ジン・サオトメ



「来ぉぉぉぉぉい!!

 ブロディアアアアア!!!!」



元々はカプコンが製作した2Dロボット格闘ゲーム『サイバーボッツ』のキャラクターであり、主人公。
漢字表記だと「早乙女 
他の格闘ゲームだと、『MARVEL vs CAPCOM』、『MARVEL vs CAPCOM 2』、『超鋼戦紀キカイオー』にも参戦している。
声優はPS・SS版『サイバーボッツ』では古谷徹氏、同作のドラマCDだと置鮎龍太郎氏、『MVC』以降や『キカイオー』ではうえだゆうじ氏が担当している。
それぞれの声優が他に何をやってる人か気になる方はこちらへどうぞ。
殆ど知られていないが、実はアーケード版『サイバーボッツ』でも対人対戦で勝った時のデモ画面の一言で喋っていた。こちらの声優は不明(他のキャラも同様)。

年齢 :21
身長 :175cm
体重 :72kg
血液型:A

熱い闘志を胸に秘めた、若きVAパイロット。
彼の父ケン・サオトメは連合軍VA部隊に所属する優秀なパイロットであったが、
一年前ナゾの事故によって死亡した。
VA武者修行の途中であった彼は、父の死を知らされ真相を解明するために、戦いの場に足を向ける。
(PS版サイバーボッツ説明書より引用)
+ 以下、原作ネタバレ含む。

主な搭乗機体は、ブロディアB・ライアットとBX系統の機体を使用。

『サイバーボッツ』とそれ以降の登場作品では、全然性格が違う。
『サイバーボッツ』だと『覚悟のススメ』の葉隠覚悟を元ネタとした静かに燃える炎のような性格
(設定画には「零式鉄球(覚悟が体に埋め込んでいる武器兼防具)を描きたくなる」なんて文章も)。
『MARVEL vs CAPCOM』シリーズのジンは『機動武闘伝Gガンダム』調の 暑苦しい 熱いキャラで有名。
サオトメサイクロンでは超級覇王電影弾のように頭だけ飛び出し、
来ぉーい!と叫び指パッチンでブロディアを呼ぶ姿はまさしくドモンのそれ。
お陰で「 ブロディアは呼べば何処でも飛んでくる無敵のスーパーロボット 」的な誤解を招いたりもしているが。
といっても外見は相変わらず葉隠覚悟の要素が多い。構えは零式防衛術のようだし、やたら脱ぐ(下着が締め込み褌な点も)。変態かジンー!
ちなみに挑発服を脱いでの乾布摩擦
しかも挑発中に攻撃ボタンを連打すると擦った所から火が出て攻撃可能。
まぁ、背中側にちょっとだけ攻撃判定とか、まともな使い道はないけど。

『キカイオー』ではドリームキャスト版専用の隠しキャラとして登場しているが、そちらでもややキャラ傾向が変わり、
ヤーさん風口調+ドスの効きすぎな声で喋るいかにもヤクザっぽい雰囲気となっている(声の調子のせいもあるが…)。
ちなみに元設定で「技の名前を叫びながら戦う」癖があり、『キカイオー』ではよく喋る。
ただし残念ながら彼のストーリーモードは用意されていないため、どういう設定になっているのかは不明。
+ ドス声キカイオー版ジン

「『サイバーボッツ』の頃のジンは普通だった」とよく言われるが、
宇宙と書いて「そら」と発音したり 声優が古谷徹だったり 愛機ブロディアにファンネル(ビット)が搭載されてたり と、
露骨にニュータイプの匂いがする (そのせいかデビロット姫バッタモン呼ばわりされている)。

原作での性能

『サイバーボッツ』や『キカイオー』でのジンはVAパイロットでありブロディアに乗って戦うため、
ここでは『MARVEL VS. CAPCOM』シリーズでの生身で戦うジンの性能を記す。

タメ技持ちで、固めが基本のキャラ。
サオトメハリケーンや同ダイナマイトなど、必殺技はそこそこ高性能だが、
通常技とチェーンコンボが特殊(地上は弱→中まで、空中は中攻撃がふっとばし)で使いづらい。
スパコンは火力が高い代わりに癖の強いものが殆どで、簡単に連続技になるブロディアパンチ以外は使いどころが難しい。
そのため、空中戦や手数で攻めるよりも、地上で弱中チェーンや
「砕けー!(強P)」→ハリケーンで牽制しつつ一発を狙うスタイルをとることになる。

MVC2ではどっちかというとアシ専
わりと誰にでもわかりやすいリュウサイクなどと比べると、かなり挙動が特殊。
全体的に発生が早い方でもなく、範囲自体も当て方でカス当たりしたりなど、難しい。
エリアルなどもテンポを若干切り替える必要があったり、当然技もタメ技なので使いどころを選ぶ。
一部通常技に削りがあるという特徴があるが、このゲームには「別に飛び道具で削ればいいじゃない」というキャラ
あんなのこんなの、果てにはこういうの)もいるので、実質この特徴は活かされていないと思って構わない。
明鏡止水という特殊能力もあるのだが、条件は自キャラがジンのみ生存でかつ、体力が極小。
火力が上がりスーパーアーマーが付くとはいえ、キャラ勝ちしていない限り逆転は厳しい。
ただ、自身が画面端に追い詰められている状況でのブロディアパンチの出は非常に早く、明鏡止水状態でこれを当てると一気に試合がひっくり返る場合も。
上級者同士の試合ではなかなか明鏡止水を活かすのは難しいが、その逆転性から好んで使う人もおり、ゲーセン等では明鏡止水での逆転もそこそこに見かけられた。

アシストの「サオトメタイフーン」がめくりとか固めとかに使えるので本体の出番は少ない。
落としたところをタイフーンで拾ってエリアル再開などにも多用される。
また「サオトメダイナマイト」はコレダー昇龍拳のように割り込みや対空に大活躍。
発生無敵があるので潰されづらく、飛び道具に対しても間接攻撃扱いなのである程度の相殺能力を持つのも魅力。
ただし、チームとして考えると全体的に使いづらいのが現状であったりもする。
キャプテンコマンドーサイロックみたいに控えが定位置のかわいそうなキャラであるとも言えるが、
最後にジンが残りやすいのは明鏡止水発動にはうってつけであるので、そういう意味ではアシストが便利なのはシステムとかみ合ってるとも言える。


MUGENにおけるジン・サオトメ

どれも原作とは結構性能が違っている。

  • Thomas Hsieh(hsiehtm)氏製作 MVC仕様
原作再現度はなかなかだが火力が結構低め。ステージによってはブロディアパンチでブロディアが来ないことがある。
勝利ポーズボイスがずれているのはご愛嬌か。

なかなか強いAIを搭載。コンフィグから強さの設定もできる。

  • Sunboy(Ketra?)氏 MVC仕様
なぜか立ち強Kのあとサオトメクラッシュが出ないバグがある。
スーパーコンボを当てたあと時々でるジェムを使うことができる。コマンドは236S。

  • 信遊亀氏製作 MVC仕様
ブロディアパンチのボタン入力をy+zにすると2ゲージ消費の「ブロディアフィンガー」に変化する。
腕だけライアットになってるのはご愛敬。

2005年以降更新されておらず、かなりバグが残っていたが、2008年5月頃、ニコニコ掲示板にでジン熱を再燃させた熱い男が現れた。
サオトメ動画の人にテストプレイを手伝ってもらってバグ修正をし、6月4日に投稿された動画からは、修正版を使っているようだ。
そして2010年5月8日、ガンホール氏のAI+改変パッチが公開された。

画面を所狭しと飛び回り、超必殺技の高い火力を叩きつけるジンらしい中々に高性能なAIとなっている。

  • 信遊亀氏製作 MVC2仕様

  • アフロン氏製作 アレンジ仕様
基本システムは同氏のストライダー飛竜と同じであり、チェーンコンボやエリアルレイヴも可能だが
一部の通常技がキャンセルがかからないようになっている。
立ち強Pが壁叩きつけになっていたり、しゃがみ強Pが確定ガードクラッシュ(ただしキャンセルは不可)になっていたりと
通常技の性能も若干異なる。
原作では使い勝手の悪かったサオトメクラッシュが強弱で性能が変化するようになっており
弱中で相手を画面端に追いやったり、強で追撃が可能になったりと、それなりに使えるようになっている。
必殺技もオリジナルのものが追加されており、愛機ブロディアのガトリングロッドやフルメタルチャージを模した
サオトメガトリングやサオトメフルメタルチャージ
名前もそのままプラネットスマッシャーなどが追加されている。
ハイパーコンボのブロディアパンチやサオトメサイクロンは原作とさほど性能は変わらないが
ブロディアバルカンがLV3ハイパーコンボに変更されており
バルカンで滅多撃ちした後に父、ケン・サオトメから受け継いだ日本刀で相手を切り裂く演出が追加されている。
デフォルトAIは未搭載。


余談だが、ブロディアパンチは巨大ロボが画面外からパンチというインパクトの高さから、MUGENでも結構他のキャラにオマージュされていたりする。
また、格ゲーやベルトスクロールアクションの技を多数パク・・・もといオマージュしているオンラインゲーム、
アラド戦記においてもガンナーの派生職、メカニックのスキルに「ゲイボルグパンチ」なる
オマージュどころかモロにそのまま な技が存在する。
さらに元ネタのブロディアパンチではなくこっちを技として持っている人なんかもおり、非常にややこしい。

出場大会

シングル
タッグ
チーム
その他
更新停止中
削除済み
非表示

出演ストーリー