HSI姉貴






「皆さんごきげんよう。緋翠と申します」


概要

東方projectの二次創作ボイスドラマ「クリスマス企画!2013」(通称:クッキー☆☆三期)で鈴仙・優曇華院・イナバを演じた声優、緋翠氏の通称。
クッキー☆及びクッキー☆☆については ニコニコ大百科 等を参照のこと。
ローマ字のHISUIをTDN表記でHSI姉貴。翡翠ではなく翠と書くことに注意。「巷で噂の鎖国系女子」とも。
氏はクッキー☆とは無関係のボイスドラマ「古明地こいしのドキドキ☆鍋パーティ!」(通称:鍋☆)にて火焔猫燐も演じている。
イメージイラストは動画で使われた鈴仙のアイコン及びそこから派生した絵が使われることが多い。
鈴仙との見分け方は、チャームポイントである七三分けで区別しよう。

クッキー☆界隈について最低限に述べると、風評被害を由来とした騒動の結果、「真夏の夜の淫夢」等と同様にその他カテゴリでMAD素材として使われるようになった一連の東方二次創作ボイスドラマ( 参加者本人を含む )の事。
参加者に対する個人情報の発掘を始めとしたストーカー行為、動画にモデルを採用されたことによる東方MMD界隈への風評被害、クッキー☆と無関係なボイスドラマへの侵略行為……等々、実害も計り知れない。
一方で音MADの題材としての優秀さや、ある種の好き放題が許される中で出鱈目に開発・無駄に洗練されていったキャラクタライズを武器に、(言い方は悪いが)CV担当者に東方キャラの皮を被せて架空のオモチャにするという形の娯楽として定着していった。
要はモラルを麻痺させて赤信号みんなで渡れば怖くない、を地で行く界隈である。言うまでも無く蛇蝎の如く嫌う人も多い事は念頭に入れておきたい。

そんな中でHSI姉貴もとい緋翠氏はというと、ボイスドラマの他の参加者が格好の題材となっていく中、着目されることすら殆どなかった。
そんな彼女が何故MUGEN入り出来る程にBB素材が出揃うまでになっ てしまっ たかといえば、 流行ったから としか言いようが無い。
+ 「空前のHSI姉貴ブーム」の軌跡

結局よく分からないという人は、七三分けの鈴仙が火を吹いたりメタリックになったり、落書きや実写の男性や同じ顔の子供と一緒にいた場合は警戒すべき、程度の認識で構わない。

最後に、風評被害を受けた関係者への突撃等の行為は厳禁である……と本来は述べるべきところだが、
この界隈はむしろそういった行為を起源としているという点で、忌み嫌われても仕方の無い理由がある。
例えば、アイコンの元絵はHSI姉貴ブームどころかそれ以前に 諸事情で配布を終了 している。
前述の通りHSI姉貴というカテゴリは例外的に原作や本人との関連が薄いとはいえ、
それをふまえて楽しむならこっそりと、身内ネタが通じる範囲に留められたし。


「メテオストリームビッグバーン!」


MUGENにおけるHSI姉貴


http://www.nicovideo.jp/watch/sm31810593

東方アルカナの原作仕様、黄金夢想曲のアレンジ仕様のキャラなどを製作した BRI兄貴 barai氏のものが存在。
統一規格を基に作られた多数のBB素材を利用している他、氏が追加した動作も入っている。
当然ながら、黄昏ドット基準や東方七頭身といった他のどの手描きの東方キャラとも画風が異なる。
CVは言わずもがな緋翠氏のものを使用。クッキー☆の動画群と同様、ボイスドラマの台詞よりもこえ部由来の音声の方が多め。
既存の鈴仙の改変キャラの声がウザんげ、ホル・ホースレイ+世紀末勢、デッドプールという顔ぶれなことを考えると、
むしろMUGENで鈴仙に初めてまともなボイスが付いたと言えなくもない。
HSI姉貴を鈴仙にカウントして良いのか等の異論は受け付ける。

仕様はGuilty Gearで、『Xrd』で登場したシステムをMUGENで初めて搭載しており、
スローになるロマンキャンセルやバースト覚醒必殺技、横方向に飛ばすダストアタックからブリッツシールドまでも使用可能。
BB素材を由来とした各種通常動作で一瞬コスプレしたりバラバラな武器を使ったりと見ていて飽きない。
火炎放射を除く必殺技が構え技なのも特徴で、エルフェルト=バレンタインのそれと同じ性能の銃撃
「missコンフィールを構える」「missトラヴァイエを構える」に加えてまんまスレイヤーの「ダンディステップ」な技もあり、
それぞれの豊富な派生技を使い分ける必要があるテクニカルキャラの一面を持つ。
他にもバットスイングなダストアタックにアニメのカットイン付きの「デッドオンタイム」
(これもスレイヤーの技)など、総じてパッと見からはまず想像出来ない技が並ぶ。

うどんげ要素は皆無と思いきや、前後ダッシュのグレイズに加えて原作の原作の6A(スーパーうどんげパンチ)やJ6A、2Cを模した動作も。
生薬「国士無双の薬」は自分に注射するBB素材のせいで クスリ 表記になってしまっている。
使う度に攻撃力が上昇するが、4回以上使用すると元ネタ通り自爆……どころか自分だけ即死する。
死亡後の演出の元ネタは、2016年の後期にその他カテゴリでやたら流行った「 ゆうさく注意喚起シリーズ 」。
MUGEN入りには気をつけよう!というかこっちもMUGEN入りしている。
一撃必殺技は深秘録より「*もうお前は狂っている!*」を採用。演出は元ネタ準拠。

ホルン氏によるAIパッチが公開されている。
火炎放射や銃撃による牽制が強く、また迂闊な飛び道具にはグレイズから手痛い反撃を浴びせられるため、距離を問わない立ち回りを見せる。

2017年8月21日の更新により、本体にもデフォルトAIが搭載された。こちらは上記ホルン氏のAI(2017年3月24日版)を改変したもの。
barai氏曰く「急造につき動作が保障出来ないので、あくまでも繋ぎ程度でご使用ください」とのこと。
何故か毎回開幕直後にパイルバンカーをぶっぱしてくるが、気にするな!


「システム起動。戦闘を開始します」

出場大会