリー



添付ファイル