ウェザー・ドーパント

「人とメモリは惹かれ合う…」

平成仮面ライダーシリーズ第11作、『仮面ライダーW(ダブル)』に登場する怪人。

その正体は風都で「井坂内科医院」を営む開業医・ 井坂深紅郎 伊坂じゃないぞ)。
演じるは『機動戦士Vガンダム』のクロノクルや『NARUTO』の鬼鮫など声優としての活動もある檀臣幸氏。 お体に触りますよ…(触診的な意味で)
普段は人当たりのいい物腰柔らかな医師としてふるまっているが、その本性はガイアメモリの力を求め続け研究を重ねる変態外道。
医者としての通常の診療時間終了後は、ドーパント専門の闇医者としても活動している。
園咲琉兵衛をして「少々危険な人物」、園咲冴子をして「ガイアメモリが生み出した突然変異のバケモノ」と言わしめる。

W(Weather)のガイアメモリの力で変身する。
体色は白が主体。後頭部に髷、肩と首回りにかけて風神の風袋のようなものがある。

強烈な日照、豪雨、落雷、竜巻、絶対零度の冷気など、あらゆる気象を増幅して技に転用する。
雷神の雷鼓を元にしたデザインの腰にマウントされた万能チェーン武器「ウェザーマイン」を使用し、強烈な物理攻撃も可能。
通常のドーパントでは考えられない多彩な攻撃能力を持つ上に後述のこともあり素のスペックも凄まじく、
ダブル・ヒートトリガーが放った命懸けのツインマキシマムやダブルとアクセルの二人が同時に攻撃を放っても通用しないほどである。

通常「1ユーザーにつき1メモリ」というガイアメモリの法則を無視した 複数のガイアメモリの挿入 によって日々肉体を強化している怪物で、
その胸には自らの身体を使ってガイアメモリの効果を試験した実験投与のための 七つの傷 生体コネクタ痕が無数に刻まれている。
更にガイアメモリは通常毒素を軽減するフィルターやドライバーを用いるが、井坂の場合 それらを一切使わずウェザーメモリを直挿ししている
バード・ドーパントのように通常は直挿しするとほんの数回で肉体・精神共に限界を迎えるが、
無数のメモリを同時に用いながらも直挿しを繰り返しているにもかかわらずピンピンしている井坂はまさに化け物である。
その分燃費は悪いのか、食事シーンでは凄まじい量を食べている。

仮面ライダーアクセル・照井竜が追い続けていた家族の仇・ W の正体である。
元は園咲琉兵衛打倒のためにその特異な素質を見込んだシュラウドによってメモリを与えられたが、
彼女も井坂の異常性を見誤っており照井一家殺害などの凶行は彼女の予想だにしない結果であった。

ゲーム作品においても、『バトライド・ウォー』『トラベラーズ戦記』『サモンライド!』『ロストヒーローズ』等多数のゲームに客演している。
ただ、2013年に檀氏が急逝した為、それ以降はライブラリ出演になっている。

MUGENにおけるウェザー・ドーパント

  • HealTheWorld氏製
ジョジョの奇妙な冒険』キャラを多数製作している氏によるもの。 ウェザー・リポートと思わせてのフェイントである
qzak氏製仮面ライダージョーカーを改変したものでβ版ではあるが多くの遠距離技を有する。
公開当初はAIは未搭載だったが更新によってデフォAIが追加され、原作さながらの強さを見せるようになっている。


出場大会

  • 「[大会] [ウェザー・ドーパント]」をタグに含むページは1つもありません。

さぁ、お前の罪を数えろ」

罪のない人生などスパイスの利かない料理だよ!