問題児

1 教育上、特別の配慮を要する児童。特に、性格や行動の面で問題をもつ児童をいう。
2 発言や行動が周囲と合わない人。「会社の―」

(Yahoo!国語辞書より引用。)

要するに、本来の意味ではこの子この子のような人物の事。

転じて、MUGENでは視聴者が「ちょwwwおまwww」と思わず書き込まずにはいられない、
奇天烈で破天荒なバトルを繰り広げるキャラクターを指す。

「ヴァーン! ヴァーン! ガメヴァメヴァアアアアア!!」


1.レジェンドゴジータの通称。
凶悪キャラグランプリ」において圧倒的力を持って暴れまわり、いつしかそう呼ばれるようになっていた。
凶悪キャラグランプリでは宇宙意思と事実上の決勝戦こと天地創造(仮)を繰り広げた。
「ガメヴァメヴァ」で某うぐぅを開始直後に葬った様は、まさにレジェンドと呼ぶに相応しい。
「ゲバ」「ヴァーン」「ガメヴァメバアアアアアアア」等の台詞が人気。
登場するたびに「問題児www」等とコメントがつけられることが多い。
+ 天地創造(仮) の1シーン
天地創造(仮) の1シーン
絵:の~ま氏  ニコMUGEN絵板 より。

2.GODKAKAROTの通称。この称号を継ぐ者としては二代目にあたる。
やっぱり「ドラゴンボール」という作品はギャグ視点的で見るとどこかおかしくなるのか…。

3.ホーマー・シンプソンの通称。三代目である。
その元々原作でのフリーダムなキャラクター性は、やはりMUGENに来ても変わっていなかった様子。
彼の問題児っぷりはゲジマユトーナメントシリーズで良くわかる。
なぜドラゴンボールキャラが続いた後唐突にホーマーとなったかは不明。

4.ケーブル上海人形タッグの通称。おまゆの問題児。
STGも裸足で逃げ出すビーム弾幕で対戦相手を次々封殺する姿から、
「チートオルレアン」「CAVEル」「わかりやすい無理ゲー」などと評された。
…しかしこのタッグの強さはゲジマユ時のみに限ったものではない。
自重しないAIならばお別れタッグに圧勝できるほどの恐ろしい実力を備えているのである。
(11:50からビーム脳の本気)

5.緋雨閑丸(masquer氏製)および雷EX(Basara-kun氏製)の事。
前者はいわゆる「傘」、後者は彼になぞらえて「廉価版傘」などと呼ばれている。
どちらもかなりアッパー調整されたキャラで、原作では考えられない凶悪さで暴れまわり、強凶クラスの大会で猛威を振るっている。
閑丸はともかく、雷は原作準拠性能のキャラもよく見かけるため、EXの問題児ぶりが浮き彫りになりやすい。
SUMOUも同じようなものだが、彼女はむしろ予定調和と呼ぶべきだろう。


この他にも、大会ごとに「問題児」と呼ばれるキャラが発生する。
特に凶狂レベルやゲジマユ成長ルールなど特殊ルールの採用、魔改造を施した大会では問題児が発生しやすい。後の二つの場合は「ルールの理解者」とも呼ばれる。
+過去に問題児と呼ばれたキャラ
大会 キャラおよびチーム
作品別Ultimateトーナメント 天草四郎時貞ボスハルク
幻想浮遊島タッグバトル 西行寺幽々子ターンX
主人公連合vsボス連合対抗番外編【タッグ】 カイザーナックルチーム
【自分よければ】自己中成長(?)サバイバル【すべてよし】 キム・カッファン
陣取り合戦 チャカ
力が・・・勝手に・・・トーナメント 死ね死ねサイクロップスターンXネオギガス
格差社会を生き抜け!ランセレ成長バトル ホワイトトキハルクペア
オールスターゲージ増々トーナメント アンパンマンなど
想いが・・・勝手に・・・テーレッテーする大会 シン
大規模!作品別 成長ランセレサバイバルバトル sheana
密告中!サバイバル SecondRun及び 七夜志貴(MOW七夜)