ダラン・マイスター








「なっとらんな、若造!」


格闘スタイル:プロレス
出身地:インド
誕生日:11月19日
身長:209cm
体重:168kg
血液型:A型
好きなもの:未知の強敵との戦い、インドラ橋
嫌いなもの:軟弱な若者
特技:プルムのお目付け役、ボディガード
(誕生日などの詳細設定:『ストリートファイターV』ページ内・シャドルー格闘家研究所より)
カプコンの3D対戦格闘ゲーム 『ストリートファイターEX』に登場するキャラクター。
CVは長嶝高士。
『ストEX』初代の隠しキャラとして登場。『EX2』のみ登場しなかったが、『EX2 PLUS』で復活した。
インドのレスラーであり、大富豪の娘プルム・プルナのお目付け役にしてボディガード。
同じレスラーであるザンギエフヴィクター・オルテガと戦いたいと思っている。
(同国のレスラー、ザ・レイスの名は挙がっていない。すでに戦った経験があるのだろうか、それとも彼と戦うのは嫌だったか)

ヒゲのガンダムもかくやと言わん程の見事なカイゼル髭が特徴。
ページ冒頭のセリフにある通り軟弱な若者に嘆く一面もあり説教臭い所も。
外見、言動ともに非常にアクの強いキャラである。

もともとは富豪同士が開催する非公開レスリング組織に所属、チャンピオンであった彼は自由に戦う事が出来ずにいた。
しかしプルムの祖父がシャドルーの幹部であり、優しかった祖父が変貌してしまった理由を突き止めるためにプルムが世界を回る旅に出ると、その護衛につく。
彼は期せずして世界の強豪と戦える機会を得た。

『EX』で実際にザンギエフと邂逅してからはお互いを尊敬し合う仲となっており、後の『EX3』ではタッグを組んでいる。

『V』では本人は登場しないもののザンギエフが「駒」を託した友人が実は彼という裏設定が付けられている。
この設定は公式サイトの「シャドルー格闘家研究所」のキャラ図鑑で彼のプロフィールと共に突然明かされた。
それまでもシャド研はモニターサイボーグブレード等マイナーなストリートファイターキャラ達を紹介していたのだが、
流石に『EX』シリーズのキャラ達はアリカに版権があるため登場は絶望的だろうと思われていたため、
突然のダランの紹介ページ公開には驚かされた人達も多かったらしい。
その後は彼を皮切りに『EX』シリーズの面々も次々と紹介されていくようになった。
勿論アリカのコピーライト入りでイラストのロゴも通常とは異なる『EX』仕様となっているが、
イングリッドや火引百合子(ダンの妹)等とは違い正規の図鑑ナンバーに組み込まれていることから、
パラレル扱いではなく正式な設定に組み込まれているものと思われる。

原作での性能

相手をブリッジの上に乗せ吹っ飛ばすなんてコマンド投げ「インドラ橋」や、
ブリッジのまんま真上に飛んで相手をカチ上げるスーパーコンボの打撃技「インドラ~橋」と言う
突っ込みどころ満載な必殺技の発想は驚異を持ってプレイヤーに迎えられた。
元ネタはマッスル・スパークの始動部分で、3ゲージ使って「インドラ~橋×3 → 空中投げ」とコンボを決める事で
プレイヤー自身の手でマッスル・スパークの手順を再現できるのである。
空中投げのモーションは普通なので完璧マッスル・スパークほど派手では無いし、3ゲージも投入する割にそこまで減らないのだが、
最後まできっちり決めるのはなかなか難しいので(特に最後の空中投げ)最後まで綺麗に決めるとギャラリーが喜んだ。
締めを空中投げにせず、対空投げ「ダランキャッチ」にすれば多少安定する。

また、レスラー同士という事もあり、タッグ戦が採用された『EX3』ではザンギエフとのメテオタッグコンボも用意されている。
内容はやはりキン肉マンからのネタで、ネプチューンマンとビッグ・ザ・武道のツープラトン技、クロスボンバー。
この技でKOすると相手をフォールして3カウントを取る演出が追加される。
原作ではこれを喰らうと覆面を狩られてしまうのだが、残念ながらバルログの仮面を確定で剥がすという事はできない。

プルムとのメテオタッグコンボは2つあり、ひとつはダランのブリッジをトランポリン代わりにしてプルムが跳ね回り、〆は二人で仲良くポーズ。
もうひとつはプルムと共に彼女のEX時代のステージ曲でダンスを踊り、一緒に踊った対戦相手が疲労で(?)ダメージを受けて倒れるという謎の技。
しかもダランは相手より先に途中でリズムに乗り切れずぶっ倒れているが、さすがにこれで体力が減ることは無い。
……保護対象との仲は良好な様である。

『EX2 PLUS』では3ゲージのメテオコンボ、「G.O.D」を覚えた。
正式には「Gamble of Darun」と言うことになっているが、掛け声で堂々と仏教に関する言葉を連呼しており、海外配慮によるコジ付けかも知れない。
所謂投げコンボと言われるタイプのものだが、追加コマンドは一回転+PorKの二択が主。
逆に相手はPorKを入力する事で逃れることが出来るため、読み負けるとゲージの無駄遣いに。正にギャンブル。
ちなみに最後のコマンドは伏せられており、これを入力する事でオーバーキル級の威力に変化する。しかし、ここでも相手は抜けるチャンスがあるため気が抜けない。
ヒントはタメ技。ただし、溜める方向は普通じゃない。
代わりに『EX』で使えた連続ラリアットのスパコン「黄昏ラリアット」がなくなってしまい、打撃だけでゲージを使い切ることは出来なくなった。
一応黄昏ラリアットは『EX3』でのタッグラッシュ始動技・クリティカルパレードで使用している。あるんなら普通に使わせてくれ
(wikiより抜粋・加筆)

EX2PLUSに於けるコンボレシピの一例

MUGENにおけるダラン・マイスター

「焦るな、道は長い」

海外製作者のarmin_iuf氏が作成。
エクセルが搭載されていないが、MVC的な味付けがされており、弱技→中PorK→中KorP→強技という4ボタンチェーンが可能。スーパージャンプやエリアルレイブが使える。
技構成は「黄昏ラリアット」のないEX2PLUS以降が参考となっており、各種技コマンドは原作からいくつか変更されているものがある。
(本来レバー一回転投げの「ブラフマボム」「インドラ橋」が624で出る、受け技の「大覚」がパンチ同時押しからコマンド入力式に、など)
「G.O.D」も搭載されているが、原作と違い単純な投げコンボ形式に変化。
威力も完走でカンフーマン相手に9.8割程度に抑えられている……EX2PLUSに比べたら抑えてるんだって!これでも!
知ってる人が見たら「えー、G.O.Dを最後まで決めたのに10割じゃないのか」と逆に違和感を覚えるはず。
地味な所では、P投げでのバックドロップの後に手を使わずに筋力だけで起き上がっているモーションも再現されている。
勝利モーションの絵が一枚だけで、ゆっくりと体を上下させているところが再現されてないのが惜しい所か。

通常必殺技の「ラリアット」に投げと通常飛び道具に対する無敵時間があり、ガードさせると3F有利でかなり使える。
特に投げキャラ同士の戦いをさせると、ダランのラリアットを相手が投げで返そうとすると、対投げ無敵なのでダランが殴り勝つという場面が見られ
間合いの広いゲージ消費投げで返そうとする相手はゲージを減らしたうえ反撃に失敗するという悲惨な事になってしまう。
かと言ってガードしてしまうとダラン有利で、コマンド投げに行く連携が待っている。

移動投げ「ガンジスDDT」の着地の隙が全く無く(通常のジャンプと同じ着地になり、そのままガード可能)、隙に反撃しようとしたところを返り討ちにする展開もある。
さらに原作ではしゃがんでいる敵を投げる事ができなかったため、移動投げなのにしゃがんで待ってる奴を崩すことができなかったという悲惨な性能だったのだが、きちんとしゃがんだ相手を投げる事ができるようになり、隙が全く無い移動投げとして大幅性能アップ。

対空投げ「ダランキャッチ」の性能が原作だと低くて困ってたのに、投げ判定の発生が1フレームからになったうえ
20フレーム以上もの空中技に対する無敵時間が設定されて完全対空と化した。
AIの反応も良く、相手の飛び込みをバシバシ掴んでくれる。そして「若いのう」とか「なっとらんな若造」とか挑発のおまけつき。

1ゲージ消費の無敵対空技「インドラ~橋」はゲージ消費技としては泣けるほど火力が低いのだが、他に無敵対空は無いので泣く泣く使わねばならなかったという技だったのだが、これの火力が大幅上昇。ゲージ技として申し分の無い火力どころか、3ゲージ使えば450ダメージ+追撃で何か入るという立派な高火力技に変貌している。
ところが、インドラ~橋の後に、原作で定番の追い打ちだった空中投げとダランキャッチが絶対に入らない。
これは空中投げの発生条件が「相手がやられ状態の時は投げ技が出ない」という事になっているためで、それ自体はMUGENの一般的な投げ技と同じ処理なのだが、このためにインドラ~橋の後に空中投げを仕掛けると絶対に空振りして打撃技が出るということになり非常に恥ずかしい。どう見ても空中投げ失敗なのだがMUGENでは絶対成功できないので勘弁してくれ。
もうひとつのダランキャッチは「ダウンする技を受けて落下中の相手を掴む事ができない」というhitdefの設定になっており、
構えは取っているし判定を表示させてみると間違いなく接触しているのだが、なぜか取り落とすということになる。
移動投げ版ガンジスDDTも入らないし、最後の追撃に何を入れればいいのか、いい技が思いつかない……。

……などなど、ガワはダランなのだが戦っていると細かいところがいろいろと原作と違う。
知っている人ほど「あれ?確か、原作はこうじゃ無かったはず……」と感じてしまうところが出てくるだろう。
原作性能の異様な低さ(特にEX初代)をカバーするようにかなり強化された、MUGENならではのアッパーバージョンと考えた方が良さそうである。

AIはデフォルトで搭載されている。
どんどん技を振っていく感じの動きで、ラリアットをガードさせて投げ技を入れていったり、ダランキャッチの反応がなかなか鋭い。
チェーンコンボもあるので、ダランにしてはやけにゴリ押しが通じる戦い方ができる。
その反面動きや連続技の精度は甘さが見られ、意味も無くスーパージャンプしたり、エリアルレイブを上手く決められなかったりといった展開もある。
特に、インドラ~橋コンボをきちんと決めてくれないのは残念。
無理にマーヴル要素入れなくても良かったんじゃないだろうか。

G.O.Dはミスせずに最後まで決めてくれる。つまり 確定で9.8割持って行く3ゲージ投げ と化しているわけだが、
MUGENプロレス界には3ゲージあれば本当に10割持って行く奴がいたりするので、
やっぱりこれでもまだ「えー、即死じゃ無いのか」と思えたりする……。

「その一歩が道となり、またその一歩が道となる!」

出場大会

  • 「[大会] [ダラン・マイスター]」をタグに含むページは1つもありません。


添付ファイル