ザベル・ザロック








「俺サマは帝王ザベル!
   かなうヤツなどいやしねェ!!」


初出作品: ヴァンパイア The Night Warriors
出身地: オーストラリア
生年月日: 1889年 誕生日は不明。 }*1
身長: 180cm
体重: 39kg
種族: ゾンビ

「死のロッカー」「地獄のメインイベンター」
ヴァンパイア』シリーズに初代より登場するクールでクレイジーなナイスデッド。
ゾンビなので中身がスカスカ。故に身長に対して体重が異常に軽い
シリーズ中では冷酷、残忍、狡猾、そして殺戮と破壊が大好きで、俺様至上主義者と言う徹底した外道として描かれている一方、
お調子者で底抜けに明るく常に前向きで、野心と向上心に溢れ、同属のレイレイには死臭が好みと言う旨の発言で乱入する、
重苦しい設定が多いキャラの中でかなり明るく破天荒な表現をするなど、どこか憎めないキャラクターとなっているためプレイヤーには人気がある。
またメディアミックスや外部作品でもそれなりに良い位置を与えられている(漫画やアニメ、『NAMCOxCAPCOM』など)。
その反面、クールでクレイジーなキャラ性は無視されてる場合も多いが。

CVは登場するゲーム作品全てにおいてうえだゆうじが出演。氏は同シリーズ内ではガロンオルバスの声も併演している。
シリーズ中ではエフェクトのかかった甲高い声だが、演技の見直しがあったのかナムカプ以降はドスの利いたデスヴォイスになった。…これなんてクラウザーさん
OVAではかの山寺宏一が出演。ドラマCD及びカセット等では石川英郎、島田敏が担当していた。

また、よく間違えられるが『ザベル・ザロック(Zabel Zarock)』である。
『ザベル・ザ・ロック(Zabel The Rock)』ではないので注意。ググれば分かるが、この間違いは本当に多い。
海外版では『Lord Raptor』と言う名称になっている。

「今日も元気に死んでるゼェー!!」

「地獄に落ちろだァ!? 今そこから来たばかりだぜェ!!」


キャラクター設定

+ ストーリー

+ ザベル・ザロック人間時代の略歴
+ ル・マルタ
+ 「帝王」オゾム

+ メディアミックス等での扱い
+ 外部出演


キャラクター性能

初代『ヴァンパイア』から登場しているが、その性能に関してはかなり変更点が多い。

  • 『ヴァンパイア』
基本コンボで5割以上ぶっ飛ばすキャラが軒並み上位につけている中、基本コンボの威力が3割弱(今の尺度で行けば充分多いが)しかなく、圧倒的な火力不足。
一応追い討ち攻撃の『スカルジャベリン』を持っているが減りは異常に少なく、しかも屈強Kで転ばせた後に出せないので、
実質追い討ちできるのが『デスハリケーン』及び『デスボルテージ』ヒット後のみという使い勝手の悪さから焼け石に水。
そして他キャラが多段ヒット通常技を持っている中ほぼ全ての技が単発という有様で、通常技に関しては完全に他キャラに劣っている状態。
コマンド投げも当初から実装されていたので当て投げをすればいいかと思いきや、投げた後の状況が良くない(相手と同時に動き出しになる)ため、
サスカッチフェリシアのように当て投げからハメ戦法ともいかない。

唯一強いのは『デスボルテージ』でこれを確実に当てて行くというのが基本戦法だが、小足から即死させられるキャラが居るゲームではそうもいかなかった。
一応、移動技の『ヘルズゲート』は無敵なので逃げはやりやすいが、火力が無いキャラが幾ら逃げていたところで勝ち目は無く、キャラランクは下から数えたほうが早い。

変幻自在のトリッキーキャラという位置づけだったのだろうが、初代『ヴァンパイア』はそういうゲームではないのでどうしようもない。

  • 『ハンター』
前作で残念なことになっていた火力の無さに上方修正が入っており、単発でそこそこ減る技が用意されたため相対的な強さはかなり上昇している。

打点の高いレバー入れ中Pは、リーチがとにかく長くダメージは大攻撃並みに。加えてかなり動作が素早く、
ガードキャンセルされてもガード可能という頼れる技になったため、基本的にはこれを振りながら牽制していくスタイルが基本。
対空には主に屈強Pとレバー入れ強Kを使っていけばほぼ潰されることは無く、キッチリ対空を入れていけば手堅い立ち回りが可能となっている。

また空中に居られるというアドバンテージを行かせる空中ダッシュに加え、
下半身をドリルにして回転しながら飛んでいく『ラウドネススクリュー』(通称『虫ドリル』)が
こういった類の技にしては珍しく「高めでガードさせれば投げが確定する」という物で、
「ラウドネススクリューをガードさせる>投げ」の戦法が強力と、崩しに関しても申し分無い。
また、空中大Pやしゃがみ大P等の肋骨を伸ばすタイプの攻撃は肋骨全体に攻撃判定が設定されており、
逆に食らい判定は本体部分のみというゲーム中屈指の超判定であり、空対空、空対地、地対空の超迎撃性能を持つ。

『スカルスティング』はガードされてもGCなどで反撃されにくいため、
「スカルスティング>中K>スカルスティング」というお手軽な固めが中々抜けにくい。
スカルスティングがヒットさえしてしまえば「屈中K>デスボルテージorイービルスクリーム」から
追い討ちで4割~5割以上ゲットできるという非常においしい性能となっている。
(まれに反撃を受けることもあるが、屈中Kのモーションの関係上痛打になりにくい)

前作で逃げに使われていた『ヘルズゲート』もほぼそのまま搭載しているため、追い詰められても逃げまわることが可能。
全体的に長リーチと強判定で迎撃していく、ダルシムタイプのキャラクター。

と、ここまで列挙すると強キャラのようにも思えるが、対応型キャラという特性上、どうしても爆発力と決定打にかける部分があり、
上位キャラに得意な戦法でゴリ押されるとどうしようもなく潰されたりしまうことがあるためか、キャラダイヤは中堅どまりである。
ただし性能をキッチリ生かしていけば上位キャラを食うことも出来るため、どこまでいけるかは読めないキャラクターとなっている。

+ 『セイヴァー』

MUGENにおけるザベル

  • Zelgadis296氏作 『ヴァンパイア』仕様
強AIを搭載していなかった為に性能を生かしきれずにいたが、
キミーニョ氏のAIパッチが公開されてからは、まさに理論上最強を証明する形で、各大会で戦果を残している。
ただしキミーニョ氏のパッチは、Yahoo!ブリーフケースのアカウント消失により現在入手不可。
現在入手できるAIパッチはおまけの人氏製作のもののみである。
+ バグについて

また、R@CE45氏によりZelgadis296氏のザベルをMVC風に改変した物が公開されており、
ニュートラルポーズが異なる他ヒットエフェクトや技の演出が派手になり、ギターで音符を飛ばす技や乱舞技等の新技も搭載されている。

  • 操氏作 『ヴァンパイアセイバー』仕様
フェリシアを制作した操氏が公開した、『セイヴァー』仕様のザベル。
ジャンプ弱Kのガード不能バグ、スペシャルストックゲージ、白ダメージ倍率設定をスイッチで調節可能。
2012年7月31日にGURI氏によるAIが公開された。
sk氏によるAIもあるが、最新版非対応。DL自体は、J・J氏の代理公開ページから可能。
AIのために条件変更はされているが、人操作では無問題とのこと。
sk氏AI対応版の本体も、操氏のサイトよりDL可能となっている。

出場大会

+ 一覧

出演ストーリー

+ ...



「失せな、死にぞこないが!
        あ、俺もか?ギヒャヒャヒャ!!」


*1
彼は生前「メタルの神」と呼ばれていたとの触れ込みだが、実際にヘヴィメタルという音楽が誕生したのは
1970年代後半であり、この生年設定に従うなら、ザベルは齢100近くになってから熱狂的なファンを獲得したことになる。…まぁ恐らく考証ミスであろう。
参考までに、ロックンロールの始祖『キング・オブ・ロック』エルビス・プレスリーは1935年生まれである。