ゴクウブラック


「愚かな人間には死こそが恵み」

鳥山明の漫画『ドラゴンボール』及び関連メディアミックスに登場するキャラクター。
英語表記は悟空に倣って "Gokou Black" 、あるいは単に "Goku Black"
TVアニメ「ドラゴンボール(スーパー)*1の"未来トランクス編"で初登場する。
本編世界とは別の未来世界に突如現れ、世界を壊滅状態に陥れた謎の人物で、
作品の主人公・孫悟空と瓜二つの姿をしている。
悟空とは異なる黒を基調とした胴着を纏い、左耳に「ポタラ」、右指に「時の指輪」と
界王神のみが持つ事を許される神具を身に着けている。

しかし未来トランクスの世界では悟空は人造人間編の前に病死しており、ドラゴンボールも消滅しているため本人が蘇る事はまず有り得ない。
かつて過去(=本編基準の現代)の世界での悟空の事をよく知っているトランクスには、「姿形が似た偽者」としか考えられなかった
(視聴者からしても、『Z』の劇場版『ドラゴンボールZ 地球まるごと超決戦』で、
 孫悟空にそっくりなサイヤ人、ターレスが出てきた前例があるのでこう考えた人も多かっただろう)。

担当声優は悟空と同じ野沢雅子女史。
海外の吹き替えでもこの点は守られており、Sean Schemmel氏が兼任している。
ゴクウブラックという名前はブルマ(未来世界)が便宜的に命名したもの(劇中では更に略してブラックと呼ばれる事が多い)で、
本人がそう名乗った事はなく、あくまで「孫悟空」を自称していた。

+その正体は…(ネタバレ注意)
その正体は本物の悟空では無いが、ターレスのような他人の空似でもなく、
第10宇宙の北の界王 ザマス が、超ドラゴンボールで悟空と自身の肉体を入れ替えたものであった*2
本編での基本世界とは別の並行世界の悟空とザマスが入れ替わっている。
同一人物であるため当然考え方も同じだが、一部価値観に差異が生じており、
不老不死の肉体になる事を勧めるザマスに対し、ブラックはこの肉体に満足している。


「お前らのセンスに合わせて名付けるとしたら…
 『ロゼ』… そう…『超サイヤ人ロゼ』」

基が悟空の肉体であるため、サイヤ人特性の能力を持ち本家同様に超サイヤ人に変身可能であるが、
本家とは異なり「超サイヤ人ロゼ」と自称するピンク色の髪の特異形態となっており、
本家オリジナルである悟空やベジータの「超サイヤ人ブルー」と対象的な位置付けとなっている。
「お前らのセンスに合わせた」というが正式名称である超サイヤ人ゴッド超サイヤ人を知ったらどんな名称にしたかは謎である
この状態になるとベジットのように気で作った剣を用いて戦うようになり、振ると同時に針状の気を飛ばす事も可能。
その後のパワーアップで剣を鎌に変形させる、分身を出すなど更に多彩な戦法を取るようになった。
一人称も初登場当初は「私」だったのが超サイヤ人の性質により変身後「オレ(=俺)」に変わり、
以後ノーマル形態でも一貫して「俺」に統一されている。一方の漫画版では口調は荒々しいが「私」のままである。
現代悟空との対面当初こそ二人称は「」であったが、それ以外は他同様「お前」や「貴様」と呼び方が変わっている。

悟空の肉体を完全に使いこなせているわけではないので、悟空とベジータの動きに付いていけなくなる事もあるのだが、
本編よりも少し先の時間軸の悟空の肉体であるためか、あと一歩、二人が及ばないという強さを持っている。
しかもサイヤ人特性で下手に追い込むと更に強くなるという厄介極まりない相手。
ちなみに漫画版では瀕死パワーアップでどんどん手がつけられなっていくブラックと異なり、
悟空本人とベジータは鍛えすぎていて、もう瀕死パワーアップしてもほとんど強化されない、と述べられている。

話を追う内に徐々にその全貌が明らかになって行くが、基本世界でもやはり同じ流れになろうとしていた。
しかしその前後に悟空とベジータが未来世界へ行った事によりその事を突き詰めたため、
現代へ戻った後にビルスとウイス、更には東の界王神(シン)と共に犯行現場を突き詰め、
ウイスが時間を巻き戻した後、ビルスがザマスを図に乗るんじゃないぞ破壊した事により一件落着。

……と思われたが、トランクスはかつての人造人間編での経験があったため半信半疑な状態であった。
ビルス曰く「神が神を破壊すれば全ての時空を干渉する」*3と言っていたが、結局はトランクスの思っていた通りの展開であった。
これに関してビルスはさすがに自身の思惑以上な出来事であったためかなり責任を感じていた。
ビルスにとっては、このまま未来へ行ってブラックと未来ザマスを破壊する事は容易い事だったが、
界王神ではない破壊神が時空を行き来する事は立場上やはり不可能であるため、
シンとゴワスに悟空・ベジータ・トランクスの援護協力を要請するしか無かった。

終盤でゴクウブラックとザマス(未来)はポタラ合体を敢行し「合体ザマス」*4となって悟空達を追い詰めるが、
最終的には「全王」によって世界ごと完全消去された。

格闘ゲームでは後述のザマス(正確には合体状態の方だが)と共に『ドラゴンボールファイターズ』に出演している。
本作では特殊KO演出として、破壊すると見せかけてデコピンを食らわせるビルスの「破壊神の裁き」でKOされる際、
ゴクウブラックと合体ザマスのみ 本当に破壊される (ついでにダメージも最大HPの約5倍と超オーバーキル化)というファンサービス(?)も。
この他、『ドラゴンボールゼノバース2』にも登場している。

+ザマスとは

「このザマスこそが、宇宙の知恵、宇宙の法、宇宙の力なり!」

第10宇宙の北の界王。界王神と同じ種族で、モヒカンヘアーと緑色の肌を持つ。
名前の由来は漫画の貴婦人(『ドラえもん』のスネちゃまのママなど)が語尾につける口調から。
mugen的にはマッドマンの語尾と言えば分かり易いだろうか。
担当声優は三木眞一郎氏。
海外では『ドラゴンボールエボリューション』でピッコロ大魔王を演じたJames Marsters氏が吹き替えを担当した。

その強さは、悟空に「第7宇宙の界王神(シン)より強い」と言わしめるほどで、超サイヤ人2に覚醒したトランクスと同等程度。
また、ロゼ化ブラック同様気の剣で戦う事が可能。
身長はシンよりも高く、シンを小学校低学年と例えるなら、ザマスは青年くらい。

現時点では破壊神を除く界王と呼ばれる人種上では間違いなく最強候補である。
第10宇宙を管轄する現界王神ゴワスより次期界王神候補として修行をしている。
しかし潔癖すぎる人格面故に、ドラゴンボール史上最悪の災いをもたらす事態へと発展してしまう。

作中では基本世界、並行世界、未来世界と同一存在であるが時間軸の異なる三者のザマスが登場している。
三者の末路に関して、基本世界版はビルスに破壊(消滅)、残りの二者は全王に世界ごと消去(完全消滅)されている。

+余談中の余談だが
最近のMADでは「トランクスルー」のようなものとして、「ザマスルー」「ブザマス」「ウザマス」なるネタも見かけるようになっている。
しかし、相手にされたらされたで「破壊」という一人用のポッドのような扱いを受ける。

なお、「あなたにテコンドーを教えてやろうか?」とは何ら関係ない。あってたまるか

「我が姿は正義、我が姿は世界…
 崇めよ、讃えよ…この気高くも美しい…
 不死にして最強の神…ザマスを!」


MUGENにおけるゴクウブラック

+Heal the world氏
  • Heal the world氏製作

2016年11月公開。スプライトは『超究極武闘伝』のものベースに胴着を部分改変したものを使用しており、
音源の少なさからターレス(こちらも野沢女史が担当)の台詞が一部流用されている。
こういった深刻な素材不足は同じ声のバーダックも同様だが、ゲームでの出演が多い分ブラックほど音源には困らないだろう。

+Mikel8888氏 & InSeph氏 & MYTHOS氏製作
  • Mikel8888氏 & InSeph氏 & MYTHOS氏製作
新MUGEN専用。
海外産のちびキャラで、AAgus氏とJetrix97氏による『JUS』風ドットを用いて製作されている。
DLは下記の動画から

出場大会

  • 「[大会] [ゴクウブラック]」をタグに含むページは1つもありません。

出演ストーリー



*1
ちなみに「ドラゴンボール(スーパー)」はTVアニメ版が先行で制作されているため、
コミック版とは話の大筋などは基本的に同じだが設定や内容などが微妙に異なる。

*2
ギニューのボディーチェンジと異なり、声は元の肉体のままとなっている。
ザマスの肉体に替えられた悟空がザマスの声で口調が悟空という場面がある。

*3
今回は結果論重視でトランクスの言い分通りの展開となったが、
本来はビルスが述べた通り神の力は全ての時空を干渉する
そうならなかったのは、ゴクウブラックが神具「時の指輪」を身に付けていた事でそれらの干渉から免れていた事が原因となっている。
つまり逆を言えばタラレバ理論上、ビルスがセルを破壊した場合、
全ての時空におけるセルの存在そのものが完全消失するはずである。

*4
これを受けてか、ゲーム作品『ドラゴンボールフュージョンズ』ではオリジナルキャラクターとして、
少年悟空とフュージョンした「ゴマス」が登場している。