ジェイル=ランス



「ふふ…バング…強くなったな…」

プロフィール

対戦格闘シミュレーションゲーム『バトルタイクーン』のキャラクターの一人。
ライトスタッフから発売されたPCエンジン SUPER CD-ROM2『フラッシュハイダース』の
約2年後に発売された『フラッシュハイダース』の続編にあたるスーパーファミコンの対戦格闘ゲーム『バトルタイクーン』のみに出るキャラ。
『バトルタイクーン』の隠しキャラクターで、全使用可能キャラクター中、ただ一人アドバンスドモードで使用できないキャラクターである。
担当声優は大塚明夫氏。


フラッシュハイダースとバトルタイクーンの世界には3つの種族がいるが、
その内の一つ、自分の強靭な肉体だけを武器にして、さらに獣化能力を備えているのが戦闘種族「ウォレス」。
ジェイル=ランスもウォレスであり、設定によるとライオンに獣化できるようだ。
しかし、本編では獣化できる必殺技は使ってこない。代わりに剣を使って戦う。
これは獣化すると「物凄く大変なことになる」理由があるらしい。それが何なのかは謎である。
バング=バイポットの父親で、バングと似たような技を使う。
ん?名前が違くないか?と気になるところはあるが不明。フルネームがジェイル=ランス=バイポットなのだろうか?
ダンディーな佇まいのオジサマだが年齢は不詳。
このように、主人公と直接のつながりがあるにも関わらず謎多きキャラクターである。


MUGENにおけるジェイル=ランス

暗黒内藤氏による『バトルタイクーン』のほぼ原作再現+α仕様のものが制作されている。
A(アタック)ゲージ、G(ガード)ゲージ、S(スピード)ゲージがそれぞれ搭載されている。
原作にある「十字ボタンの下以外が押されてない状態ならば、移動中でも攻撃中でもゲージ溜めができる」ゲージ溜めバグや
「技が6セット当たったら強制ダウン」の仕様の再現のため、目押し連携が6セット続くとダウン属性が付加される仕様など
色々と原作の仕様が再現されている。
なお氏のキャラシリーズにあるアドバンスモードのOPとEDは、原作に存在しないため搭載されていない。

本体にAIは搭載されていないが、IX氏とちぃたま氏が外部AIを製作している。


出場大会