火雲邪神

「天下武功 無堅不破 唯快不破」
(我 天下の武術界にて 堅きを砕き 速きを遮る)

チャウ・シンチー(日本では『少林サッカー』が有名だろうか)が
監督・主演を務めた映画『カンフーハッスル』に登場するキャラで、同作におけるラスボス的存在。
ぐるじお!とか言いだしそうな名前をしてるが言わない。
演じているのは、ブルース・リャン(吹き替え版cv:屋良有作)。
余談だがこの映画には往年のカンフー映画スターが多数出演しており、氏も20年以上に渡り活躍してきたベテランである。

豚小屋砦の住民との抗争に業を煮やした斧頭会が雇った究極の殺し屋
殺し屋と言っても本人はあくまでも強い相手と殺し合いをして己の敗北を知るのが目的であり、金銭的な執着はあまりない。
カンフーにのめり込むあまり、おかしくなって精神病棟に閉じ込められていた。

初登場時はそれまでギャグ交じりとはいえ、一貫して強キャラだった大家夫妻を1対2の状況で圧倒しその強さを見せつける。
このとき邪魔をした主人公・シンをブチのめしたが、これが後の覚醒を手助けすることになった。
その後、ボスを殺して斧頭会の首領に収まり豚小屋砦に殴り込む。

一見すると只の見すぼらしい老人だが、実力は化け物じみた作中の拳法家の中でもトップクラスであり、
銃弾を指でつかみ取る程度は朝飯前の他、普通の人間なら軽くはたいただけで首をぐるぐる回して殺せる
常人を数十メートルは蹴り飛ばす達人の蹴りを受けても平気など驚異的な身体能力を持つ。
崑崙派蛤蟇功の使い手であり、地面に這いつくばって太ももと喉をカエルのように膨らませて突進する 非常にキモいビジュアルの 技でシンを苦戦させた。
武術を殺し合いと捉えていることもあり、手段を選ばない面を持っているため、
形勢が逆転しかかると降参したふりを見せ、隠し持った暗器で攻撃する場面もあった。
最後はそれも通じなかったシンに潔く敗北を認め、そのカンフーを敬い頭を垂れた。

という身も蓋もない中華的世界観のクライマックスを飾るラスボスとして、素晴らしい存在感を発揮した名悪役である。


MUGENにおける火雲邪神


Borewood氏によるものが公開中。
ドット絵はカンフーハッスルをデフォルメ格ゲー化したフラッシュゲーム「カンフーファイター」のものを使用しているが、
作者によってドットの改変や追加が行われている。
フォルダ名は「Custom Kung Fu Hustle The Beast」なので注意。専用ステージも同梱されている。
原作で見せた動きの一つ一つが忠実に再現されており、その完成度は高い。
超必の蝦蟇功には溜めがあり、その長さによって回数が増える。
通常モードと性能が強化されたボスモードの二つがあるので使い分けるといいだろう。
デフォルトでAIが搭載されている。


出場大会