ポケモン風タッグトーナメント


別名「サン&ムーン杯」

解説

かづき氏による、『ポケットモンスター サン&ムーン』発売を記念したタッグ大会。
タイプ相性や特性など、ポケモンの要素を取り入れた独特なルールが特徴。
参加者の中にも、大会であまり見ないポケモンが多く出場している。

ルール

全224キャラによるランセレタッグ大会。
予選トーナメント、敗者復活戦、決勝トーナメントで構成される。

予選は、AからNまでの14ブロックに分かれており、
各ブロックで8タッグが争い、勝ち残った1ブロックが決勝へ進出となる。
タッグは最初の試合時にランセレで選ばれ、同時に特性(後述)がランダムで1つ決められる。

タイプ相性

各キャラにはポケモンシリーズの「タイプ」が1つずつ割り当てられている。
タイプは『サン&ムーン』までの18タイプ+???タイプの19種類。

試合前に、対戦相手とのタイプ相性により、各キャラは「攻撃点」「防御点」を得る。
例として、A&BタッグとC&Dタッグが対戦する場合、
A←→C、A←→D、B←→C、B←→D、の8つにおいて、
それぞれのタイプで攻撃を行った場合の相性により決定される。
タイプ相性は以下の通り。
メッセージ 効果
こうかはばつぐん 攻撃した側に攻撃点+1
こうかはいまひとつ 攻撃された側に防御点+1
こうかがない 攻撃された側に防御点+2
どれにも該当しない 増減なし

タイプの相性は第7世代(サン&ムーン)のものに従うが、???タイプはあらゆるタイプに対し優劣関係が存在しない。
攻撃点1点ごとにATKが、防御点1点ごとにDEFが25%(小数点以下切り上げ)ずつ上がった状態で試合を行う。

特性

タイプによる攻撃点と防御点が確定した後、各タッグに設定された特性の効果により、
さらに攻撃点と防御点が変動する。
特性は以下の15種類。
+ 特性一覧

さかさバトル

敗者復活戦を含む、今大会中の通算の試合数が「10n+8」となる試合(8、18、28…試合)は「さかさバトル」となり、
タイプ相性による攻撃点と防御点の計算が以下のように変化する。
なお、特性により得られる点には影響しない。
メッセージ 効果
こうかはばつぐん 攻撃された側に防御点+1
こうかはいまひとつ 攻撃した側に攻撃点+1
こうかがない 攻撃した側に攻撃点+2
どれにも該当しない 増減なし

出場選手

+ 選手一覧(224名)

+ タッグ一覧(ネタバレ注意)

関連大会


コメント

  • 作者です。そろそろ作らなきゃなー、と思ってたら知らぬ間に滅茶苦茶しっかりしたページが出来てて思わず「ファッ!?」となってしまいました。製作者様には感謝の言葉もありません……!更新頑張ります!! -- かづき (2016-12-03 01:14:34)
  • ルールがきっちり作られているのとポケモン勢が揃っているのがポイント高い -- 名無しさん (2016-12-22 01:12:18)
名前:
コメント:

マイリスト