仮面ライダータイガ






「ごめん。君は大事な人だから、君を倒せば僕はもっと強くなれるかもしれない…」
 ■スペック
 身長:197cm
 体重:97kg
 パンチ力:250AP(12.5t)
 キック力:400AP(20t)
 ジャンプ力:ひと跳び45m
 走力:100mを5秒
 FINALVENT「クリスタルブレイク」:6000AP(300t)
 (1AP=0.05トン相当)

概要

仮面ライダー龍騎』に登場する仮面ライダーの一人。
変身者は東條 悟(とうじょう さとる、演:高槻純)。
ライダーの中で唯一右手でデッキをかざして変身するが、これは仮面ライダーZXのオマージュだそうな。また、変身時のポーズが複雑怪奇。
白虎型の二足歩行モンスター「デストワイルダー」と契約している。
召喚器は「白召斧(びゃくしょうき)デストバイザー」で、常用武器としても使用。
名前や召喚モンスターから分かるように、をモチーフにしており、 (仮面ライダーガイと違い白銀色)と を基調にしたデザインをしている。
胸部アーマーは仮面ライダー1号のコンバーターラング(胸アーマー)がモチーフとなっている。
龍騎、ナイトゾルダに続く初代仮面ライダーの一部分をリスペクトしたデザイン、
龍虎相打つ」ということわざや「大牙(タイガ)」という当て字が設定されていたことなども含め、
初期の構想では龍騎のライバルポジションとして登場する予定だった。
(実際は東洋龍の龍騎とユナイトベントで融合されたドラゴン王蛇の東西対決に落ち着いた)

後述の香川英行の手で複製品が開発されたが、あくまでミラーワールドを覗き見る事しか出来ず、変身機能は備わっていない。
また、擬似ライダーシステムである「オルタナティブ」及び「オルタナティブ・ゼロ」は、
神崎士郎が遺した資料とタイガのデッキのデータを元に開発された。

+ デッキ構成など

+ 変身者の設定

+ 「俺が組むのは弟だけや」

(以上、Wikipediaより抜粋・一部改変)

MUGENにおける仮面ライダータイガ

藤山氏による手描きキャラが2016年に公開。
最新バージョンから初期バージョンまでダウンロード可能。
他の龍騎勢との特殊イントロが搭載されている他、勝利ポーズではオルタナティブ・ゼロ(香川英行)も登場する。
性能はリーチが短めだが通常技の攻撃力は高く、軽くコンボを決めただけでも相手のHPをゴリゴリ削ることが出来る。
超必殺技は3種類あり、組み合わせ次第では強力だが、最新版では回数制限があり、
フリーズベント(相手を一定時間行動不能にする)は1試合に1回、ファイナルベントは1ラウンドに1回しか使えない。
特にファイナルベントは派手で見栄えが良いものの、火力はそこまで高くはなく、
性質上相手が動いてると外れやすいため、出しどころを考えなければ、完全に無駄に終わってしまうため注意。
基本的にはフリーズベントとの併用が望ましいと思われる。
ななび氏による最新版対応のAIが公開されている。

ガ・タキリ・バ氏によって同年にMUGENデビューした仮面ライダーたちを紹介する動画が投稿されており、タイガもその一人として出演している。

出場大会

  • 「[大会] [仮面ライダータイガ]」をタグに含むページは1つもありません。