足立透

「どーも、この春から、堂島さんにこき使われてる、足立です」

プロフィール

生年月日:1984年2月1日(水瓶座)
身長:176cm
体重:63kg
血液型:A型
アルカナ:道化師(欲望)
好き:寿司(特にウニ)、牛肉、キャベツ
嫌い:書類整理、部屋の片付け、レンコン
特技:リボルバー拳銃のメンテナンス

アトラスが発売したPS2用RPG『ペルソナ4』の登場人物。
CVはパピヨンやカプコン版の花京院典明を担当した真殿光昭氏。
都会(本庁)から八十稲羽署へ転属されてきた元エリートの新米刑事で、主人公の叔父である刑事・堂島遼太郎の部下。
寝癖に曲がったネクタイとズボラな服装に加えておっちょこちょいな性格。

+ネタバレ注意
ペルソナ4の黒幕にして作中の殺人事件の真犯人 にして通常ルートのラスボス。
テレビの世界に干渉し、人間をテレビの世界に落とす能力を手に入れた三人のうちの一人。(残り2人のうち一人は主人公)
おっちょこちょいな姿は演技であり、本来の彼は自己中心的で冷酷な本性を持ち、かつ高慢を絵にかいたような人物だが、
同時に子供のころから進学校出身だったり、公務員志望から実際に警察官になって本庁に勤めていたり、
銃のメンテが好きと言う手先の器用さに違わぬ高度な手品をこなしてみせたりと、元エリートに違わぬハイスペックの持ち主。
…しかし公務員の中から警察官を選んだ理由が「合法で本物の銃を持てるから」である当たりから分かる通り、職業意識も皆無。
その性格のため本庁から左遷され、現状に絶望している。

殺人事件の真相は彼がファンだった(が、不倫騒動の渦中の)女子アナに警察であることをいいことに身辺警護を任された際
不倫騒動を詰問したところ彼女に相手にされなかったため逆ギレしてテレビの世界に落とした
(テレビの世界は化け物の巣窟であり、大体は死ぬ。最もこの時はテレビに落とせば死ぬことを足立は知らなかった)
というもの。…つまりストーカーの逆恨みのようなものである。
最もこの時はまだ殺意はなかったため、彼女の死体を見た際に吐いてしまっている。

だが、開き直ったのかさらに同じ手口で今度は死ぬことを知ったうえで主人公の先輩の女子を突き落とし殺害。
さらに模倣犯の他校の男子生徒も突き落とす。
異変に気が付いたテレビの世界に落とす能力を手に入れた三人のうちのもう一人を言葉巧みに操って
以降は自分の手を汚さずに主人公たちをテレビに突き落とさせ、暗躍し続けた。

しかしそのもう一人の能力者が捕まった後に怪しまれ、主人公たちの詰問を受けた際に
主人公と捕まった彼以外知らないはずの「テレビに落とす力の存在」のことをうっかり口走ってしまい犯行が露呈。
テレビの世界に逃走し、主人公たちと対峙する。

対峙した際に「青臭い言葉ばかりを並べ立てるやかましいガキ」として「ヤバイヤバイハライタァイ」と主人公たちを馬鹿にし、
自分の大義を掲げペルソナ・マガツイザナギの発現までさせ襲い掛かってくるが、
「だだをこねているガキ」「子供以下の単なる我儘」「くだらない犯罪者」と主人公たちに切り捨てられ、心身ともにボコボコにされ敗北。
後がなくなった彼はテレビの世界の管理者と同化しラスボスとなり襲い掛かってくるが再び敗北。現実世界でも連行されていった。
余談だが、このラスボス・アメノサギリはどこからどう見てもバックベアード様にしか見えない。

足立&マガツイザナギはHPも低く大して強くないのだが、
アメノサギリになるとラスボスとしてはそれなりに強く、高いHPと完全2回行動の上に
HPが一定以下になるたびに混迷の霧で両者の攻撃を封印した後に
コンセントレイト等、自身にバフをかけまくって万能属性の目からビームネブラオクルスで薙ぎ払う戦法が強烈。
無対策で挑むとLv70代のパーティーでも一撃で壊滅する。

しかし、後半は相手の能力上昇をデカジャで打ち消そうとする思考になるため、
毎ターンマハラクカジャをしていると1行動をデカジャで消費して毎ターン1度しか動いてこない。
弱体化も混ざるとデカジャ→デクンダで何も攻撃しないということも起こりうる
そのためLv50以下の低レベル縛りでもハメ殺されることも…
FF5のそっくりさんと同じ思考回路である…2行動な分、あっちよりはマシだが。
また、コンセントレイトとバフ効果をかけまくったネブラオクルスも、
こっちも負けずに補助をかけまくって、ビームのターンに防御すればやり過ごせてしまう。
バフをかけまくる都合、当然本人もデカジャに弱い。

…なお通常ルートの場合はラスボスなのだが、真エンドのルートの場合は彼に力を与えた存在が真のラスボスとして立ちふさがるので、彼は前座になってしまう。

本性は外道そのものだが、「キャベツをもらい過ぎて困る」「主人公に敗北して落とした中身が3000円」と妙に庶民的なところがあり、
そのため通称「キャベツ刑事」「3000円」、P4Uの彼の二つ名に至っては「完全自己中キャベツ刑事」であり公式と化してしまった。
その突き抜けた身勝手さと、そこまで堕ちるに至ったエリートでありながら辺境に飛ばされた不幸な境遇、
そしてラスボスでありながら庶民さ溢れる生活スタイルからコアな人気があったりする。

その高い人気から、リメイク版『ペルソナ4 ゴールデン』では彼のコミュニティと、彼に協力するバッドエンディング「共犯者エンド」が追加された。
……ただ、その優遇は賛否両論で、後述する格ゲーでのシナリオの扱いも含め、「格好良い足立を見られて嬉しい」と言う意見と
「足立は格好悪いけど共感出来るのが良かった」と言う意見があったりはする。
そのゴールデン版のアニメ『P4GA』では6,7話が丸々彼にスポットがあてられている。
原作通り犯人とばれた後は周回を重ねた主人公と一騎打ちになり、チートくさいパワーを持つイザナギと真っ向から渡り合うとんでもない実力を披露した。
マダ、フツヌシ、スカアハ、オーディン、イシュタル、ノルン、ルシフェルと仲間コミュの最高ペルソナを次々繰り出す主人公に対し
マガツイザナギだけで対抗してみせるも、遼太郎と菜々子コミュのコウリュウ、スラオシャの前に徐々に押されていき、
最後はのちのP4U2ペルソナを捨てた真っ向からの殴り合いの末、敗北した。
なお、アメノサギリは出てくるも一言もセリフがないうえ改心した足立から授けられた マガツイザナギにより一撃で倒された 。強すぎない?
他には、ブルーレイ/DVD4巻には共犯者エンド「Thank you Mr. Accomplice」が収録されている。

格闘ゲームには『ペルソナ4 ジ・アルティマックス ウルトラスープレックスホールド』のDLCにて参戦。
同作恒例のハチャメチャな紹介文は「 相も変わらず世の中クソだな! 完全自己中キャベツ刑事(デカ) 」。
P4の発売から5年ほど経過しているためか、公式サイトの時点で堂々とペルソナ「マガツイザナギ」を覚醒させている。
他の銃使いと違い、銃は撃つよりも殴って使う方が多い。
コマンド投げや複数の状態異常が持ち味の、癖が強いインファイター。


MUGENにおける足立透

紅八氏が製作した独自のコンボゲーアレンジのものがゆ~とはる氏のサイトで代理公開されている。
同氏の鎭流と違い、ボイスや使用技・使用ペルソナはそのまま。
原作に無い独自の技も幾つか追加されている。逆切れアクションは特殊技に。
原作の一撃必殺技は超必殺技にされており、オリジナルの一撃必殺技の演出は必見。

動画での使用条件がやや厳しく、
①ゲームスピード60で使用
(音声と混ぜて搭載した効果音が遅れて聞こえてしまうため)
②本体のWavChannelsという値を空の値から60に変更
(一撃必殺技使用時の曲が途切れないようにするため)
とのこと。

デフォルトAIは存在しないが、ホルン氏の外部AIが存在する。
ジャストキャンセルによる展開の速いコンボと剣を射出するオリジナル技による置き攻めが持ち味。


出場大会




添付ファイル