ロッキー・バルボア

人生はどんなパンチよりも重い
だがどんなに強く打ちのめされても ひたすら前に進み続けることだ
その先に勝利がある

ボクシングを描いたスポーツ映画の金字塔『ロッキー』シリーズの主人公。
演じたのは同シリーズで主演兼脚本を務めたシルベスター・スタローン。
ばくだんいわでは無いし、ロボアーミーとして改造されたりもしない。
当然ストーンのコピー能力も持ってないが、
後述する活躍からのような不屈の心を持っているのは違いない(戦闘スタイル的にファイターをコピーできそうなものだが)。

テテンテーン♪テテンテーン♪でお馴染み、ビル・コンティ作曲のテーマ曲「ロッキーのテーマ(原題:Gonna Fly Now)」も有名。
この他、『ロッキー3』で使用されたサバイバー作曲の「Eye Of The Tiger(アイ・オブ・ザ・タイガー)」もコアな人気を誇る。*1


プロフィール

本名「ロバート・バルボア」。イタリア系移民であり、リングネームは「イタリアの種馬」。
米国フィラデルフィア市にて15才からボクシングを続けているプロボクサー。
光るものはあったようだが、これといった努力もしなかった事で、30才になっても試合の賞金では生計を立てられない有様。
ジムトレーナーのミッキーからも愛想を尽かされ追いだされてしまうほどで、当然まともなトレーニングなどもせず、
しかたなく闇金融の取り立て人をやって暮らしを立てているが、これも性根の優しさが災いしてあまり上手くいっていない。
ペットショップの店員であり親友の妹であるエイドリアンに対しても恋心を抱くが、奥手な性格のせいでデートにも誘えない。
つまり、当初はしがないチンピラ、単なる三流ボクサーに過ぎなかった。

だが、ある時、黒人の世界チャンピオン「アポロ・クリード」の対戦相手として指名された事が彼の転機となる。
対戦相手が負傷し、代役を立てる事になったアポロは、無名の選手にアメリカンドリームを与えて自身の懐の深さを知らしめ人気を獲得しようと、
前述通りまったくの無名であったロッキーを「リングネームがユニークだ」という理由で対戦相手に指名したのだ。
当然ロッキーは両者の差があまりに開いている事などを理由に一旦断るが、人気獲得に躍起になったアポロは強引に試合の日程を決めてしまう。

戸惑うロッキーだがスポンサーとなることを申し出た親友ポーリー、そして愛するエイドリアンらの説得によって一念発起。
一度は喧嘩別れしたミッキーにも頭を下げてマネージャーとなってもらい、チャンピオン・アポロとの戦いに挑む事を決意する。

「オレは以前はクズみてぇな男だった。
  でも、そんなことはもういい。
  試合に負けたっていい。脳天をかち割られてもいい。最後までやるだけだ。
  相手は世界一だ。
  最後のゴングが鳴ってもまだ立っていられたら……。
  俺がゴロツキじゃないことを生まれて初めて証明できる」

過酷な特訓に耐え、圧倒的な実力差を凌いでチャンピオンに食らいつくロッキー。
何発パンチをくらっても倒れないロッキーに、徐々に追い詰められていくアポロ。
当初はアポロを応援していた観客たちも、懸命なロッキーの姿に感化され、遂には最終ラウンドで巻き起こるロッキーコール。
そしてロッキーは15ラウンドを戦い抜いた。
判定で敗れはしたものの、奇跡的な一戦をくぐり抜けたロッキーは愛するエイドリアンの名を叫び、二人はリングの中央で熱い抱擁を交わした――……。

+ その後のロッキー

+ シリーズについて


MUGENにおけるロッキー・バルボア

製作者不明

続・狂-1 グランプリに出場したロッキー。
セガマークIIIで発売されたゲームのドットを使用。

googoo64氏製作

第二回同名キャラタッグトーナメントWTマークIIセカンドに出場したロッキー。
人形か何かの実写取り込み(?)で製作された、二頭身キャラ。
搭載されている技はボクサーだけにパンチばかりだが、
大爆発する爆弾パンチに雷を出すサンダーパンチ、瞬間移動するテレポートパンチ、
挙句の果てに竜巻で自分が飛び上がってからの急降下パンチ「竜巻パンチ」、
巨大な分身を発生させてパンチする「分身パンチ」等など氏恒例の愉快なキャラクターとなっている。

Xdxdav氏製作

winmugenで動作可能。
ですからー氏のシステムを流用、様々なボクサーキャラのスプライトを改造して製作された模様。
登場イントロであの有名なBGMを流してくれて、試合開始後まで流れ続けているのでBGM乗っ取りかと思いきや、前奏の部分までしか用意されていない。
readmeにはカプコン式6ボタンボタンの操作形態と書いてあるのだが、ボクサーらしくキック技は無く、パンチボタンの弱中強の3ボタン方式。
バイソンのようにキックボタンを押してもパンチで攻撃するのでは無く、ボタンを押しても何も技が出ない)
a+bで前転/後転とあるのだが実際にはその場で攻撃避けを行う。
上半身の喰らい判定は無くなるが下半身は無敵ではなく、避けの動作時間が妙に短いので、これで避けるのはなかなか難しい。
ジャンプが異様に低く、普通のキャラで言うところの「小ジャンプ」程度にしか飛び上がれない。現実の人間の跳躍力と言ったところか。
設定ミスなのか、喰らい判定が無くなるモーションがいくつか存在する。(しゃがみ、ジャンプした瞬間、近距離中P、近距離強Pで確認)
しゃがみ強Pに無敵時間があり、対空技として活用できる。(これはきちんと設定された処理)
AIはデフォルトで搭載されているが、あまり積極的に攻撃しない。
ホルン氏によるAIも公開されており、AIレベルやコンボ設定など各種調節が可能な他、
試合開始と終了時にBGMを流せるかどうかを選択できる。
氏の説明によるとランクは強とのこと。

出場大会

更新停止中


*1
ジョジョ六部』ではサバイバーが由来になったスタンドが登場しており、
暴走した看守が無意識にボクシングのファイティングポーズをとったりエイドリアンのポーズをしたり「ファイトクラブだ!」と叫ぶなどロッキーネタが使われている。

*2
どれくらいの有様だったかというと、カメラマンの一人として参加したスタローンの妻をはじめスタッフを身内に頼んで経費を押さえ、
アヴィルドセン監督のギャランティは相場の半額、プロデューサーのアーウィン・ウィンクラーは自宅を抵当に入れて追加予算を持ってきたほど。
トレーニングシーンの撮影もステディカムを使った少人数でのロケだったため映画の撮影などとはまったく思われず、
本物のボクサーだと勘違いした 果物店から差し入れとしてオレンジが投げ渡されたエピソードは有名である。
なおアヴィルドセン監督はその後も『ロッキー2』『ロッキー3』『ベストキッド』などでヒットを飛ばし、『ロッキー5』の監督も務めた。

*3
なお、5作目と『ファイナル』では設定に相違点があるため(ロッキーがパンチドランカーではない等)、
「5作目とは別に新しく作り直されたもう一つの完結編」「この二作はパラレルの時系列の関係にある」といった説が存在する。
また、スタローン自身も「5作目は失敗作」とインタビューで語った事があるとか。
それと関連しているのかは不明だが、6作目の終盤、ロッキーの脳内にかつての激闘がフラッシュバックするシーンがあるのだが、
5作目のみまったく出て来ないらしい。

ただし5作目も決して駄作というわけではなく、文字通り過去の『ロッキー』シリーズとの決別を図った作品であり、
過去作が「家族の応援を受けたロッキーが、ライバルとの大試合に挑み、勝敗に関わらず大事なものを得て、ボクサーとして歩んでいく」のに対し、
「ロッキーとトミーは正式に試合をすることはなく、トミー(ボクシング)とロッキーの道は決定的に別れ、ロッキーは家族と共に歩み出す」という物語は、
まさに「ロッキーのボクサーとしての人生の終わり、ただの父としての人生の始まり」を象徴する内容となっている。



添付ファイル