イカルス星人


「ここは四次元の世界だ。お前たちのいた三次元の世界を飛び越えた、未知の世界だ」

円谷プロの特撮作品『ウルトラ』シリーズに登場する宇宙人で別名・異次元宇宙人
身長2.5~40メートル、体重300キログラム~18000トン。
四次元空間を自在に行き来する能力を持ち、全身から発する針状のアロー光線が武器。
初登場は『ウルトラセブン』第10話「怪しい隣人」。

人間に化けてアンヌ隊員の友人の別荘の隣家に異次元コントロールマシンを使って四次元空間を繋げ、
防衛軍の攻撃が届かないところから地球へ攻撃をしかけていた。
四次元空間に基地を作りあげ、そこに自分の同胞たちを送り込むことで侵略活動を行っていたのである。
この四次元空間ではウルトラアイやカプセル怪獣が使用できず、迷いこんだモロボシ・ダン(=セブン)を苦しめた。

ダンが覚悟の上でコントロールマシンを破壊したことで四次元空間は解除され、正体を表し巨大化。
セブンとの戦いでは円盤との連携や、野山の木々をも焼き尽くす威力のアロー光線を駆使するが
最後はアイスラッガーを腹部に受け怯んだところをウルトラ念力で谷底へと放り投げられ、円盤もウルトラ警備隊によって撃墜された。

+その後のイカルス星人
『ウルトラファイト』では「イカルス」名義で登場。必殺技(?)は殺法破れ傘や三段拳法など。
ただでさえ滅茶苦茶な行動が多い本作のキャラの中でもひときわやりたい放題であり、
ライフルを持ち出し乱射していたかと思えば別の回で「本当に強い男は素手で戦うんだ」と言ったり、
貰ったプレゼントが食べられないからとキレて暴れたり、
話によって性別が違うことすらあったり。なんなんだアンタ

『レッドマン』にもウルトラファイトでの着ぐるみが流用され登場したりしていたが
その後は耳がタイラントのパーツになったことが言及されたり、
作中人物の台詞に名前が出てきたりしたくらいで、長らく映像作品への登場はなかった。

しかし『ウルトラマンギンガ』劇場版にて実に 46年ぶり となる映像作品への登場、
それにさきがけ『新ウルトラマン列伝』にも顔を見せたり、『ウルトラマンギンガS』にも引き続き登場した。
間延びした口調、一人称が「吾輩」、「~じゃなイカ」といった語尾など『セブン』のものにくらべだいぶコミカルなキャラ付けになっている。
声優は関智一(ウルトラシリーズではガルト星人、グレンファイヤー、『ウルトラゾーン』のザラブ星人として出演歴有り)氏が担当しており、
同士が出演している某妖怪アニメのパロディネタを披露したこともあった。
後に『ウルトラマンX』でも同一人物かどうかは不明だが、よく似た声や性格のものが登場している。


MUGENにおけるイカルス星人

muu氏によりSFC版『ウルトラセブン』のドットを使用したものが公開された。
これによりSFCセブンの登場キャラ全てがMUGENに登場したことになる。
初版は2016/11/26 当初はツイッターにてDL先が公開されており、現在は移転したmuu氏のサイトで公開中。
『セブン』や『ギンガ』シリーズのほか、『大怪獣ラッシュ ウルトラフロンティア』の要素も組み込まれている。
1Pと2Pでボイスが違い、前者が関氏のもの、後者がセブンでのものになる。

技としてはアロー光線による遠距離攻撃、ワープしながら殴り掛かるなどといった奇襲向けのもの、
真下に光線を放つ円盤を呼び出す援護攻撃などを備えている。
通常技は地上空中含め4種類あるが、基本的にどれも出が遅く、特に地上のものは使いにくい。
リーチも優れているとはいえないので近接戦闘は避けたほうが無難か。ただし当身技があるので乗り切れないことはない。
もっとも、前後ダッシュをはじめワープ系の動作も多いため、そういった状況にはなりにくいかもしれないが。

超必のハイパーアローシュートは範囲が広く、ダメージは低いが距離によって相手は長いよろけか、ワイヤー吹っ飛びのいずれかになる。
これをはじめアロー光線系の技はガードされても当たれば画面端まで押し戻せるということもあり、遠距離で固め封殺していくのが主な戦い方となるだろう。

この他挑発ではイカルスPADを取り出したり、ダークライブしたりするが
ダークライブでは一定の条件が揃うとあることが起こる。シリーズのファンならなんとなく予想はつくかもしれない。

出場大会

  • 「[大会] [イカルス星人]」をタグに含むページは1つもありません。